羽川英樹の土曜は旅気分

ラジオカーリポート

紅葉を迎えた木々で、街は日に日に美しい紅色・黄金色に染まってきていますが...
今日は、逆転の発想(??)で
美しい「緑色」を、目で、舌で、楽しめるスポットへ!!

こちらは、四条河原町から北に上ったところにある「和カフェ 季の音」さん

tabi_20191116-f47aaad2daf4dd09488cf2a8a5543411bebea80f.jpeg

和テイストなかわいい店内♫

今年で14年目を迎えるこちらのお店では、
宇治の老舗「丸久小山園」さんの抹茶を惜しみなく使ったメニューがお楽しみ頂けます!

私はこちらの人気メニュー
濃茶モンブランを頂きました♫

tabi_20191116-8da0427d447955e59c978139d67c955271f85cfb.jpeg

見てください、この鮮やかな緑色!!

色の濃さに驚いて、
今度はフォークを入れて、またもびっくり!
クリームが、予想以上にしっかり硬い!
しっかりとした抹茶クリームは、よ〜く舌に絡まって、抹茶の風味をじわーっと口中に広げてくれます。
また、抹茶の風味も濃厚なのですが、
苦味はなく、まろやかなお茶のお味がとっても美味♡
中の生クリームもねたっと濃厚。
他にも中には黒豆や栗が入っていて
食感の変化を楽しみながら、
秋らしさも感じられますよ♡ 

一年を通して旬の食材を使ったスイーツが楽しめる「和カフェ 季の音」さん、
他にもお食事メニューもありますよ!
これは通わないとなぁ〜♫
皆さんも紅葉のお出かけの際にぜひ☆

========== [ 和カフェ 季の音 ] ==========
 住所:京都市中京区河原町通四条上ル米屋町
384番地 くらもとビル4階(1階のauさんが目印)
 電話: 075-213-2288
 営業時間 :11時30分~19時(LO 18:30)
 定休日: 火曜日
 アクセス:
   阪急電車 河原町駅33番出口 徒歩1分
   京阪電車 祇園四条駅 徒歩5分
======================================

今週のうまいもん

番組が独断と偏見で選んだうまいもんをご紹介。

「心はんなり旅気分」のコーナーで「秋の東京散策」の話でしたが、
東京駅や羽田空港で買うお土産として、SNS映えもするということで
特に女性人気の高い商品を持ってきました!

東京ミルクチーズ工場の「ミルクチーズケーキ」。

「ちょっと懐かしくて心温まる、みんな大好きミルクとチーズのファクトリー」
というコンセプトで、平成23年に誕生した東京ミルクチーズ工場。

厳選した蒜山ジャージー牛乳や黄身の白い卵、良質なチーズなどを使用して、
クッキーなどでも焼き色がつかないように工夫するなど、
「白」にこだわった商品づくりをしている会社です。

「ミルクチーズケーキ」は、
フランス産クリームチーズ&北海道産クリームチーズと
北海道産生クリームと厳選したミルクをブレンド。

ミルクとチーズの美味しさにとことんこだわったケーキで、
チーズムースとミルクムースの2つの美味しさをしっとりとしたクレープ生地で優しく包んでいます。

tabi_20191116-e8f5592da3b6a23e319e1f4443617565738ad0e3.jpg

東京ミルクチーズ工場の「ミルクチーズケーキ」は、
1ホール 税込1,836円です。

大丸京都店に11月26日(火)まで、期間限定で初出店しています。
ネットでもお取り寄せできます。

e-monoオンラインプレゼント

大阪市の今里にあるバッグと財布の老舗メーカー
株式会社ポームと林五が展開するサイト「e-mono オンライン」から
一つの商品を紹介してプレゼントします。

本日は・・・「mobac メッシュトートバッグ」です!

