bg_002.jpg

2016年7月24日(日)放送の内容
※今月の放送時間は16:55からになります。

今回は、東洞院通四条上ルにあるイタリアン・レストラン「サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都」から番組をお届けします。

フィレンツェに本店を置く「サンタ・マリア・ノヴェッラ」は世界最古の薬局と言われ、中世の頃から培われたレシピに基づく様々なハーブ製品で、800年に及ぶブランドを誇っています。世界各地にショップを展開していますが、レストランを併設しているのは、京都ただ1店舗のみ。京都とフィレンツェの姉妹提携40周年を機に出店し、京都が誇る様々な食材を活かしながら「食の面でもブランド力に磨きをかける!」~その挑戦について話を伺うとともに、宇治茶と京山科なすの生産現場を紹介。農業の世界でもブランドにあぐらをかくことなく、よりよい品物をと挑戦を続ける人達の姿をリポートします。

語り合う出演陣

日々の挑戦があるからこそ、ブランドは輝き続けることができる!と、語り合う出演陣。

続きを読む

万願寺甘とう 岡安さん(舞鶴市)

ブランド野菜に認証されてから栽培に力が入れられている万願寺甘とう。舞鶴市万願寺地区が発祥とされる、大型・肉厚の辛くないとうがらしで、出荷量も年々増加しています。長年大学で高分子化学の研究に携わってきた岡安さんは、土の温度や水分量を計測し、ペーハーや肥料も適正に管理しながら栽培を進めています。

京うり 木村さん(亀岡市)

古くから京の都への食糧供給地として発展してきた亀岡市篠町は、かぶらや大根など多くのブランド農産物を生み出してきました。そんな篠町でこの時期作られているもののひとつが京うりです。果肉が厚く、緻密で弾力性があり、ほのかな甘みで人気がアップしています。また安心安全にこだわる木村さんが力を入れているのが地元の直売所への出荷です。そんな家族ぐるみでの取り組みも紹介。

2016年6月26日(日)放送の内容

今回は、油小路通仏光寺上ルに、昨年11月、オープンした「町家四川 星月夜」を舞台に番組をお届けします。

国内外に多くの店舗を展開するレストランチェーンで一緒に仕事をしていた遠藤さん、佐藤さんのふたりが、退職を機に新たなチャレンジの場として選んだ京都の地。

なぜ、京都だったのか、食のプロ達が見る京都の魅力とはどのようなものなのか、話を進める中で、京都が持つ多面的な魅力の真髄に迫ります。

また、生産現場からのリポートでは、大消費地でもある京都に隣接することで、多くのブランド野菜を生み出してきた亀岡市篠地区での「京うり」づくり、舞鶴が生んだブランド野菜「万願寺甘とう」栽培を通して、地域に新たな輝きを届けたいと奮闘する若手農家の姿を紹介します。

語り合う出演陣

食や農業の世界には、その地域でしか出せない味というものがありそれがあるからこそ、地域をまた元気にすることができる~と語り合う出演陣。

続きを読む

まさ農園(与謝野町)

建築関係から4年前に45歳で農業の世界に飛び込んだ松本さん。お手のものの大型機械を駆使していくつもの棚田を手際よくシロカキしていきます。また築130年にはなるという自宅を改築して交流のためのスペースを設け、九条ねぎを使ったスイーツなど夫婦で出会いと新しいものを生み出しています。

賀茂なす 志馬さん・瀬戸川さん(綾部市)

亀岡市や京丹後市とともにブランド賀茂なすの生産地となっている綾部市。賀茂なすづくり18年の志馬さんは独自のノウハウで毎年、最高品質のなすを市場に送り出しています。Iターンで農業を始めた瀬戸川さんは先輩農家やJAのサポートを受けて、土づくりにこだわった賀茂なす栽培に取り組んでいます。

2016年5月22日(日)放送の内容

今回は、今年2月に、蛸薬師通新町西入にオープンしたばかりの「京洋食 まつもと」を舞台に番組をお届けします。

店主の松本さんは、愛知県の出身で、京都には着物関係が縁で来られたのだとか。着物を軸に、様々な人がつながる中で生まれた「この店ならではの味わい」。旬の京野菜を使った料理を楽しませて頂きながら、新たな場所で新たなことに挑戦するおもしろさや可能性、人と人との出会いや交流が生み出す希望や夢について、語り合います。

語り合う出演陣

京都をより輝かせてくれるのは、外から来た「新しい風」!それは、料理の世界も農業の世界も同じ~と語り合う出演陣。

続きを読む

京壬生菜 前田さん(南丹市)

6年前に勤めを辞め、家業の農家を継いだ前田さんも、就農するならブランド品をやりたいと「京壬生菜」栽培に着手!当初は失敗もあったそうですが、同じ「京壬生菜」を生産する農家の集まりである「壬生菜部会」の先輩方のアドバイスもあって、技術力も向上!

