bg_002.jpg

動画・JA京都にのくに 一覧

JA京都にのくに「万願寺甘とう」北山さん(福知山市)

京都府内の農産物で唯一GI(地理的表示)を取得し、強いブランド力で、全国にファンを広げている「万願寺甘とう」。JA京都にのくに管内で生産され、厳しい基準をクリアした「万願寺とうがらし」だけが、「万願寺甘とう」のブランド名を名乗ることができます。東日本大震災で被災後、縁あって福知山市で農業を始めた北山さん。見知らぬ土地で不安いっぱいの中、暮らしを支えてくれたのが、「万願寺甘とう」のブランド力と多くの生産者仲間たち。今では福知山の「万願寺甘とう」の部会長となり、一歩も二歩も先を読みながら世話をすることで、高品質な「万願寺甘とう」を安定的に生産しています。

JA京都にのくに「賀茂なす」西岡さん(綾部市)

高級料理店で大人気の食材「賀茂なす」。コロナ禍で今年は販売が苦戦していますが、逆にこの機会に、より多くの人に食材としての魅力を知ってもらおうと、首都圏での新たな販路拡大にも乗り出しています。京都市内から綾部市内へと移住し、10年前から農業に携わる西岡さん。最初に勤めた農業生産法人で「賀茂なす」と出会い、4年前から自ら2棟のハウスで栽培を続けています。難しい野菜ですが、それだけに「いいもの」が出来た時の喜びは大きいと、日々、栽培技術に磨きをかけています。

JA京都にのくに「玉子」 三和鶏園三和農場(福知山市)

京都府内で最大級の養鶏事業者「山元産業グループ」の中核をなす「三和鶏園」。府内各地に農場を持っていますが、中でも三和農場では、セミウインドレスと呼ばれる鶏舎で、40万羽の鶏が飼育されています。空調や餌やり等すべてが機械化され、スタッフひとりで7万羽を担当。安全安心と省力化を実現していますが、やはり人の目は重要。毎日朝昼晩と、鶏達の様子を入念にチェックします。鶏達が喧嘩をしていたら止めに入り、食欲や体調にも気をつける等、まるで保育園の先生のように、一羽一羽に目を配っています。

JA京都にのくに「彩菜館」&「きゅうり」 白波瀬さん(福知山市)

JA京都にのくにでは、「彩菜館」の名称で、綾部・福知山・舞鶴の3市に4店舗の農産物直売所を出店しています。約1600人もの生産者が、地元で作り上げた旬の味を届けています。30年以上、福知山できゅうりを栽培している白波瀬さん。長年、市場出荷一本で頑張ってきましたが、11年前に「彩菜館」が出来てから、農業への想いも少し変わってきたのだそう。消費者と直接触れ合うからこその喜びややりがいについて、語って頂きました。

万願寺甘とう 岡安さん(舞鶴市)

ブランド野菜に認証されてから栽培に力が入れられている万願寺甘とう。舞鶴市万願寺地区が発祥とされる、大型・肉厚の辛くないとうがらしで、出荷量も年々増加しています。長年大学で高分子化学の研究に携わってきた岡安さんは、土の温度や水分量を計測し、ペーハーや肥料も適正に管理しながら栽培を進めています。

賀茂なす 志馬さん・瀬戸川さん(綾部市)

亀岡市や京丹後市とともにブランド賀茂なすの生産地となっている綾部市。賀茂なすづくり18年の志馬さんは独自のノウハウで毎年、最高品質のなすを市場に送り出しています。Iターンで農業を始めた瀬戸川さんは先輩農家やJAのサポートを受けて、土づくりにこだわった賀茂なす栽培に取り組んでいます。

万願寺甘とう 森さん(舞鶴市)

年々生産額がアップし、今では近畿圏のみならず首都圏でも販売量が拡大している「万願寺甘とう」。舞鶴を中心に、綾部や福知山などJA京都にのくに管内で生産されています。東舞鶴で本格的に農業を始めてまだ2年目という森さん。「万願寺甘とう」に将来性を感じ、生産量を増やして地元をもっと元気にしたいと考えています。

霜尾農場(舞鶴市)

舞鶴市の西方寺地区は、標高が高い山間地にあり、昭和20年代頃から、各農家で鶏が飼われてきました。その伝統を今も受け継ぐ霜尾農場では、平飼い鶏舎で元気な鶏達が育ち、おいしくて健康な玉子が生産されています。

