bg_002.jpg

動画・JA京都中央 一覧

JA京都中央「花菜」岡本さん (長岡京市)

京都に春を告げる野菜とされる花菜も、2月が収穫の最盛期。JA京都中央長岡京花菜部会で部会長を務める岡本博さん。夫婦で花菜を栽培していて、博さんが収穫を、妻の美知子さんはパック詰めを担当しています。ブランド京野菜として、味はもちろん、見た目も大切と丁寧に作業しています。

JA京都中央「しろ菜」齋藤さん (京都市)

関西では昔からよく食べられてきた「しろ菜」。柔らかく、傷みやすいことから、近年生産者が減少。京都市内で本格的に栽培しているのは、西京区の柴喜農園のみとなっています。伝統の味を守り継ぎたいと2反の畑と8棟のハウスで「しろ菜」をほぼ1年中、生産している齋藤さん。もともと田んぼだった土を、30年近くかけて改良。色々な工夫と挑戦を重ねてきました。齋藤さんの息子さんも他の産地の栽培法を研究するなど、より一層の「おいしさ」と「美しさ」を目指して作業に取り組んでいます。

JA京都中央「キャベツ」中嶋さん(京都市)

伏見区向島で4代続く中嶋農園。園主の中嶋さんは、8反もの面積でキャベツを作付け。すべてが、とんかつ屋さんや餃子屋さん等、お客さんからの直接注文です。1日500玉近くを出荷しますが業務用とあって、固さや水分量、大きさに至るまで、厳しい注文があり、その要望を満たすよう、工夫を重ねて生産しています。若い時は東京に出て、アパレル業界で仕事をしていた中嶋さん。実家に戻ってまず行ったのは、枝豆の飛び込み営業。その時の経験で「自分の作りたい野菜を生産して売るのではなく、お客さんが欲しい野菜を作らないとビジネスとして成功しない」と確信したそう。今では、JAと相談しながら、新しい品種のキャベツを栽培し、顧客に提案することにも力を入れています。

JA京都中央 京都茄子 山本さん(向日市)

JA京都中央管内で生産され、関西各地に出荷されている「京都茄子」。乙訓エリアや大原野が主産地となっています。中でも向日市の寺戸は、昔から高品質な茄子が育つことで有名。山本さんもお父さんの後を継ぎ、茄子農家として活躍。すでに20年のキャリアを誇るベテランです。 茄子は、主枝の数を4~6本に絞って、小枝や葉を剪定しながら全体の姿を整える作業が何より重要。主枝の数を何本にするか、剪定をどのようにするのかは、生産者それぞれが「工夫」を凝らすポイントです。栽培歴20年のベテラン、山本さんも、毎年の様に仕立て方を変えて、茄子の出来具合を研究し、よりよいものを生み出すための「工夫」を重ねています。

JA京都中央 山本さん(京都市)

多くの料理人が熱い視線を送る大原産の野菜。10年前に整備された「里の駅 大原」には、農産物の直売所のほか、加工施設やレストランも併設されています。10年前に脱サラして大原に移り住み、直売所出荷を中心に農産物を生産している山本さん。人生を変えることになった一番の理由は、大原の素晴らしい自然と、そこに住む人々との出逢いだったそう。直売所で消費者や料理人と直接話をする中で、安全安心にこだわった農産物を生産しようと、そばがらや有機肥料でしっかりと土づくり!自然の力だけで「うまみの濃い」野菜を生み出しています。

春きゃべつ 平岡さん(京都市)

羽束師地区の春きゃべつは昭和50年代から洛南を代表する野菜のひとつとして、京都や大阪の市場に出荷されてきました。JA京都中央の青壮年部の初代部会長でもある平岡さんは地域のリーダー的存在として活躍しています。街中とはいえ鳥の被害や住宅地に隣接するため農薬の使用を極力控えるなど、都市農業ならではの苦労が少なくない中、平岡さんは逆にやりがいがあると考えています。効率化のため同じ畑で違う品目も手がけますが、地力を保つために平岡さんが愛用しているのは、街路樹を選定した際にでる枝をたい肥化した肥料です。JAと京都市が開発したもので動物性の有機肥料よりやさしく、長期にわたって野菜づくりができる土に整えてくれるのだとか。