あると何かと便利な、A4サイズが入るトートバッグです。
書類はもちろん、クッションポケット付きなので、タブレットやPCを入れるのにも便利です。
サイドやフロントにもポケットがあるので、よく出し入れするのも、整理して収納できます。
クールな雰囲気のロゴとメッシュポケットの組み合わせがアクセント。

tabi_20191116-bde8c5c1e3bc517497ddb53dd50d9aa9042dac9e.jpg

丈夫なターポリン生地を使用しています。
大容量なので、色々な用途にお使いいただけます。

tabi_20191116-fe6f4ce371fb851fef7b47915cad5274c2bd5aed.jpg

こちらをご希望の方は、おところ・お名前・電話番号と、
「e-mono プレゼント希望」と書いてご応募ください。

当選者の方のお名前・ご住所をポームさんにお渡しして、
直接送って頂きます。
なお発送は、来月上旬ごろになりますのでご了承ください。

メールは、hagawa@kbs.kyoto
FAXは、075-431-2300
ハガキは、〒602-8588 KBS京都ラジオ
羽川英樹の土曜は旅気分 e-mono プレゼント係」まで。

来週の番組内で当選発表をしますので、それまでに届くように送ってくださいね♪
そして、今日の商品を見てみたい!という方、
他の商品も見てみたい!という方は、
「イーモノ」で検索してみてくださいね。

心はんなり旅気分

19.11.16 秋の東京ぶらり散策
*東京 日本橋での司会の仕事のあと、せっかくなので1泊して 翌日 東京ぶらり散策。

*宿泊はお気に入りの「清澄白河」。 
三菱財閥の岩崎弥太郎の別荘庭園を始め緑多く、静かな住宅街と魅力的な個人飲食店が多い。

tabi_20191116-b8aaab532e0ef7e1e400aafe3f19ae53350cf65d.jpg

(1) 「東京大神宮」(飯田橋) 
*ここは 天照皇大神をまつる 東京のお伊勢さん。
*いまは縁結びのパワースポットとして有名です。

tabi_20191116-8023ba7256dab45c0f69e5e989773b607b912e40.jpg

(2)「赤坂迎賓館」(四谷)
*かつては紀州徳川家のお屋敷だったところが、明治時代に皇室に献上され東宮御所となりました。
ネオバロック様式の西洋宮殿で。国宝に指定されています。
*1974(S49)に 海外の賓客を迎える外交の舞台として大改修。

*2階には大ホールを始め、首脳会談・条約調印・晩餐会・首脳会見など5つの間があります。
 どこも豪華なシャンデリア、大壁画、柱など圧巻。
*お庭中央には これまた国宝になってる大噴水。予約すれば和風別館も見学可能。
*入館料 1500円だが値打ちあり。

tabi_20191116-7a7110998778647301f068e14fcb750df6649be3.jpg

tabi_20191116-05d039197fede120e631f3ed5086b9b2897118d5.jpg

(3)「渋谷スクランブルスクエア」
*11/1に駅前にオープンした230mの超高層ビル。
47階建ての14階までが商業施設でファッション・レストラン・雑貨などの212のお店が。
*屋外にも出られる47階の展望テラスがおすすめ。入場料2000円。
*いまや 駅前再開発で渋谷は大人も楽しめる街に変貌しています。

tabi_20191116-41a649484b841743e91d7c5cfa1fa1e3318d8366.jpg

tabi_20191116-a671e498c170106daaa4ca2a7b042549c3295c6b.jpg

tabi_20191116-d792be4cfb0a2bebe85b219a137854c313f41fbb.jpg

真帆のこれこれ!

先日、山科をぶらりしてきました~♡

いつもはついつい駅の南側、繁華街の方ばかりいっちゃうんですが...
今回は北側へ。


まずは琵琶湖疏水沿いをゆったりと歩きます。

tabi_20191116-570be14bbfd96e87a966c2c107339e4f3c640f71.jpeg


春にも桜を見に来たんですが、
すっかり秋色に......

