bg_002.jpg

京みず菜 砂井さん(京丹後市)

丹後で30年以上前から整備が進められてきた広大な国営農地は東京ドーム100個以上の広さとなります。そこで開発当初から農業を営む砂井さんは若手農家の先生役も務めています。4年前からは直売所への出荷を始め、少量多品種の栽培に切り替えました。地域が誇れる野菜を全国に向けて発信したいと考えている砂井さんは今、ブランド産品「京みず菜」の生産に力を入れています。

2016年12月25日(日)放送の内容

今回は、JA全農京都が、昨年の11月に京都タカシマヤ3階にオープンした「みのる食堂」を舞台に番組をお届けします。

農業生産者の想いを消費者に届け、食や農業の未来について考えてもらう場にと、JA全農が全国各地に直営店舗を展開する「みのりみのるプロジェクト」。現在、食堂やカフェなど7店舗で国内産にこだわった食材で料理を提供しています。

京都では京都タカシマヤ3階に「みのりカフェ」も設けられていて、「みのる食堂」同様、「京産京消」をテーマに、府内産の農畜産物がふんだんに用いられ、生産現場の情報なども紹介されています。

農協改革が進む中、そもそも全農が果たしている役割とは何なのか、食の安全や豊かな国土を守るために、いま、本当に求められている ことは何なのか、「みのる食堂」で、様々な想いが込められた料理を味わいながら、考えていきます。

語り合う出演陣

肥料や農業資材の供給など、農家を側面からサポートするのがJA全農の一番の仕事。それがなぜ直営店の展開に踏み切ったのか。JA全農京都の宅間本部長をゲストに迎え、「みのりみのるプロジェクト」の狙いと、京都で目指す食と農業の未来について語り合いました。

続きを読む

京こかぶ 新谷さん(京都市右京区京北)

山間地特有の冷涼な気候と清らかな水を活かし、数々のブランド農産地の産地となっている京北。昭和40年代から京北で生産に力が入れられている「京こかぶ」は、真白な肌と美しい形で全国的に知られるブランド品となっています。4年前から本格的に農業に取り組むようになった新谷さんは、父親や先輩農家以上の「京こかぶ」を作ることを目標にしています。

えびいも 藤田さん(京田辺市)

京田辺市や亀岡市が主な産地となっている「えびいも」。土の入れ方などを工夫することで、まるでエビのような独特の形を作りだし、最近は和食だけでなくフレンチやイタリアンでも利用が拡大しています。栽培歴は40年にもなるという藤田さんは自作の道具を活用し、今では1000株も手がけるブランド産地を代表する農家です。生産量アップのためJAが取り組む機械化の現場もリポートします。

2016年11月27日(日)放送の内容

最近の「バル」人気で、京都でも珍しいものではなくなりつつあるスペイン料理。でもブームを呼ぶ前から、スペインの伝統料理を京都という地の利を活かしながら紹介してきたのがバハルボールグループ。その新店舗として、今年6月にオープンした「パエリアレストラン バラッカ」から今回は番組をお届けします。

誰も挑戦したことがない、スペインと京都を融合させた料理を提供したいと、1998年から店舗を展開。特に「バラッカ」では、お米や野菜に数多く京都産食材を用い、新しい食の世界を生み出しています。

かつては「和食の食材」というイメージが強かった京野菜が、ブランド化戦略によって、全国に広がり、フレンチやイタリアンなどの世界でも用いられるようになったのと同様に、食の新たなステージを開こうと情熱を燃やす、バラッカのみなさんの熱い想い、そして、日々、よりおいしく美しく、安全安心な野菜づくりに全力を傾ける農家のみなさんの想いを紹介します。

語り合う出演陣

食の新たなステージを開く鍵は、人と人とが結び合う「交流」にこそあるのでは、と料理を前に語り合う出演陣。

続きを読む

ほうれんそう 妙楽ファーム(京丹波町)

高齢化と後継者不足に悩む妙楽寺地区で2012年に立ちあげられたのが農事組合法人・妙楽ファームです。地域特産の農産物としてほうれんそうづくりに力を入れています。本業は彫刻家のメンバーや移住者も含む妙楽ファームではきゅうりのもぎ取りなど様々な形での農業体験を受け入れています。最近では集落内の空き家を改装し、農業体験ができる「民泊」としても活用するなど、交流の力で地域を元気にしていきたいと頑張っています。

紫ずきん 野口さん(京丹波町)

丹波を代表するブランド産品・丹波黒大豆を改良し、枝豆として食べられるようにした「紫ずきん」。京のブランド産品として全国的に人気が高まっています。黒豆を長年手がけてきた野口さんは、立派な豆づくりのために水の管理に気を配るなどするほか、何よりも安全安心に留意しているとか。京丹波町では黒豆をキイワードに町づくりを進めていて、直売所を紹介するマップを作るなどしています。自宅の一角に直売所を設けた野口さんは、お客さんとのつながりが仕事のやりがいになっていると語ります。

