HOME » ニュース

ニュース NEWS

新型コロナウイルス対策も 京都市内高校できょう卒業式

感染が拡大する新型コロナウイルスへの対策がとられるなか、京都市内の市立高校で、きょう卒業式が行われました。このうち、京都市南区の京都市立塔南高校では保護者らが見守るなか、3年生の238人が卒業式に臨み、クラスの代表7人が、一人ひとり小野恭裕校長から引き締まった表情で卒業証書を受け取っていました。このあと、小野校長が式辞で新型コロナウイルスや、イギリスのEU離脱などを例に挙げ「世界は変革期にきている。失敗を恐れず、一歩踏み出す勇気をもってほしい」と卒業生にエールを送りました。きょうの卒業式では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため入り口に設置されたほか、当初予定していた在校生37人の出席を生徒会長と副会長の2人に絞りまた、祝辞は読み上げず時間短縮をはかるといった対策がとられました。きょうは、京都市内の9つの市立高校で卒業式が行われ、同様の対応がとられるなか、1656人が卒業しました。

日時: 2020年2月28日 13:00

規格外「京野菜」の活用法探る

店頭に並ぶことなく廃棄されている京野菜が多いことを受け食品ロスを減らすための活用法を提案する発表会がきょう、京都経済センターで行われました。これは、曲がっていたり太さが足りないなどの理由から店頭に並ぶことがない、規格外野菜の活用提案を行い京野菜を有効活用してもらおうと京都府と京都先端科学大学などが開いたもので食品メーカーや農家の人などおよそ50人が集まりました。現在、京野菜の3割から4割が規格外野菜となっていて府は、食品メーカーなどと協力し、規格外京野菜の有効活用を模索してきました。会場には、規格外京野菜を使用したポトフやスープなどの加工食品が並べられていました。京都府などは、今後京野菜のブランド力を維持しつつも規格外京野菜をつかった加工食品を増やしていきたいとしています。

日時: 2020年2月27日 18:00

新型コロナ対策 京都市も時差出勤

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都市はきょうから市長部局の職員について時差出勤を始めました。京都市はきょう正午から新型コロナ対策本部の緊急会議を開きました。きのう、国が感染拡大防止のため、今後2週間に予定される文化やスポーツのイベントについて中止や延期などの対応をするよう方針を示したことを受け、門川市長は来月8日、京都市内で開催予定だった全国車いす駅伝大会について関係団体と協議の上、中止を決定したことを明らかにしました。さらに市が主催するイベントについては改めて開催の必要性を再検討し、開催が妥当だと判断した場合も規模の見直しや体調不良の参加者への注意喚起や消毒液の設置など感染拡大防止に努めるよう呼びかけました。このうち、教育委員会はあすの市立高校の卒業式について在校生や来賓の参加を抑制するほか卒業証書は代表者だけに授与するなど時間短縮の措置を取るよう、各校長に文書で通知したということです。また、会議ではきょうから区役所なども含め市長部局のすべての職員およそ1万人を対象に通勤ラッシュ時間帯を避けて出勤時間をずらす「時差出勤」を導入したことも報告されました。混雑した公共交通利用での感染を予防するためで通常より30分から1時間の早い出勤か遅い出勤を認めるということです。

日時: 2020年2月27日 18:00

京都市内の学校 新型コロナ対策を徹底

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため京都市内の小中学校などではさまざまな対策がとられています。京都市内のすべての小、中学校などでは休み時間に児童らが手洗いやうがいを行い新型コロナウイルスへの感染拡大防止対策が行われています。このうち、中京区の高倉小学校では、休み時間を外で過ごした児童らが丁寧に手洗いやうがいをしていました。また給食前には、全員が手洗いやアルコール消毒を徹底しています。また、京都市教育委員会は、早ければきょうにも市立学校に対し、来月末までに予定されている公共交通機関をつかう遠足などの外部イベントを中止するよう要請することにしています。また、京都市教育委員会は、今月21日付で市内の学校に通達を出し発熱など風邪症状がある場合は学校を休むことを呼びかけていて、欠席扱いではなく忌引き扱いになるということです。一方、京都国立博物館は新型コロナウィルスに対する政府方針を踏まえ、きょうから3月16日まで全館休館することになりました。3月17日以降の予定については今後の状況を踏まえて改めて決定するとしています。

