bg_002.jpg

2020年2月の記事一覧

JA京都「聖護院だいこん」吉岡さん(京丹後市)

丹後では、良質な砂地を活かし、ブランド京野菜の生産も伸びてきています。網野の海岸近くの圃場で、聖護院だいこんや賀茂なす等のブランド京野菜を栽培する吉岡さん。父の代までは桃などの果樹を生産してきましたが、畑作に挑戦したいと、30年前から砂地での野菜づくりを続けてきました。砂地は水はけが良く、うまく管理すれば、糖度の高い野菜を作る事ができます。吉岡さんは、毎年肥料や水の管理を工夫。丹後の砂地でのブランド野菜栽培に道をつけた先駆者でもあります。

JA京都「にんじん」竹田さん(京丹後市)

丹後の国営農地では、新規就農者の多くが加工用のキャベツやにんじん、ごほう等の栽培に力を入れています。茨城の農業生産法人で修業した後、出身地の大阪の近くで広い農地を探していたという竹田さん。紹介を受けて入植した丹後はまさに自身が思い描いた理想の地だそう。現在は、にんじんを主にイモ類やキャベツの栽培に取り組んでいます。今後は3ヘクタールという農地のスケールメリットを活かし、耕作等の作業を機械化して「もうかる農業」を実践していきたいとのことです。

今回は、京丹後市網野町で、創業36年目を迎えるレストラン「マ・メゾン」から番組をお届けします。

現在、店を開いた父親と一緒に厨房に立つ井上さん。創業36年とは思えないレトロ・ロマンティックな建物は、お父さんが修行先の東京の店をイメージして、新築で設けたもの。店内至る所にアンティークなインテリア、小物が並べられ、歴史を重ねてきたものだけが放つ独特のぬくもりに満たされています。

創業当時から変わらないデミグラスソース。一方で、最近のお客さんのニーズにも応えようと、新しいメニュー開発にも挑戦を続けています。お米をはじめ、丹後の農産物も色々、使って頂いているのだそう。

かつては、葉タバコの一大産地だった丹後ですが、平成23年にタバコの生産が終了。一時は、広大な休耕地が出ることが心配されましたが、自治体やJA等が連携して、新規就農者の入植をサポート。53の国営開発農地のほぼすべてが埋まるまでになりました。古代より恵まれた自然を生かして、様々な農業が営まれてきた丹後。その歴史を受け継ぎつつ、「京野菜の一大産地」へと変わりつつある姿を、現場からリポート。独特な土質が生み出した最高品質の野菜を使って、井上さんに料理を作って頂きます。

語り合う出演陣

守るべきものは守り、いかに挑戦を続けていくか、その「やりがい」について語り合う出演陣。

続きを読む

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20211024_003.jpg
  • 20210926_007.jpg
  • 20210829_001.jpg
  • 20210725_005.jpg
  • 20210627_012.jpg
  • 20210523_002.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [1]
  2. 2021年9月 [1]
  3. 2021年8月 [3]
  4. 2021年7月 [3]
  5. 2021年6月 [3]
  6. 2021年5月 [1]
  7. 2021年4月 [4]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [3]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [2]
  13. 2020年10月 [3]
  14. 2020年9月 [3]
  15. 2020年8月 [3]
  16. 2020年7月 [3]
  17. 2020年6月 [3]
  18. 2020年5月 [3]
  19. 2020年4月 [3]
  20. 2020年3月 [1]
  21. 2020年2月 [3]
  22. 2020年1月 [1]
  23. 2019年12月 [3]
  24. 2019年11月 [1]
  25. 2019年10月 [3]
  26. 2019年9月 [3]
  27. 2019年8月 [3]
  28. 2019年7月 [3]
  29. 2019年6月 [1]
  30. 2019年5月 [1]
  31. 2019年4月 [3]
  32. 2019年3月 [3]
  33. 2019年2月 [1]
  34. 2018年12月 [2]
  35. 2018年11月 [5]
  36. 2018年10月 [1]
  37. 2018年9月 [3]
  38. 2018年8月 [5]
  39. 2018年7月 [1]
  40. 2018年6月 [3]
  41. 2018年5月 [1]
  42. 2018年4月 [1]
  43. 2018年3月 [3]
  44. 2018年2月 [3]
  45. 2018年1月 [1]
  46. 2017年12月 [3]
  47. 2017年11月 [3]
  48. 2017年10月 [3]
  49. 2017年9月 [3]
  50. 2017年8月 [3]
  51. 2017年7月 [1]
  52. 2017年6月 [3]
  53. 2017年5月 [3]
  54. 2017年4月 [3]
  55. 2017年3月 [3]
  56. 2017年2月 [3]
  57. 2017年1月 [1]
  58. 2016年12月 [3]
  59. 2016年11月 [3]
  60. 2016年10月 [3]
  61. 2016年9月 [3]
  62. 2016年8月 [1]
  63. 2016年7月 [3]
  64. 2016年6月 [3]
  65. 2016年5月 [3]
  66. 2016年4月 [3]
  67. 2016年3月 [3]
  68. 2016年2月 [3]
  69. 2016年1月 [1]
  70. 2015年12月 [2]
  71. 2015年11月 [4]
  72. 2015年10月 [4]
  73. 2015年9月 [1]
  74. 2015年8月 [2]
  75. 2015年7月 [2]
  76. 2015年6月 [1]
  77. 2015年5月 [3]
  78. 2015年4月 [2]
  79. 2015年3月 [1]
  80. 2015年2月 [1]
  81. 2014年12月 [1]
  82. 2014年11月 [1]
  83. 2014年10月 [1]
  84. 2014年9月 [1]
  85. 2014年8月 [1]
  86. 2014年7月 [1]
  87. 2014年6月 [1]
  88. 2014年5月 [1]
  89. 2014年4月 [1]
  90. 2014年3月 [1]
  91. 2014年2月 [1]
  92. 2014年1月 [1]
  93. 2013年12月 [1]
  94. 2013年11月 [1]
  95. 2013年10月 [1]
  96. 2013年9月 [1]
  97. 2013年8月 [1]
  98. 2013年7月 [1]
  99. 2013年6月 [1]
  100. 2013年5月 [1]
  101. 2013年4月 [1]