400年の歴史を持つ、京都市中京区の錦市場。東西におよそ390メートル続くアーケードの商店街には、120以上の店舗が軒を連ねる「京の台所」です。

この錦市場生まれと言われる江戸時代の絵師・伊藤若冲の絵が様々な店舗のシャッター絵として描かれていることでも知られており、人気の観光スポットでもあります。

そんな錦市場から、富小路通を北へ少し上がるとすぐに看板が見えるのが、2020年にオープンしたまぐろ専門店「小松食堂」です。

メニューを見ると、まぐろ、まぐろ、まぐろ!この店の売りは、なんといっても店内のショーケースに並ぶ新鮮なまぐろです。お店の母体は、京都市中央卸売市場場外にあるまぐろ専門「小松商店」。京都の多くの飲食店が、その目利きに信頼を寄せているという。毎朝、活きのいいまぐろが全国から送られてくるのでお店でも鮮度の高いまぐろを味わうことができます。

そんな小松食堂で新鮮な「まぐろ」と宮津の伝統ある「生姜」を使ったメニューを味わいます!

まぐろ専門店「小松食堂」

2020年にオープンしたまぐろ専門店「小松食堂」入口


店内内装 えばた

木材にこだわった店内内装

マグロ盛り合せ八種

内容は店長おまかせの人気メニュー「マグロ盛り合せ八種」 (ディナーのみ、注文二人前から)

中西さん

京都産まぐろについてお話いただいたJF京都 中西さん

定置網で少量多品種が特徴

京都は定置網で少量多品種が特徴だそうです

まぐろ

1本まぐろ!

草木さん

多くの料理人が信頼を寄せる小松商店代表 草木さん

生姜

宮津の伝統野菜「生姜」

久保添さん

2011年に高知から新規就農された久保添さん

ジンジャーエールを飲む稲富リポーター

久保添さんの生姜で作った簡単ジンジャーエールを飲む稲富リポーター

スペシャル丼

今回の番組限定「スペシャル丼」 ※メニューにはありません

まぐろの生姜煮

今回の番組限定「まぐろの生姜煮」 ※メニューにはありません

津田店長と

特別メニューを作っていただいた小松食堂 津田店長とパチリ

番組プレゼント

「小松食堂」マグロ盛り合せ八種(ディナーのみ)をペア5組10名様に。JA全農京都の「みのりカフェ」(京都駅前地下街ポルタ)と「みのる食堂」(京都タカシマヤ3階)で利用頂ける食事券を5名にプレゼント!下記の応募フォームからご応募を!締め切りは、2022年7月11日(月)到着分までです。

※京都駅前地下街ポルタと京都タカシマヤの営業状況はホームページなどでご確認ください。