たけのこ 清水さん(京都市西京区)

「たけのこ」の中でも昔から「別格の味わい」と評されてきたのが、西京区大枝塚原町で栽培された「たけのこ」。きめ細かい粘土質の土が、柔らかで薫り高い逸品に育て上げてくれます。農家を継いで初めて知ったその苦労、たけのこづくりの奥の深さについて語る農家の5代目、清水さん。

2016年4月24日(日)放送の内容

今回は、柳馬場押小路上ルに昨年秋、開業した新しいお店「洋食 おがた」を舞台に番組をお届けします。

オーナーシェフの緒方さんは、以前、別の店舗で店長として腕を振るっておられた時に、この番組に初登場!京都府内の農家から直接、お米や野菜を仕入れたり、スタッフとともに、農業体験も行うなど、農畜産物が生産される過程や背景に、強い関心を持ってこられました。

「何よりも食材が持つ味わいを大事にした料理を」~との緒方流哲学が、自身のお店を持つことで、どう進化を遂げてきているのか、今回も、京都のブランド農産物を使って表現して頂きます。

また、生産現場からのリポートでは、家業の農家を継ぐことによって、田畑や竹林など地域の豊かな景観を守り、特産品の産出を通して、賑わいを創出していこうと奮闘する2組の若手農家の取り組みを紹介します。

語り合う出演陣

生産者が想いを込めて育て上げた食材の魅力、そして農業が持つ様々な可能性について語り合う出演陣。

続きを読む

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20220522_013.jpg
  • 20220424_012.jpg
  • 20220327_012.jpg
  • 20220227_003.jpg
  • 20220101_003.jpg
  • 20211226_012.jpg

月別アーカイブ

  1. 2022年5月 [1]
  2. 2022年4月 [3]
  3. 2022年3月 [3]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2021年12月 [4]
  6. 2021年11月 [3]
  7. 2021年10月 [1]
  8. 2021年9月 [1]
  9. 2021年8月 [3]
  10. 2021年7月 [3]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [1]
  13. 2021年4月 [4]
  14. 2021年3月 [3]
  15. 2021年2月 [3]
  16. 2021年1月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [2]
  19. 2020年10月 [3]
  20. 2020年9月 [3]
  21. 2020年8月 [3]
  22. 2020年7月 [3]
  23. 2020年6月 [3]
  24. 2020年5月 [3]
  25. 2020年4月 [3]
  26. 2020年3月 [1]
  27. 2020年2月 [3]
  28. 2020年1月 [1]
  29. 2019年12月 [3]
  30. 2019年11月 [1]
  31. 2019年10月 [3]
  32. 2019年9月 [3]
  33. 2019年8月 [3]
  34. 2019年7月 [3]
  35. 2019年6月 [1]
  36. 2019年5月 [1]
  37. 2019年4月 [3]
  38. 2019年3月 [3]
  39. 2019年2月 [1]
  40. 2018年12月 [2]
  41. 2018年11月 [5]
  42. 2018年10月 [1]
  43. 2018年9月 [3]
  44. 2018年8月 [5]
  45. 2018年7月 [1]
  46. 2018年6月 [3]
  47. 2018年5月 [1]
  48. 2018年4月 [1]
  49. 2018年3月 [3]
  50. 2018年2月 [3]
  51. 2018年1月 [1]
  52. 2017年12月 [3]
  53. 2017年11月 [3]
  54. 2017年10月 [3]
  55. 2017年9月 [3]
  56. 2017年8月 [3]
  57. 2017年7月 [1]
  58. 2017年6月 [3]
  59. 2017年5月 [3]
  60. 2017年4月 [3]
  61. 2017年3月 [3]
  62. 2017年2月 [3]
  63. 2017年1月 [1]
  64. 2016年12月 [3]
  65. 2016年11月 [3]
  66. 2016年10月 [3]
  67. 2016年9月 [3]
  68. 2016年8月 [1]
  69. 2016年7月 [3]
  70. 2016年6月 [3]
  71. 2016年5月 [3]
  72. 2016年4月 [3]
  73. 2016年3月 [3]
  74. 2016年2月 [3]
  75. 2016年1月 [1]
  76. 2015年12月 [2]
  77. 2015年11月 [4]
  78. 2015年10月 [4]
  79. 2015年9月 [1]
  80. 2015年8月 [2]
  81. 2015年7月 [2]
  82. 2015年6月 [1]
  83. 2015年5月 [3]
  84. 2015年4月 [2]
  85. 2015年3月 [1]
  86. 2015年2月 [1]
  87. 2014年12月 [1]
  88. 2014年11月 [1]
  89. 2014年10月 [1]
  90. 2014年9月 [1]
  91. 2014年8月 [1]
  92. 2014年7月 [1]
  93. 2014年6月 [1]
  94. 2014年5月 [1]
  95. 2014年4月 [1]
  96. 2014年3月 [1]
  97. 2014年2月 [1]
  98. 2014年1月 [1]
  99. 2013年12月 [1]
  100. 2013年11月 [1]
  101. 2013年10月 [1]
  102. 2013年9月 [1]
  103. 2013年8月 [1]
  104. 2013年7月 [1]
  105. 2013年6月 [1]
  106. 2013年5月 [1]
  107. 2013年4月 [1]