bg_002.jpg

2021年6月の記事一覧

JA京都「賀茂なす」多賀野さん (京丹後市)

京丹後市の峰山町は久美浜町や網野町とともにブランド京野菜の代表格「賀茂なす」の生産地として知られています。「賀茂なす」は丸く光沢のある美しい見た目はもちろん、煮炊きしても煮崩れしない実のしまりと他にない味わいから「なすの女王」 に例えられるほどです。そんな「女王」を育てているJA京都京野菜部会丹後賀茂なす部会長の多賀野和宏さんを訪ねました。

JA京都にのくに「万願寺甘とう」高橋さん (綾部市)

京都府の山間部に位置する綾部市で盛んに行われているのが「万願寺甘とう」の栽培です。京都府内各地で栽培されている万願寺とうがらしのうち、綾部市そして発祥の地・舞鶴市と福知山市で生産されるものは「万願寺甘とう」という特別な名前で呼ばれる夏の京野菜です。生産者のひとり・高橋孝明さんは34歳の若手農家ですが、2019年の「万願寺甘とう」品評会では1位の京都府知事賞を受賞しています。

今回は、コロナ禍での「おうち時間のちょっと贅沢な過ごし方」をご提案。江戸時代の享保元年創業、300年以上続く老舗料亭「京懐石 美濃吉本店 竹茂楼」の、京野菜をふんだんに使った豪華なお弁当をご紹介します。

「京懐石 美濃吉本店 竹茂楼」で調理総支配人を務める佐竹洋治さんは、JAグループ京都が推進してきた「京野菜世界ブランド化プロジェクト」で、各国で開催した晩餐会の調理を取り仕切ってきた"京料理の達人"。出汁と京野菜の旨味を存分に味わえるメニューの数々は、世界の人々に驚きと感動を与えてきました。

そんな"京料理の達人"佐竹さんが手がける「京懐石 美濃吉本店 竹茂楼」のお弁当は、ご家庭でも老舗料亭の味をそのまま楽しめるという贅沢なもの。コロナ禍でのおうち時間の充実におすすめです!

今回は、そんな「京懐石 美濃吉本店 竹茂楼」に、夏の京野菜の代表格「万願寺甘とう」と「賀茂なす」を持ち込み、お弁当のおかずに仕上げていただきます。

400年の歴史を持つ京野菜のブランドを守るため、工夫を重ねる生産者のこだわりと、伝統の味を受け継ぐ"京料理の達人"のこだわりが詰め込まれたお弁当、必見です!

京懐石 美濃吉本店 竹茂楼

創業300年以上になる「京懐石 美濃吉本店 竹茂楼」

続きを読む

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20210829_001.jpg
  • 20210725_005.jpg
  • 20210627_012.jpg
  • 20210523_002.jpg
  • 20210425_015.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [3]
  2. 2021年7月 [3]
  3. 2021年6月 [3]
  4. 2021年5月 [1]
  5. 2021年4月 [4]
  6. 2021年3月 [3]
  7. 2021年2月 [3]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [3]
  12. 2020年9月 [3]
  13. 2020年8月 [3]
  14. 2020年7月 [3]
  15. 2020年6月 [3]
  16. 2020年5月 [3]
  17. 2020年4月 [3]
  18. 2020年3月 [1]
  19. 2020年2月 [3]
  20. 2020年1月 [1]
  21. 2019年12月 [3]
  22. 2019年11月 [1]
  23. 2019年10月 [3]
  24. 2019年9月 [3]
  25. 2019年8月 [3]
  26. 2019年7月 [3]
  27. 2019年6月 [1]
  28. 2019年5月 [1]
  29. 2019年4月 [3]
  30. 2019年3月 [3]
  31. 2019年2月 [1]
  32. 2018年12月 [2]
  33. 2018年11月 [5]
  34. 2018年10月 [1]
  35. 2018年9月 [3]
  36. 2018年8月 [5]
  37. 2018年7月 [1]
  38. 2018年6月 [3]
  39. 2018年5月 [1]
  40. 2018年4月 [1]
  41. 2018年3月 [3]
  42. 2018年2月 [3]
  43. 2018年1月 [1]
  44. 2017年12月 [3]
  45. 2017年11月 [3]
  46. 2017年10月 [3]
  47. 2017年9月 [3]
  48. 2017年8月 [3]
  49. 2017年7月 [1]
  50. 2017年6月 [3]
  51. 2017年5月 [3]
  52. 2017年4月 [3]
  53. 2017年3月 [3]
  54. 2017年2月 [3]
  55. 2017年1月 [1]
  56. 2016年12月 [3]
  57. 2016年11月 [3]
  58. 2016年10月 [3]
  59. 2016年9月 [3]
  60. 2016年8月 [1]
  61. 2016年7月 [3]
  62. 2016年6月 [3]
  63. 2016年5月 [3]
  64. 2016年4月 [3]
  65. 2016年3月 [3]
  66. 2016年2月 [3]
  67. 2016年1月 [1]
  68. 2015年12月 [2]
  69. 2015年11月 [4]
  70. 2015年10月 [4]
  71. 2015年9月 [1]
  72. 2015年8月 [2]
  73. 2015年7月 [2]
  74. 2015年6月 [1]
  75. 2015年5月 [3]
  76. 2015年4月 [2]
  77. 2015年3月 [1]
  78. 2015年2月 [1]
  79. 2014年12月 [1]
  80. 2014年11月 [1]
  81. 2014年10月 [1]
  82. 2014年9月 [1]
  83. 2014年8月 [1]
  84. 2014年7月 [1]
  85. 2014年6月 [1]
  86. 2014年5月 [1]
  87. 2014年4月 [1]
  88. 2014年3月 [1]
  89. 2014年2月 [1]
  90. 2014年1月 [1]
  91. 2013年12月 [1]
  92. 2013年11月 [1]
  93. 2013年10月 [1]
  94. 2013年9月 [1]
  95. 2013年8月 [1]
  96. 2013年7月 [1]
  97. 2013年6月 [1]
  98. 2013年5月 [1]
  99. 2013年4月 [1]