bg_002.jpg

今回の番組は、京都市内を南北に走る東大路通を少し西に入った繁華街・祗園に昨年オープンした「祗園 えばた」からお届け。

実家の老舗焼肉店「江畑」から独立した江畑卓弥さん。これまでの職歴はすべて「焼肉店」という、焼肉一筋の江畑さんでしたが、オープン1年前には農家で農業に携わる機会を得て、料理人としてより食材を大切にする意識が高まったといいます。

メニューはその日一番良いお肉を、一番おいしい状態で提供する「おまかせコース」ひとつで勝負しています。ほかの焼肉店との大きな違いは、お肉を店側の焼き手が焼いてくれるスタイル。「焼肉という料理を未完成でお客様に出すのではなく、最後まで仕上げて、最高の状態で食べてほしい」という江畑さんのこだわりです。

看板メニューはコースの締めの「ギャラネギ」。牛の第四胃袋・ギアラと京野菜の九条ネギを一緒に焼き上げる、京都ならではの豪快な一品です。今回はそんなこだわりの焼肉店で、「京の肉」と京みず菜を使ったメニューを味わいます!

祗園 えばた

2021年6月にオープンした「祗園 えばた」入口

続きを読む

JA京都市「京たけのこ」田原さん (京都市)

京都市西京区の大枝沓掛町は府内有数のたけのこ産地。中でも大枝・塚原地区で収穫される「京たけのこ」は、えぐみが少なく甘みが強いことから、最高級品として全国で知られています。栽培歴40年の田原さんですがまだまだ試行錯誤の連続でわからないことばかり。全国の人に少しでも知っていただき、美味しく食べていただきたいと日々努力されています。

JA京都「丹波ウド」岩森さん (亀岡市)

豊かな自然が育んだきれいな地下水を水源とする亀岡市は昔から農業が盛んな地域です。この地で春の訪れを告げるのは「丹波ウド」。栽培に手間がかかり、温度調整が非常に難しい丹波ウドは我慢と忍耐の作物です。岩森さんは昔からの伝統を受け継ぎ栽培されています。

今回の番組は、木材店が建ち並ぶ中京区壬生天池町の路地にある「Leon食堂146」からお届け。

実家の木材店の一角でお店を始めたのが、この店のCOO(最高執行責任者)山田さん。以前飲食店で一緒に働いていた高野さんを料理長として誘い、2021年12月にオープンさせました。

実家が木材店というだけあり、店内のデザインには至るところに山田さんのこだわりが。木の温もりが感じられる内装に、整理収納アドバイザーの資格を持つ山田さんが選び抜いたインテリアが映えます。

もちろん料理にもこだわりが。京都産を中心に、減農薬のものなど厳選された食材を使い、シェフの高野さんがフレンチの腕を振るいます。また木曜日のみ店名を「れおんの木」とし、ラーメン店として営業するというユニークさも。

今回はそんなこだわりの詰まった洋食レストランで、春の味覚・丹波ウドと、京たけのこを使ったメニューを味わいます!

Leon食堂146

昨2021年12月にオープンした「Leon食堂146」

続きを読む

JA京都「丹波キヌヒカリ」吉田さん (南丹市)

京都有数の米どころ・南丹市。「令和の大嘗祭」で使われるお米の生産地に選ばれたことで大きな注目を集めました。その時献上された品種が丹波キヌヒカリです。吉田さんは土と水、そして寒暖差という恵まれた条件を生かして美味しい丹波キヌヒカリを地元の仲間と協力して栽培しています。

JA京都中央「花菜」森田さん (長岡京市)

京都・大阪のベッドタウンとして発展してきた長岡京市は工業に加え、農業も盛んな地域です。この地で春を告げる京のブランド産品「花菜」を30年前から手掛ける森田さんは美しい見た目にもこだわって収穫から出荷まで丁寧な作業を心がけています。

今回の番組は、京都のシンボルロード・御池通から間之町通りを北へ入った場所にある人気店「サンドイッチのタナカ」からお届け。

今年の4月で創業49年。店主・田中和代さんが「この先、電話など仕事をしながら片手で食べられるものが流行る」という"先見の明"で始めたお店には、毎朝4時起きで仕込む美味しい手作りサンドイッチを求め、地域の人々はもちろん、全国からファンが訪れます。

「もったいない」の気持ちから、パンの耳を切らずに使用しているのが特徴のサンドイッチは、リーズナブルでボリュームたっぷり!お昼時になると行列ができるほどです。中でも20年前からの定番商品で、たっぷり果物をはさんだ「フルーツサンド」は、世代を超えて愛されるお店の看板メニューとなっています。

今回はそんな人気サンドイッチ店で、長岡京市の特産品で今が旬の花菜と、全国的にも評価の高いお米「丹波キヌヒカリ」を使ったメニューを味わいます!

未来について語る

中京区にある「サンドイッチのタナカ」

続きを読む

今回の番組は、JA京都中央会・中川泰宏会長のご自宅から特別対談企画をお届け。

京都有数の米どころとして知られる南丹市の西村良平市長をゲストに招き、コロナ禍で困難に直面する地方都市の再生への取り組みや、農業の未来について語ってもらいます。

令和の大嘗祭に献上するお米の斎田に八木町が選ばれるなど、米どころとしての印象が強い南丹市ですが、淡路島よりも大きい市域内には、豊かな自然や文化など見所が多いと西村市長は話します。京都市内からも近い「ちょうどいい田舎」ということで、このコロナ禍には移住希望者が増加。これまでも、人口減少にブレーキをかけるために、移住者が安心して生活できるよう子育て支援や移住手当の拡充など積極的に取り組んできたといいます。

