HOME » ニュース

ニュース NEWS

護岸工事中のショベルカー倒れ 男性作業員死亡

きょう午前、京都市左京区の八瀬で護岸工事中のショベルカーが倒れ、誘導作業をしていた男性作業員が下敷きになり死亡しました。きょう午前、11時まえ京都市左京区八瀬秋元町の高野川の河川敷で護岸工事を行っていたショベルカーが、重さおよそ1tの土嚢を持ち上げ河川敷から川の中に降ろす作業をしていたところバランスを崩し河川内に転落しました。この事故で、作業をしていた4人のうち河川内で、誘導作業をしていた大阪市平野区の古川克彦さん(47歳)が土嚢の下敷きになり、病院に運ばれましたが、4時間半後に死亡しました。ショベルカーは重さおよそ8tあり操縦していたオペレーターもけがをしたということです。警察では、事故の原因を詳しく調べています。

日時: 2019年2月20日 18:00

JAXAからの出題に高校生が挑戦

京都市教育委員会とJAXA=宇宙航空研究開発機構が協力した学習プロジェクトの発表会がきょう京都市伏見区の京都工学院高校で開かれました。京都市教育委員会とJAXAは2016年に協定を結び京都工学院高校で1年生向けに宇宙航空をテーマにした課題の解決策を考える授業「プロジェクトZERO」を行っています。生徒は4人から6人のグループに分かれ半年間、JAXAから出された課題に対する解決策を考えてきました。きょうの発表会では「宇宙でエネルギーを作成・供給せよ」という課題に液状の太陽電池を宇宙ステーションに塗るアイデアや「宇宙旅行の拠点として宇宙ステーションをデザインせよ」という課題には回転して重力をつくるタイプや宇宙の景色を楽しむためのユニークな形のステーションが提案されました。出席したJAXAの研究員や大学の研究者からは無重力空間での工事などについて質問が飛び、高校生も懸命に答えていました。京都工学院高校では2年生以降も地域の課題などを扱う解決型の学習を続けるとしています。

日時: 2019年2月20日 18:00

老舗料亭レシピ公開「京の味ごちそう展」

京都の料亭や人気店が一堂に集う食の催し「京の味ごちそう展」がきょうから京都市下京区の京都高島屋で始まりました。これは、京都の食文化を多くの人に広め伝えようと、京都料理組合などが1957年から毎年この時期に行っていてことしで63回目です。会場には、老舗料亭の料理が展示されているほか弁当や和洋菓子、京の地酒などの即売コーナーが設けられています。このうちことし初めて企画された後世に伝えたい『日本のおかず』コーナーでは、中村楼や菊乃井など京都の老舗料亭11店舗が参加し、手軽に家庭で楽しめるように老舗料亭のおばんざいがレシピ付きで販売されています。「京の味ごちそう展」は今月26日まで行われています。

日時: 2019年2月20日 15:30

特殊詐欺の被害を電話で食い止める

特殊詐欺の被害を電話で食い止めようと京都府警はきょう高齢者に防犯対策機能付きの電話機を贈呈しました。防犯対策機能付きの電話機をプレゼントされたのは京都府警が去年9月に作成した特殊詐欺被害防止クイズに当選した府内の高齢者2人です。防犯対策機能付きの電話機は、非通知の電話を繋げない設定が出来るほか電話をかけた相手に「通話内容を録音します。」という警告メッセージを流し通話を録音、犯人の声を証拠として残すことができます。去年1年間の府内の特殊詐欺認知件数は257件で被害総額は5億7610万円です。京都府警によりますと防犯機能付き電話機を活用している家庭では特殊詐欺被害が1件もなく犯罪の予兆電話や迷惑電話なども少ないということで特殊詐欺の入り口となりやすい電話から防犯意識を高め被害の発生を防ぎたいとしています。

日時: 2019年2月20日 12:00

4月の「京おどり」舞台撮影

京都の春を華やかに彩る「京おどり」に向けた舞台写真の撮影がきょう、宮川町歌舞練場で行われました。きょうは、朝から集まった芸舞妓さんが身支度を整えると、楽屋は華やかな雰囲気に包まれました。続いて、パンフレットに掲載する舞台写真の撮影が行われ、宮川町の芸舞妓さんはあでやかな衣装を身にまとい、演目ごとに舞台上でポーズをとっていきました。70回目を迎える今年の京おどりは「夢叶京人形」と題し、全八景で舞妓24人を含む総勢58人が華麗に舞い上げます。前半は世界中で人気の児童小説「不思議の国のアリス」をベースに歌舞伎舞踊の「京人形」の面白さを取り入れた作品で、後半には、70回目にして初めて取り入れられた「宮川手打唄」、最後は「宮川音頭」で芸舞妓らが総踊りでフィナーレを迎えます。「京おどり」は4月1日から16日まで、東山区の宮川町歌舞練場で行われます。

日時: 2019年2月20日 12:00

本庶特別教授に京都市名誉市民

きょう午後、京都市からは本庶さんに京都市名誉市民の称号が贈られ、市会議場で表彰式が行われました。大きな拍手で出迎えを受けた本庶さんに門川市長から表彰状やメダル、それに記念の盾が手渡されました。京都市の名誉市民表彰は福祉や学術、技芸などで社会に貢献した京都にゆかりの人物を称えるもので、これまでに湯川秀樹さんや山中伸弥さんら51人に贈られ、本庶さんで52人目となりました。式のあと行われた懇談会で本庶さんはノーベル賞のメダルと賞状を披露し、「賞状は手書きで書かれている」などと笑顔で説明していました。本庶さんは「今後も研究を続け若い人の役に立つようなことをしたい」と意気込みを述べました。

日時: 2019年2月19日 18:00

元京都銀行頭取 故・秋元満氏「お別れの会」

先月5日、91歳で亡くなった元京都銀行頭取の秋元満さんのお別れの会がきょう、京都市内で行われました。京都市内のホテルで開かれたお別れの会にはおよそ1,100人が訪れ、参列者らは次々と祭壇に花を手向け、故人を偲びました。滋賀県出身の秋元満さんは、同志社大学経済学部卒業後、1953年に京都銀行に入行。1994年から4年間頭取を務め、金融の自由化と金融システム改革が進展する中、経営体質の一層の強化や業績の向上に尽力しました。頭取退任後は、会長、相談役に就任。また、1998年から1期3年、京都商工会議所副会頭を務め、京都経済の発展に尽力しました。

日時: 2019年2月19日 18:00

政治資金で奉仕団体会費 立民福山幹事長

立憲民主党の福山哲郎幹事長が、「ライオンズクラブ」などの奉仕団体に政治資金から会費として合わせておよそ49万円を支払っていたことが、政治資金収支報告書で分かりました。ライオンズクラブなどは、会員に対し政治目的の利用を禁止しています。参議院京都選挙区選出の福山氏の資金管理団体は、おととしまでの3年間に、組織活動費として「京都鴨川ライオンズクラブ」におよそ27万円、「京都めいぷるワイズメンズクラブ」におよそ22万円を、それぞれ支払っていました。福山氏の事務所は、20年以上にわたってこれらの団体の会員だとしたうえで、「政治活動をしたことはない。多様な意見を聞くことを目的にしている。法的にも問題ない」と話しています。

日時: 2019年2月19日 18:00