今回は、JA京都中央会・中川泰宏会長のご自宅にて、京丹波町長・太田昇さんをゲストにお迎えし、農業を基幹とした町づくりについてお話を伺います。

これから旬を迎える京丹波のブランド京野菜。丹波くり、丹波黒大豆の枝豆(紫ずきん)、京丹波大黒本しめじ、丹波産キヌヒカリなどの特産品が、京丹波町の秋を彩ります。

道の駅「味夢の里」では、これらの京野菜が購入できるほか、様々な加工品が集っており、2020年10月には隣接地にホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都京丹波」がオープン。京丹波の魅力を発信する場として、今後期待されます。

2017年11月に町長に就任し、暮らしの安定安心や子育て支援、産業振興などを中心に、町づくりを行ってきた太田町長。スマート農業を取り入れるための研究や、新規就農者の販路をサポートする「地域商社KYOTAMBA」の立ち上げなど、京丹波の「食」と「農」をさらに成長させる戦略をとってきたのだとか。

10月からは「京丹波黒豆の枝豆街道」が出現。枝豆農家の直売所が37か所出店し様々な場所から買いに来るお客さんの姿は秋の風物詩にもなっています。町の努力でブランド京野菜を成長させてきた京丹波町に、今後必要なことは?

京丹波町について語り合う

中川会長、太田町長と京丹波町について語り合う


道の駅「味夢の里」

道の駅「味夢の里」には様々な特産品が集まる

丹波くり

「味夢の里」の丹波くりは午前中で売り切れるほど人気

丹波黒大豆の枝豆

丹波黒大豆の枝豆を目当てに買いに来る人が多くみられた

モッツァレラチーズ

ミルクファームすぎやまのモッツァレラチーズは絶品!

フェアフィールド・バイ・マリオット 京都京丹波

2020年10月オープンのホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット 京都京丹波」

枝豆街道

「京丹波黒豆の枝豆街道」2021年は10月1日から37軒の農家が直売所を出店

番組プレゼント

JA全農京都の「みのりカフェ」「みのる食堂」(ともに京都タカシマヤ3階)で利用頂ける食事券を5名にプレゼント!下記の応募フォームからご応募を!締め切りは、10月11日(月)到着分までです。

※京都タカシマヤの営業状況はホームページなどでご確認ください。