bg_002.jpg

2022年3月の記事一覧

JA京都「丹波キヌヒカリ」吉田さん (南丹市)

京都有数の米どころ・南丹市。「令和の大嘗祭」で使われるお米の生産地に選ばれたことで大きな注目を集めました。その時献上された品種が丹波キヌヒカリです。吉田さんは土と水、そして寒暖差という恵まれた条件を生かして美味しい丹波キヌヒカリを地元の仲間と協力して栽培しています。

JA京都中央「花菜」森田さん (長岡京市)

京都・大阪のベッドタウンとして発展してきた長岡京市は工業に加え、農業も盛んな地域です。この地で春を告げる京のブランド産品「花菜」を30年前から手掛ける森田さんは美しい見た目にもこだわって収穫から出荷まで丁寧な作業を心がけています。

今回の番組は、京都のシンボルロード・御池通から間之町通りを北へ入った場所にある人気店「サンドイッチのタナカ」からお届け。

今年の4月で創業49年。店主・田中和代さんが「この先、電話など仕事をしながら片手で食べられるものが流行る」という"先見の明"で始めたお店には、毎朝4時起きで仕込む美味しい手作りサンドイッチを求め、地域の人々はもちろん、全国からファンが訪れます。

「もったいない」の気持ちから、パンの耳を切らずに使用しているのが特徴のサンドイッチは、リーズナブルでボリュームたっぷり!お昼時になると行列ができるほどです。中でも20年前からの定番商品で、たっぷり果物をはさんだ「フルーツサンド」は、世代を超えて愛されるお店の看板メニューとなっています。

今回はそんな人気サンドイッチ店で、長岡京市の特産品で今が旬の花菜と、全国的にも評価の高いお米「丹波キヌヒカリ」を使ったメニューを味わいます!

未来について語る

中京区にある「サンドイッチのタナカ」

続きを読む

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20220626_009.jpg
  • 20220522_013.jpg
  • 20220424_012.jpg
  • 20220327_012.jpg
  • 20220227_003.jpg
  • 20220101_003.jpg

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [3]
  2. 2022年5月 [3]
  3. 2022年4月 [3]
  4. 2022年3月 [3]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2021年12月 [4]
  7. 2021年11月 [3]
  8. 2021年10月 [1]
  9. 2021年9月 [1]
  10. 2021年8月 [3]
  11. 2021年7月 [3]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [1]
  14. 2021年4月 [4]
  15. 2021年3月 [3]
  16. 2021年2月 [3]
  17. 2021年1月 [1]
  18. 2020年12月 [3]
  19. 2020年11月 [2]
  20. 2020年10月 [3]
  21. 2020年9月 [3]
  22. 2020年8月 [3]
  23. 2020年7月 [3]
  24. 2020年6月 [3]
  25. 2020年5月 [3]
  26. 2020年4月 [3]
  27. 2020年3月 [1]
  28. 2020年2月 [3]
  29. 2020年1月 [1]
  30. 2019年12月 [3]
  31. 2019年11月 [1]
  32. 2019年10月 [3]
  33. 2019年9月 [3]
  34. 2019年8月 [3]
  35. 2019年7月 [3]
  36. 2019年6月 [1]
  37. 2019年5月 [1]
  38. 2019年4月 [3]
  39. 2019年3月 [3]
  40. 2019年2月 [1]
  41. 2018年12月 [2]
  42. 2018年11月 [5]
  43. 2018年10月 [1]
  44. 2018年9月 [3]
  45. 2018年8月 [5]
  46. 2018年7月 [1]
  47. 2018年6月 [3]
  48. 2018年5月 [1]
  49. 2018年4月 [1]
  50. 2018年3月 [3]
  51. 2018年2月 [3]
  52. 2018年1月 [1]
  53. 2017年12月 [3]
  54. 2017年11月 [3]
  55. 2017年10月 [3]
  56. 2017年9月 [3]
  57. 2017年8月 [3]
  58. 2017年7月 [1]
  59. 2017年6月 [3]
  60. 2017年5月 [3]
  61. 2017年4月 [3]
  62. 2017年3月 [3]
  63. 2017年2月 [3]
  64. 2017年1月 [1]
  65. 2016年12月 [3]
  66. 2016年11月 [3]
  67. 2016年10月 [3]
  68. 2016年9月 [3]
  69. 2016年8月 [1]
  70. 2016年7月 [3]
  71. 2016年6月 [3]
  72. 2016年5月 [3]
  73. 2016年4月 [3]
  74. 2016年3月 [3]
  75. 2016年2月 [3]
  76. 2016年1月 [1]
  77. 2015年12月 [2]
  78. 2015年11月 [4]
  79. 2015年10月 [4]
  80. 2015年9月 [1]
  81. 2015年8月 [2]
  82. 2015年7月 [2]
  83. 2015年6月 [1]
  84. 2015年5月 [3]
  85. 2015年4月 [2]
  86. 2015年3月 [1]
  87. 2015年2月 [1]
  88. 2014年12月 [1]
  89. 2014年11月 [1]
  90. 2014年10月 [1]
  91. 2014年9月 [1]
  92. 2014年8月 [1]
  93. 2014年7月 [1]
  94. 2014年6月 [1]
  95. 2014年5月 [1]
  96. 2014年4月 [1]
  97. 2014年3月 [1]
  98. 2014年2月 [1]
  99. 2014年1月 [1]
  100. 2013年12月 [1]
  101. 2013年11月 [1]
  102. 2013年10月 [1]
  103. 2013年9月 [1]
  104. 2013年8月 [1]
  105. 2013年7月 [1]
  106. 2013年6月 [1]
  107. 2013年5月 [1]
  108. 2013年4月 [1]