2016年10月23日(日)放送の内容

京丹波町井尻地区に広がる「ガーデンヒルズ・やすらぎの郷」。セカンドハウス用の分譲地としてスタートしたものの、今では乗馬クラブや農園、製材所に木工館など、多種多様な施設を備え、都市住民と地域との新たな交流拠点として賑わっています。

その中に立つカフェ「木葉館 MINI ONE」が今回の番組の舞台です。様々なアイデアで、交流のタネを生み出し、地域に活力をもたらしている「ガーデンヒルズ」の管理運営母体、リライフファクトリーの森川社長、そして結婚を機に、大阪から福知山へ引っ越し、丹波の魅力にはまってしまったという「木葉館」のオーナー、かめださんとともに、地域創生につながる「交流の力」について語り合います。

語り合う出演陣

地域が本当の意味で元気になるために必要な「交流の力」について語り合う出演陣。

続きを読む

京みのり 森さん(南丹市)

昔は「れんげ米の郷(さと)」として知られた米どころ、南丹市園部町。「れんげ米」に代わる園部の新しいブランド米として8年前に登場したのが「京みのり」です。収穫量は少なくても付加価値の高い米づくりをと、今では130人ほどが有機肥料を中心にした「特別栽培」に取り組んでいます。

丹波くり 梅原さん(京丹波町)

秋の京都を代表するブランド産品の一つ「丹波くり」の産地として知られる京丹波町和知地区。春先の肥料やりに夏場の草刈り、収穫後も急斜面での剪定作業と、いい栗を育てるために1年中作業が続きます。現在、JAや行政、栗の生産者部会が協力して水田を栗園に変えるプロジェクトが進行中で丹波くりの生産量は少しずつアップしています。

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20210926_007.jpg
  • 20210829_001.jpg
  • 20210725_005.jpg
  • 20210627_012.jpg
  • 20210523_002.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [1]
  2. 2021年8月 [3]
  3. 2021年7月 [3]
  4. 2021年6月 [3]
  5. 2021年5月 [1]
  6. 2021年4月 [4]
  7. 2021年3月 [3]
  8. 2021年2月 [3]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [2]
  12. 2020年10月 [3]
  13. 2020年9月 [3]
  14. 2020年8月 [3]
  15. 2020年7月 [3]
  16. 2020年6月 [3]
  17. 2020年5月 [3]
  18. 2020年4月 [3]
  19. 2020年3月 [1]
  20. 2020年2月 [3]
  21. 2020年1月 [1]
  22. 2019年12月 [3]
  23. 2019年11月 [1]
  24. 2019年10月 [3]
  25. 2019年9月 [3]
  26. 2019年8月 [3]
  27. 2019年7月 [3]
  28. 2019年6月 [1]
  29. 2019年5月 [1]
  30. 2019年4月 [3]
  31. 2019年3月 [3]
  32. 2019年2月 [1]
  33. 2018年12月 [2]
  34. 2018年11月 [5]
  35. 2018年10月 [1]
  36. 2018年9月 [3]
  37. 2018年8月 [5]
  38. 2018年7月 [1]
  39. 2018年6月 [3]
  40. 2018年5月 [1]
  41. 2018年4月 [1]
  42. 2018年3月 [3]
  43. 2018年2月 [3]
  44. 2018年1月 [1]
  45. 2017年12月 [3]
  46. 2017年11月 [3]
  47. 2017年10月 [3]
  48. 2017年9月 [3]
  49. 2017年8月 [3]
  50. 2017年7月 [1]
  51. 2017年6月 [3]
  52. 2017年5月 [3]
  53. 2017年4月 [3]
  54. 2017年3月 [3]
  55. 2017年2月 [3]
  56. 2017年1月 [1]
  57. 2016年12月 [3]
  58. 2016年11月 [3]
  59. 2016年10月 [3]
  60. 2016年9月 [3]
  61. 2016年8月 [1]
  62. 2016年7月 [3]
  63. 2016年6月 [3]
  64. 2016年5月 [3]
  65. 2016年4月 [3]
  66. 2016年3月 [3]
  67. 2016年2月 [3]
  68. 2016年1月 [1]
  69. 2015年12月 [2]
  70. 2015年11月 [4]
  71. 2015年10月 [4]
  72. 2015年9月 [1]
  73. 2015年8月 [2]
  74. 2015年7月 [2]
  75. 2015年6月 [1]
  76. 2015年5月 [3]
  77. 2015年4月 [2]
  78. 2015年3月 [1]
  79. 2015年2月 [1]
  80. 2014年12月 [1]
  81. 2014年11月 [1]
  82. 2014年10月 [1]
  83. 2014年9月 [1]
  84. 2014年8月 [1]
  85. 2014年7月 [1]
  86. 2014年6月 [1]
  87. 2014年5月 [1]
  88. 2014年4月 [1]
  89. 2014年3月 [1]
  90. 2014年2月 [1]
  91. 2014年1月 [1]
  92. 2013年12月 [1]
  93. 2013年11月 [1]
  94. 2013年10月 [1]
  95. 2013年9月 [1]
  96. 2013年8月 [1]
  97. 2013年7月 [1]
  98. 2013年6月 [1]
  99. 2013年5月 [1]
  100. 2013年4月 [1]