紅葉も結構進んでいて、
これから更に色付いて行きそうな雰囲気。


静かな住宅街をゆったり、サラサラ〜流れる琵琶湖疏水の水面に、
秋晴れの空と赤や黄緑の木々たちが写っているのが
本当に綺麗で...

tabi_20191116-954eee582075a6d516a8094badf889029a0b6da5.jpeg

これぞ、野趣に富む秋の風景...という気がしましたねぇ(ドヤ笑)

ちょっとカッコつけてみましたが...笑

山科疎水、時がゆったりと流れていました。

tabi_20191116-c902f3538d6dd66a04497a2a57e9d019e7a4228a.jpeg

そしてそのまま更に北を上がると出てきますのが...

tabi_20191116-bb538b76f19d32c5efff5ebf1fff392a2ca558c3.jpeg


洛東山科 毘沙門堂門跡 です~。

こちら天台宗五箇室門跡のひとつで、
創建は創建は703年に僧行基によって開かれたようです。


なんといってもこの毘沙門堂、
春は桜、秋は紅葉と京の隠れた名所なんですよね~。


ちなみに紅葉情報ですが、
これからいよいよ見頃を迎えるといったところで、
中にはかなり色付いている木もありました!


今週末〜来週末くらいが絶好の見頃では?と思います!

tabi_20191116-190166063112a43b73ea14ed78adc9dd1580ea8c.jpeg


さてこちら、さすが山の中だけありますね、
中に進むと驚きの傾斜を誇る参道が出てきます。笑

tabi_20191116-775c39cdd9d90394393da83c5855c6c6701d2e1d.jpeg

tabi_20191116-7416a2ec8605148bf5ee5e66084ac4c43bd4c60d.jpeg


ローアングルだとこんな感じ。笑
なかなかの角度です。


エッサホイサと石段を登ったところにあるのが仁王門、
それをくぐると本堂が出てきます。

tabi_20191116-7d3e0eac715267c034c6793b5cae2ca46709e25e.jpeg


中には、京の七福神のひとつ毘沙門天が祀られています。

残念ながら内部、写真撮影できないんですが、
襖絵や天井龍などが当時のまま残されているんです。


そして唯一撮影でき、いまの時期にぴったりなのが
晩翠園という江戸初期に造られた回遊式の庭園!


ここがすごい。

tabi_20191116-662b939871ad7882ceaeb9056c3def0606703567.jpeg

池には亀石、千鳥石、座禅石などが配置された名園でして、


この景観たるや...

tabi_20191116-e240a7ddec29a3772571f1ee602eed53bc44d973.jpeg


葉の色がグラデーションのように変化して、
赤、黄色、緑のコントラストに心が奪われました。。

ぜひ一度、観ていただきたいです!

そのほかにも、

tabi_20191116-1e79ad1426da3d6b13757bb64a16bbf638dc45e2.jpeg


かつて陛下の御幸の際などに使用されていた、
勅使門や...


ちなみに両側の木、ほとんどが紅葉ですよ!

tabi_20191116-8b526841a4975adcc9bb69cc42df9ee8b67cba77.jpeg

高台弁才天などもあり、見どころたっぷりですよ!


洛東山科 毘沙門堂門跡
時間 8:30〜17:00
拝観料 500円
アクセス JR、地下鉄東西線山科駅または京阪山科駅から歩いて20分ほど


これからがまさに見頃の山科の紅葉、ぜひ行かれてみては?!


tabi_20191116-3ef32236c1aefe2978b807cfb33524aa886b2583.jpeg

tabi_20191116-5bde63d976a8e76b325b2ace9adf81cce4bda051.jpeg

真帆のこれこれでした!


ラジオカーリポート

今週のラジオカーは、
京都市東山区にある「きっさこ和束」さんへ!

tabi_20191109-c76eca6fb6d0bc2bab78e6a59aa3e0f690d5a840.jpeg

オーナーの喜多見さんのお義母さまがお住いだった町家をリフォームしてカフェ&レンタルスペースとして利用されているこちらの施設。
築 100 年の京町家というだけあって、とっても素敵な店構え!
中には井戸や防空壕も残されていて、見学もさせて頂けますよ!

tabi_20191109-ffe700305c0a90972a9356c074f093bf5d950b4d.jpeg

こちらでは、和束の美味しいお茶・お抹茶&スイーツを楽しめるカフェスペース以外にも、レンタルスペースも兼ね備えられていて、
今日は午後4時まで「築 100 年京町家マルシェ」を開催中です!

