HOME » ニュース

ニュース NEWS

センバツに向け 福知山成美 甲子園練習

今月23日に開幕する選抜高校野球大会に出場する福知山成美高校がきょう、甲子園練習に臨みました。5年ぶり3回目のセンバツ出場となる福知山成美。きょうの甲子園球場は朝からあいにくの空模様で、室内練習場での練習に変更となりましたが、選手らは割り当てられた1時間の練習時間を打撃練習にあて、フリーバッティングで汗を流しました。チームはここまで打撃の強化を重点的に取り組んできたということで、鋭い打球を飛ばしながら本番に向け調整していました。福知山成美は大会4日目の第1試合で、福岡の筑陽学園と対戦します。また、あすは龍谷大平安が甲子園練習に臨みます。

日時: 2019年3月19日 18:00

組長収監の診断書作成事件 元担当医に無罪

暴力団組長の刑務所への収監を巡ってうその診断書を作るなどした罪に問われていた63歳の医師に対し、京都地方裁判所はきょう、無罪の判決を言い渡しました。この事件は、指定暴力団山口組淡海一家の総長高山義友希受刑者(62歳)に関して大阪高等検察庁の検察官からの病状の照会に「心室性不整脈はかなり重篤」などと、虚偽の回答書を提出したとして京都市下京区の武田病院の元勤務医、全栄和被告(63歳)が虚偽診断書作成・同行使の罪に問われていました。これまでの裁判で検察側は、大阪高検の病状照会への回答書提出により、組長の刑の執行が一時停止されたとして「刑事司法の適正な執行に看過できない妨害を生じさせた」と指摘し、禁錮1年6か月を求刑していました。一方、全被告は無罪を主張し、弁護側も「回答書は客観的事実に合致し虚偽はない」と強調していました。きょう、京都地方裁判所で開かれた裁判で齋藤正人裁判長は「回答書の記載内容や捜査段階の供述内容などでは、自己の認識に反して回答書を記載したことを推認させる事情は複数認められる」とした一方で、「医学的・客観的にみて真実に反するというには合理的疑いが残り、記載内容が虚偽であると認めることはできない」として、無罪の判決を言い渡しました。この事件では、京都府立医大病院の前病院長ら2人も虚偽有印公文書作成などの疑いで書類送検されましたが、京都地検はおととし12月、嫌疑不十分で不起訴処分にしています。

日時: 2019年3月19日 18:00

京都府公示地価 全体で4年連続上昇

京都府のことしの公示地価は、全体では4年連続上昇し、商業地は6年連続上昇で全国2位の上げ幅となりました。国土交通省が府内の632地点を対象に行った調査によりますと、府内全体のことしの地価平均変動率は、住宅地が0.8%で、2年連続上昇しました。住宅地で最も高かったのは、京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町が4年連続トップで、1平方メートルあたり60万円でした。商業地は6年連続上昇の9.7%で、沖縄県に続く全国2位の平均変動率を記録し、京都市下京区四条通寺町東入のみずほ銀行四条支店が1平方メートルあたり720万円と37年連続で最高価格となりました。一方、上昇率トップは京都市東山区四条通大和大路東入祇園町北側の豊田愛山堂の43.6%で、また、市区町村別の平均変動率では、東山区の商業地が去年の15.4%から倍増しことしは31.4%で、調査した不動産鑑定士は「インバウンドの影響で全国からの出店意欲が旺盛で、地価上昇に拍車をかけている」と見ています。