花菜 小山さん(長岡京市)

古くから伏見桃山あたりで切り花用に栽培されてきた「寒咲なたね」を食用に改良した「花菜」。京漬物の原料として、また一足早い春を楽しむ料亭用の高級食材として人気を集めるようになり、今では長岡京市などで栽培に力が入れられています。実際に「花菜」の畑に料理人を招く産地交流会で参加者に収穫方法などを指導していた小山さんに栽培の工夫などを聞きます。

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20211024_003.jpg
  • 20210926_007.jpg
  • 20210829_001.jpg
  • 20210725_005.jpg
  • 20210627_012.jpg
  • 20210523_002.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [1]
  2. 2021年9月 [1]
  3. 2021年8月 [3]
  4. 2021年7月 [3]
  5. 2021年6月 [3]
  6. 2021年5月 [1]
  7. 2021年4月 [4]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [3]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [2]
  13. 2020年10月 [3]
  14. 2020年9月 [3]
  15. 2020年8月 [3]
  16. 2020年7月 [3]
  17. 2020年6月 [3]
  18. 2020年5月 [3]
  19. 2020年4月 [3]
  20. 2020年3月 [1]
  21. 2020年2月 [3]
  22. 2020年1月 [1]
  23. 2019年12月 [3]
  24. 2019年11月 [1]
  25. 2019年10月 [3]
  26. 2019年9月 [3]
  27. 2019年8月 [3]
  28. 2019年7月 [3]
  29. 2019年6月 [1]
  30. 2019年5月 [1]
  31. 2019年4月 [3]
  32. 2019年3月 [3]
  33. 2019年2月 [1]
  34. 2018年12月 [2]
  35. 2018年11月 [5]
  36. 2018年10月 [1]
  37. 2018年9月 [3]
  38. 2018年8月 [5]
  39. 2018年7月 [1]
  40. 2018年6月 [3]
  41. 2018年5月 [1]
  42. 2018年4月 [1]
  43. 2018年3月 [3]
  44. 2018年2月 [3]
  45. 2018年1月 [1]
  46. 2017年12月 [3]
  47. 2017年11月 [3]
  48. 2017年10月 [3]
  49. 2017年9月 [3]
  50. 2017年8月 [3]
  51. 2017年7月 [1]
  52. 2017年6月 [3]
  53. 2017年5月 [3]
  54. 2017年4月 [3]
  55. 2017年3月 [3]
  56. 2017年2月 [3]
  57. 2017年1月 [1]
  58. 2016年12月 [3]
  59. 2016年11月 [3]
  60. 2016年10月 [3]
  61. 2016年9月 [3]
  62. 2016年8月 [1]
  63. 2016年7月 [3]
  64. 2016年6月 [3]
  65. 2016年5月 [3]
  66. 2016年4月 [3]
  67. 2016年3月 [3]
  68. 2016年2月 [3]
  69. 2016年1月 [1]
  70. 2015年12月 [2]
  71. 2015年11月 [4]
  72. 2015年10月 [4]
  73. 2015年9月 [1]
  74. 2015年8月 [2]
  75. 2015年7月 [2]
  76. 2015年6月 [1]
  77. 2015年5月 [3]
  78. 2015年4月 [2]
  79. 2015年3月 [1]
  80. 2015年2月 [1]
  81. 2014年12月 [1]
  82. 2014年11月 [1]
  83. 2014年10月 [1]
  84. 2014年9月 [1]
  85. 2014年8月 [1]
  86. 2014年7月 [1]
  87. 2014年6月 [1]
  88. 2014年5月 [1]
  89. 2014年4月 [1]
  90. 2014年3月 [1]
  91. 2014年2月 [1]
  92. 2014年1月 [1]
  93. 2013年12月 [1]
  94. 2013年11月 [1]
  95. 2013年10月 [1]
  96. 2013年9月 [1]
  97. 2013年8月 [1]
  98. 2013年7月 [1]
  99. 2013年6月 [1]
  100. 2013年5月 [1]
  101. 2013年4月 [1]