tabi_20191109-54f068721f85e2870c2e78c00fd77a09e6ab951a.jpeg

食、物販、ヘルスケアなどのブースの他、
歌や講座のステージなど、一日盛りだくさんの内容となっています☆

皆さまぜひ足をお運び下さいませ〜♫

【きっさこ和束】
住所:京都市東山区本町5-182
京阪七条駅から七条通を東に歩き、本町通りを北へ。駅からは徒歩 3 分くらいです。
電話:075-741-6377
営業時間:11時〜18時※ (定休日 月曜日)
※「築 100 年京町家マルシェ」は本日16時まで

土曜にようおこし

土曜にようおこし~。
色々なゲストにお話を伺っています。

今日は毎月2週目に登場して頂いています、
京都市伏見区醍醐にある、おばんざいバイキング&バー「ひげ」のマスター・西田基一さんと羽川さんによる『ザ・ぼん』です!

マスターのソロで、「ソラメンテ・ウナ・ヴェス」
tabi_20191109-e7b5e777e520df6becd501f3fd687606797f16c6.jpg

ザ・ぼんで「いい日旅立ち」
tabi_20191109-370aaa704a228bc05b6ff6350e58e09a463f0294.jpg

今月のザ・ぼんのライブはこちら!

tabi_20191109-df1c7c8cb538d6ca616f3c2ea9917c00e4bb58d9.jpg

≪ザ☆ぼん 秋の叙情フォーク大全集≫
日時 : 11月17日(日)17:40Start(17:00 Open)
会場 : おばんざいバイキング&バー「ひげ」
ご予約は 075-571-5888 まで!

ぜひお出かけください!!

今週のうまいもん

番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」をご紹介。

今日は、福岡の中心地、博多の中州でおいしい魚と料理を出しているお店
國廣の「元祖博多トリッパ鍋」です。

トリッパというのは、イタリア版もつ煮込み。
一方、もつといえば博多のもつ鍋。

この二つをミックスしたのが、トマトもつ鍋「博多トリッパ鍋」です。

日経レストラン・メニューグランプリで、準グランプリに輝いて以来、
博多の新名物として人気のメニューです。

もつは、国産牛の第二胃袋「ハチノス」を丁寧に下処理して臭みを取ったあと
食べやすい大きさにカット。

それをたっぷりのトマトと香味野菜で4時間煮込んで、自慢のソースが完成。

そして出汁は、地鶏・昆布・カツオの合わせ出汁で、
3つの素材のうまみを丁寧に引き出した金色のスープです。

これをお鍋に入れて、好みの野菜をたっぷり入れて煮込めば出来上がり!

tabi_20191109-c14be99dbbd012b6cafc018485f0b5a8eb8bf0a8.jpg

〆は、淡路島の「淡路麺業」のこだわりの生パスタ「タリアテッレ」と、
風味豊かなパルミジャーノチーズ、
そして最高級のエキストラバージン・オイーブオイルでつくる本格生パスタ!

もちろんご飯派の人は、リゾットにしても絶品です。

博多中州・國廣の「元祖博多トリッパ鍋セット」は、
國廣の楽天市場のサイトで購入できます。

トリッパベースとスープ、生パスタと粉チーズ、オリーブオイル、唐辛子、
そして誰でも美味しく作れる安心レシピつき。

2~3人前のセットで、税込3,218円です。

「國廣 トリッパ鍋」で検索してみてください。

そしてプレゼントを頂きました!

博多中州・國廣から「元祖博多トリッパ鍋」を2人にプレゼントです!