河北農園(綾部市)

京都の名店のシェフに野菜を届けている河北農園。単に求められる野菜を作るだけでなく、生産者として新しい農産物の活用方法なども提案しています。

このページの上部へ

放送日

KBS京都テレビ
毎月第4日曜日 12:00-12:30
※再放送 翌日月曜日 9:00-9:30

出演者

中川泰宏(JA京都中央会会長)
【司会】飛鳥井雅和

番組概要

京都府内で生産されている安全安心でおいしい農畜産物の魅力を紹介するプログラム。毎回、食材や料理法にこだわりを持っている話題の料理店を取り上げ、店主にインタビュー。産地取材では、農家がどのように、安全にこだわった農畜産物を生産しているか、その苦労や工夫を紹介しています。最後には、とっておきの府内産の食材を使って、料理店でこだわりの逸品を作って頂きます。楽しみながら、食や農業、食文化などについて理解を深めて頂ける番組です。

最近のピクチャ

  • 20210425_015.jpg
  • 20210328_004.jpg
  • 20210228_014.jpg
  • 20210101_003.jpg
  • 20201227_011.jpg

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [4]
  2. 2021年3月 [3]
  3. 2021年2月 [3]
  4. 2021年1月 [1]
  5. 2020年12月 [3]
  6. 2020年11月 [2]
  7. 2020年10月 [3]
  8. 2020年9月 [3]
  9. 2020年8月 [3]
  10. 2020年7月 [3]
  11. 2020年6月 [3]
  12. 2020年5月 [3]
  13. 2020年4月 [3]
  14. 2020年3月 [1]
  15. 2020年2月 [3]
  16. 2020年1月 [1]
  17. 2019年12月 [3]
  18. 2019年11月 [1]
  19. 2019年10月 [3]
  20. 2019年9月 [3]
  21. 2019年8月 [3]
  22. 2019年7月 [3]
  23. 2019年6月 [1]
  24. 2019年5月 [1]
  25. 2019年4月 [3]
  26. 2019年3月 [3]
  27. 2019年2月 [1]
  28. 2018年12月 [2]
  29. 2018年11月 [5]
  30. 2018年10月 [1]
  31. 2018年9月 [3]
  32. 2018年8月 [5]
  33. 2018年7月 [1]
  34. 2018年6月 [3]
  35. 2018年5月 [1]
  36. 2018年4月 [1]
  37. 2018年3月 [3]
  38. 2018年2月 [3]
  39. 2018年1月 [1]
  40. 2017年12月 [3]
  41. 2017年11月 [3]
  42. 2017年10月 [3]
  43. 2017年9月 [3]
  44. 2017年8月 [3]
  45. 2017年7月 [1]
  46. 2017年6月 [3]
  47. 2017年5月 [3]
  48. 2017年4月 [3]
  49. 2017年3月 [3]
  50. 2017年2月 [3]
  51. 2017年1月 [1]
  52. 2016年12月 [3]
  53. 2016年11月 [3]
  54. 2016年10月 [3]
  55. 2016年9月 [3]
  56. 2016年8月 [1]
  57. 2016年7月 [3]
  58. 2016年6月 [3]
  59. 2016年5月 [3]
  60. 2016年4月 [3]
  61. 2016年3月 [3]
  62. 2016年2月 [3]
  63. 2016年1月 [1]
  64. 2015年12月 [2]
  65. 2015年11月 [4]
  66. 2015年10月 [4]
  67. 2015年9月 [1]
  68. 2015年8月 [2]
  69. 2015年7月 [2]
  70. 2015年6月 [1]
  71. 2015年5月 [3]
  72. 2015年4月 [2]
  73. 2015年3月 [1]
  74. 2015年2月 [1]
  75. 2014年12月 [1]
  76. 2014年11月 [1]
  77. 2014年10月 [1]
  78. 2014年9月 [1]
  79. 2014年8月 [1]
  80. 2014年7月 [1]
  81. 2014年6月 [1]
  82. 2014年5月 [1]
  83. 2014年4月 [1]
  84. 2014年3月 [1]
  85. 2014年2月 [1]
  86. 2014年1月 [1]
  87. 2013年12月 [1]
  88. 2013年11月 [1]
  89. 2013年10月 [1]
  90. 2013年9月 [1]
  91. 2013年8月 [1]
  92. 2013年7月 [1]
  93. 2013年6月 [1]
  94. 2013年5月 [1]
  95. 2013年4月 [1]