日時: 2020年2月27日 18:00

嵯峨野トロッコ テロ想定訓練

来月1日の営業再開を前に、嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車できょう、テロを想定した訓練が行われました。訓練には、嵯峨野観光鉄道の職員や警察、消防など、およそ100人が参加し、嵯峨駅を発車する直前に車内で爆発が発生したという想定で行われました。爆発後、車掌は通報とともに、乗客の負傷状況を確認したあと、歩行可能な負傷者は、警察や鉄道職員の誘導で避難しました。このあと、現場に駆け付けた救急隊員らによって速やかに負傷者を運び出していました。また、車内では警察の捜索によって不審物が発見され、爆発処理班が駆けつけると、マジックハンドを使って安全に処理していました。嵯峨野トロッコ列車は、来月1日に営業を再開しますが、運行開始のセレモニーは、新型コロナウイルスの影響で中止することが決まっています。

日時: 2020年2月27日 13:00

亀岡レジ袋禁止条例「1年間の移行期間を」

小売店などでのプラスチック製レジ袋の提供を禁止する全国で初めての条例の制定を目指している亀岡市に対しきょう、市内のコンビニ経営者らが制定しても最低でも1年間の移行期間を設けることなどを求める要望書を桂川市長に手渡しました。亀岡市は今月はじまった市議会に有料であってもプラスチック製レジ袋の提供は全面的に禁止する条例案を提出しています。これに対し、きょう、市内のコンビニ経営者3人が亀岡市役所を訪れ、要望書を桂川市長に手渡しました。市内にあるコンビニ20店舗と30人を超える従業員の署名がされた要望書には国がことし7月から全国の小売店にレジ袋の有料化を義務づける方針であることを受け、激しい混乱を招くことが明らかで条例の円滑な運用は困難として最低1年間の周知期間を設け条例案に明記してほしいとしています。また店舗に残ったプラスチック製レジ袋や条例の周知方法など具体策を示すことも求めています。要望書を受け取った桂川市長はことし8月からを目指していたものの条例案には施行時期を盛り込んでいないことなどを説明した上で「事業者が悪いわけではないので苦情や意見を受け付けるホットラインの設置を予定している」と述べました。

日時: 2020年2月26日 18:00

新型コロナで試合中止 サンガ淡々と

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、きのう、サッカーのJリーグが来月15日までのJ1、J2などの全ての公式戦を中止しました。先が見えない中ですが、地元、京都サンガF.C.の選手らはきょうも通常のトレーニングに汗を流しました。Jリーグの決定により、京都サンガF.C.も来月1日に亀岡市の新たなホーム「サンガスタジアムby京セラ」で予定していたV・ファーレン長崎とのホーム開幕戦をはじめ3試合の延期となりました。Jリーグは来月18日からの再開を目指し、開催延期とするものの、代わりの日程は決まっていません。きょう午前、城陽市のサンガタウンでは予定通りチーム練習が行われ、選手は来月18日に開催予定の東京ヴェルディとの対戦に向け、淡々とトレーニングメニューをこなしていました。なお、サンガは、ホームページなどを通じて代わりの試合日やチケットの取り扱いについて、決定次第、発表するとしチケットを捨てずに保管するよう呼びかけています。

日時: 2020年2月26日 18:00

上京で民家火災 ひとり死亡

京都市上京区の民家できょう、火災が発生し、焼け跡からひとりの遺体が発見されました。火災があったのは京都市上京区大宮通一条上る栄町の民家できょう午前11時45分ごろ近隣のマンションの住民から「黒煙が上がっている」と119番通報がありました。消防車両など19台が出動し消火にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが木造民家3階の一部と南隣の家の屋根裏が焼けました。また火元とみられる3階部分で救助隊が性別不明の遺体を発見しました。民家は、3世帯4人暮らしでこのうち文字康之さん(86歳)と連絡が取れなくなっていることから警察は、亡くなったのは康之さんではないかとみて身元の確認を進めています。

日時: 2020年2月26日 18:00