欲しい!という人は、「トリッパ鍋希望」とハッキリ書いて、
おところ、お名前、電話番号と、出来れば年齢も書いてご応募ください。

メールは、hagawa@kbs.kyoto
FAXは、075-431-2300
ハガキは、〒602-8588 KBS京都ラジオ「羽川英樹の土曜は旅気分」まで。

来週の番組内で当選発表をしますので、間に合うように送って下さいね。

心はんなり旅気分

19.11.9 紅葉の名所・永源寺ぶらぶら (東近江)

➀滋賀で一番の紅葉の名所「永源寺」(東近江市)
愛知川のほとりにある臨済宗の古刹。参道・山門・開山堂まで素晴らしい紅葉に覆われます。
現在色づき始めで、来週13日頃に見頃を迎えます。
今日から24日までは、観光ボランティアの案内で山門2階の特別拝観も行われます。
ライトアップも開催。

tabi_20191109-aa926a910cb0d5ea33f074adb2ddf5c418ef2073.jpg

tabi_20191109-c2f057834454e5bd1242b45af5f9e87825453db5.jpg

➁「リアルすぎる案山子」
 バス停から 自宅向かいの130坪の畑まで20体以上が。
バス停でバスを待つお年寄りや畑で作業する人たちまで、
背格好、腰の曲がり方、服装、帽子までなんともリアルです。 

tabi_20191109-8f0dae5fc26277bfc006a144a73bb99aed562ea7.jpg

tabi_20191109-e8f7d60bbce07b15d92c5c6b11211c23e6cf4664.jpg

tabi_20191109-2ac1e225aeca282016652ea782f8633be10aef03.jpg

➂「しきろ庵」    
永源寺裏門から徒歩10分のところにある古民家の蒟蒻料理のお店。
定食(2000円~)では、
自家製こんにゃくの刺身、天ぷら・寿司・田楽・ステーキなどが登場。      
11時~14時のみの営業で、火曜日は定休日です。

tabi_20191109-86ac623f8eca5a4c847bfa0eeeb431f56191b99a.jpg

tabi_20191109-24a944f11aa6b00c7a70fadafba039dda10b3e87.jpg

tabi_20191109-d47b2e08b71d8b6e08f71eff061f511e20668e9d.jpg

他にも、愛知川の大自然を眺めながらの露天風呂が楽しめる「八風の湯」をはじめ、
永源寺ダム、日登美ワイナリー、道の駅・奥永源寺・木地師の里など見どころいっぱい。

永源寺へは 名神八日市から 30分、近江鉄道 八日市駅からバスをご利用ください。

真帆のこれこれ!

今日は高島屋京都店で開催中の
「特別展 りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」のご紹介!


 tabi_20191109-a708c9f8510edd80c2f6110b5b94a64674c83b39.jpg
「特別展 りぼん」エントランス

入口だけで既に胸アツ予感たっぷりな展覧会ですが...

大人女子の皆さんなら誰もがご存知の「りぼん」
集英社発行のマンガ雑誌で、創刊は1955年。

tabi_20191109-0e6b7fc48369b037e6b25478e1d7da71f0f78579.jpg
「特別展 りぼん」エントランス


1993年末には、最高発行部数255万部を記録するなど、
女の子なら誰もが読んでいたと言っても過言ではないほど
大人気の少女マンガ雑誌なんです!

もちろん私も小学生の頃は毎月欠かさず読んでいた、
根っからのりぼんっ子でした!

りぼんが女の子たちに大人気な理由のひとつは、
王道胸きゅんラブストーリーがこれでもかと言う程に
ぎゅっと詰まっているところ♡

もう、、ピュアッピュアな乙女心が、、、
絶妙にくすぶられるんですよねぇ~(๑♡ᴗ♡๑)

このりぼん展では、数ある作品の中でも特に
1994年頃に掲載されていた作品を中心に、
連載当時の原画や関連資料、ふろくなどが展示されています!

tabi_20191109-295ae0a4864b473fa9e09fdf98505f6ed42e081e.jpg
「特別展 りぼん」エントランス


さっそく出てきますエントランスでは、
りぼんの本誌と単行本がお出迎えしてくれます!