このコロナ禍でリモートワークなど働き方が大きく変わり、都会にはない「田舎暮らし」が見直されていると考える中川会長。その上で地方再生と農業は切っても切れない関係だと語り、京野菜の産地としても知られる南丹市への期待を話しました。

かつて、八木町長と八木町職員という関係で、ともに地方行政に取り組んできた中川会長と西村市長。コロナ禍で変化を必要とされる中、地方再生と農業の未来について、互いに熱く語り合います。

未来について語る

中川会長、西村市長、司会の飛鳥井で「地方再生」と「農業の未来」について語る

続きを読む

※今回は2022年1月1日(土) 朝10:00からのオンエアです。【再放送は翌日1月2日(日) 朝9:30から】

2022年元日放送の今回の番組は、JA京都中央会中川泰宏会長のご自宅からお届け。お正月にふさわしい正装に身を包んだ中川会長と番組司会・飛鳥井が、コロナ禍の対応に追われた2021年の振り返り、さらにコロナ禍3年目となる2022年の抱負を語ります。

緊急事態宣言に、ワクチン接種など守りの対策が多かった2021年ですが、2022年は「攻め」の農業を展開していくと、中川会長は語ります。

その例の一つとしてあげられるのが、2013年から行ってきた、京野菜世界ブランド化プロジェクト。2019年まで7年連続で開催してきましたが、コロナ禍で空白の2年間が。世界へ出向いていけない現状を打破する、中川会長のアイデアとは?

中川会長と飛鳥井

2022年の抱負を語る、中川会長と飛鳥井

続きを読む

JA京都やましろ「しろ菜」古里さん (八幡市)

農業が盛んな八幡市で古里さんが栽培している野菜のひとつがβカロテンやビタミンC、食物繊維が豊富とされ、冬に旬を迎えるしろ菜です。冬は葉が柔らかく肉厚になり甘味が増すそうで、古里さんは鮮度のいいしろ菜を出荷するために収穫直後にその場で袋詰めをしています。

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20220522_013.jpg
  • 20220424_012.jpg
  • 20220327_012.jpg
  • 20220227_003.jpg
  • 20220101_003.jpg
  • 20211226_012.jpg

月別アーカイブ

  1. 2022年5月 [1]
  2. 2022年4月 [3]
  3. 2022年3月 [3]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2021年12月 [4]
  6. 2021年11月 [3]
  7. 2021年10月 [1]
  8. 2021年9月 [1]
  9. 2021年8月 [3]
  10. 2021年7月 [3]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [1]
  13. 2021年4月 [4]
  14. 2021年3月 [3]
  15. 2021年2月 [3]
  16. 2021年1月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [2]
  19. 2020年10月 [3]
  20. 2020年9月 [3]
  21. 2020年8月 [3]
  22. 2020年7月 [3]
  23. 2020年6月 [3]
  24. 2020年5月 [3]
  25. 2020年4月 [3]
  26. 2020年3月 [1]
  27. 2020年2月 [3]
  28. 2020年1月 [1]
  29. 2019年12月 [3]
  30. 2019年11月 [1]
  31. 2019年10月 [3]
  32. 2019年9月 [3]
  33. 2019年8月 [3]
  34. 2019年7月 [3]
  35. 2019年6月 [1]
  36. 2019年5月 [1]
  37. 2019年4月 [3]
  38. 2019年3月 [3]
  39. 2019年2月 [1]
  40. 2018年12月 [2]
  41. 2018年11月 [5]
  42. 2018年10月 [1]
  43. 2018年9月 [3]
  44. 2018年8月 [5]
  45. 2018年7月 [1]
  46. 2018年6月 [3]
  47. 2018年5月 [1]
  48. 2018年4月 [1]
  49. 2018年3月 [3]
  50. 2018年2月 [3]
  51. 2018年1月 [1]
  52. 2017年12月 [3]
  53. 2017年11月 [3]
  54. 2017年10月 [3]
  55. 2017年9月 [3]
  56. 2017年8月 [3]
  57. 2017年7月 [1]
  58. 2017年6月 [3]
  59. 2017年5月 [3]
  60. 2017年4月 [3]
  61. 2017年3月 [3]
  62. 2017年2月 [3]
  63. 2017年1月 [1]
  64. 2016年12月 [3]
  65. 2016年11月 [3]
  66. 2016年10月 [3]
  67. 2016年9月 [3]
  68. 2016年8月 [1]
  69. 2016年7月 [3]
  70. 2016年6月 [3]
  71. 2016年5月 [3]
  72. 2016年4月 [3]
  73. 2016年3月 [3]
  74. 2016年2月 [3]
  75. 2016年1月 [1]
  76. 2015年12月 [2]
  77. 2015年11月 [4]
  78. 2015年10月 [4]
  79. 2015年9月 [1]
  80. 2015年8月 [2]
  81. 2015年7月 [2]
  82. 2015年6月 [1]
  83. 2015年5月 [3]
  84. 2015年4月 [2]
  85. 2015年3月 [1]
  86. 2015年2月 [1]
  87. 2014年12月 [1]
  88. 2014年11月 [1]
  89. 2014年10月 [1]
  90. 2014年9月 [1]
  91. 2014年8月 [1]
  92. 2014年7月 [1]
  93. 2014年6月 [1]
  94. 2014年5月 [1]
  95. 2014年4月 [1]
  96. 2014年3月 [1]
  97. 2014年2月 [1]
  98. 2014年1月 [1]
  99. 2013年12月 [1]
  100. 2013年11月 [1]
  101. 2013年10月 [1]
  102. 2013年9月 [1]
  103. 2013年8月 [1]
  104. 2013年7月 [1]
  105. 2013年6月 [1]
  106. 2013年5月 [1]
  107. 2013年4月 [1]