日時: 2019年3月19日 18:00

八幡の国道1号 トレーラーと自転車衝突

昨夜、八幡市の国道1号で自転車に乗っていた男性がトレーラーにはねられる事故があり、男性は意識不明の重体です。きのう午後9時半ごろ、八幡市戸津堂田の国道1号で京都市内方面に向かって走っていたトレーラーが自転車と衝突する事故がありました。この事故で、自転車に乗っていた20代から30代くらいの男性が頭などを強く打ち、久御山町内の病院に運ばれましたが意識不明の重体だということです。警察では、トレーラーを運転していた自称大阪府摂津市に住む会社員の永神隆容疑者(55歳)を自動車過失運転致傷の疑いで逮捕しました。現場は片側2車線の直線道路で、警察によりますと、トレーラーは左側の車線を走っていて、トレーラーの左の後輪あたりと自転車が接触したのではないかとみています。警察では、事故の原因など詳しく調べを進めています。

日時: 2019年3月19日 12:00

去年の府内交通事故 死亡者最少52人

去年1年間に府内で発生した交通事故死亡者数は、統計を取り始めた1948年以降過去最少の52人でした。京都府警によりますと、去年1年間の交通事故発生件数は6,142件で、負傷者数は7,258人といずれも14年連続で減少となりました。また、死亡者数は1970年代のピーク時からおよそ7分の1まで減少の52人で統計を取り始めた1948年以降過去最少となり、死亡者数を年齢別にみると、65歳以上が20人で、前の年から半減しました。一方、今月17日現在の今年の交通事故死亡者の概数は15人と、過去最少を記録した前の年の同じ時期に比べ倍以上多く、また来月末からは天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う10連休が始まり、人の出入りや道に不慣れな旅行者の増加が予想されることから、府警では、取り締まりや啓発に力を入れ、交通事故防止に努めるということです。

日時: 2019年3月19日 12:00

強制わいせつ致傷 元京都府警警部補 執行猶予判決

昨年8月、京都市北区の路上で女子高生を引き倒してわいせつな行為を行い、けがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の罪に問われた元京都府警向日町署警部補の男に対し、京都地裁は執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。起訴状などによりますと、東祐馬被告(35歳)は去年8月22日午後10時15分ごろ、京都市北区の路上で、自転車を押しながら歩いていた高校2年の女子生徒に背後から近づき、転倒させて口を手で塞ぎながら、下半身を無理やり触るなどのわいせつな行為をし、右肘や右膝にケガを負わせたとして、強制わいせつ致傷の罪に問われていました。きょうの判決で齋藤正人裁判長は「自分の姿を見られないように近づき強い意志のもとで犯行に及んだのは卑劣で悪質、被害者のケガは軽いとは言え与えた精神的苦痛は大きい」と指摘した一方、「具体的な更生余地が示されている」として東被告に対して懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

日時: 2019年3月18日 18:00

平野神社 早咲きの桃桜見ごろ

京都市北区の平野神社では早咲きの桜「桃桜」が訪れる人の目を楽しませています。桃桜は中国原産で例年3月上旬から淡いピンクの花をつけます。平野神社の境内には60種類およそ400本の桜がありますが去年の台風21号でおよそ20本の桜が被害を受け桃桜は5本のうち2本が折れました。訪れた参拝者らはまもなく見ごろを終える桃桜の姿をカメラに収めるなどしていました。門前にある「魁桜」が開花すると、京都市内は本格的な花見のシーズンを迎えます。

日時: 2019年3月18日 18:00

山科区安祥寺坐像が新たに国宝に指定

京都市山科区にある安祥寺の坐像が新たに国宝に指定されることになりました。これは国の文化審議会がきょう答申したもので、新たに国宝に指定されるのは、京都市山科区の安祥寺が所有する「木造五智如来坐像」です。この坐像は、元々重要文化財に指定されていて、初期密教彫刻の最重要作例の1つであることが高く評価されました。また、絵画や彫刻など7件が新たに重要文化財に指定され、このうち、京都府綾部市の光明寺の「木造金剛力士立像」は国宝に指定されている二王門に安置されていて、鎌倉中期運慶派の特色をよく示していることが評価されたということです。建造物でも登録有形文化財に2件が新たに追加されました。今回の指定で、国宝や重要文化財に指定された府内の美術工芸品は、あわせて1,895件になります。

日時: 2019年3月18日 18:00