ここでまず、りぼんっ子たちは当時の心に戻ります。(笑)

ちなみに会場内、一部を除き撮影OKなんですが、
ここも人気スポットでしたよ~♪

そのまま中へ入りますと、
作家さん毎に、壁一面にパネルや当時の原画、
カラー原画などが展示されています。

小花美穂先生
こどものおもちゃ
tabi_20191109-b4e19a8169528bf689591199882ff1423e0da0ad.jpg
©小花美穂/集英社

tabi_20191109-8a1d29d2f669b4c2288bfc9180e645a01a62b594.jpg
©小花美穂/集英社


一条ゆかり先生
有閑倶楽部
tabi_20191109-e2fe2132d0e1ae10d97a8319a4f2c9691e59db5b.jpg
©一条ゆかり/集英社

tabi_20191109-4de440be2ffad8e3fa7aa1e2e176b18122085336.jpg
©一条ゆかり/集英社


さくらももこ先生
ちびまる子ちゃん
tabi_20191109-e379f5b2e4894915187e8c75bae9e49d04bcf583.jpg
©さくらプロダクション

tabi_20191109-f19b19b55ab876a2aa42ae5766187d2f1d683ba9.jpg
©さくらプロダクション


マンガはアニメよりもシュール度アップです(笑)

なかなかマンガの原画、カラー原画を
こんな近距離で見れることなんてないので、
とっても貴重なチャンスです!!

セリフの下書きなんかもチラッと見えてたり...

彩花みん先生
赤ずきんチャチャ
tabi_20191109-cbff1357f062df90459da11ae563156960ac1095.jpg
©彩花みん/集英社


このカラー原画、バックはポスターカラーで
塗られてたみたいですよ!!(°д°)


椎名あゆみ
ベイビィ★LOVE
tabi_20191109-887242a24db5453a2020f6e2d733ba806e93c520.jpg
©椎名あゆみ/集英社


当時の乙女心を思い出しながら楽しみつつ、
大人になったからこそ気付く新たな発見なんかもあり、
ずっと見てたくなるような内容となっています!


さて、私が1番興味深かったのが、
長く続いてるマンガあるあるなんですが...

登場キャラクターのフォルムの変化なんですね。

アニメ化もされ、私も観ていて大好きでした
水沢めぐみ先生の姫ちゃんのリボン
tabi_20191109-3acc2f4c1e09f01f74dba4ed5c699989b2d30199.jpg
©水沢めぐみ/集英社


このストーリーの中で出てくる、
可愛らしいライオンのぬいぐるみである
ポコ太
tabi_20191109-4f76d26c1143f2aeac85e06de1c4ff40c5b3b639.jpg
©水沢めぐみ/集英社
tabi_20191109-17f15de23b297d93659b8782f3357a9b11f36252.jpg
©水沢めぐみ/集英社


とても丸っこく、コロンとしたフォルムなんですが...
第1話ではこんなフォルムだったんです↓↓↓
tabi_20191109-3dbf31ac48c14ea8ee0e03fe9329b33372f346e3.jpg
©水沢めぐみ/集英社

シュッとしてる!!!!!!笑
ポコ太がシュッとしてる笑笑

水沢めぐみ先生自身も、これ誰?って感じですが...と
コメントあります笑

回を重ねる毎に、丸みを帯びた可愛いフォルムに変化していったんですね。

そんな発見をしてキャッキャウフフと楽しめるのも、
このりぼん展ならではなのかもしれませんね。


その他にも、当時のふろくコーナーがあったり、
先生へのインタビュー映像も流れていて、
作品の秘話も語られたりしていますよ。
tabi_20191109-dc7c7151a60dbad691a8aaaa002ff340a2a6c1f8.jpg
「特別展 りぼん」ふろくファンルーム


物販コーナーでは、限定アイテムや
複製原稿などが販売されています!!

tabi_20191109-aca309cdd285bcb15a36924d3cb299b5592d1d48.jpg
「特別展 りぼん」特設ショップ


りぼんっ子な皆さんも、そうでない方も
年齢問わず幅広く楽しんでもらえると思います!

この機会に、ぜひ行ってみてください♪


特別展 りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号

11月10日(日)まで
京都高島屋 7階 グランドホールで開催中。
入場時間:午前10時から午後7時30分(最終日は4時30分)
当日券/一般1000円、大学・高校生800円、中学生以下無料