HOME » ニュース

ニュース NEWS

左京のスーパーで女性刺される

きょう午後、京都市左京区高野のスーパーで、パート従業員の女性が刺され、警察は近くに住む40代の男の身柄を確保しました。きょう午後2時すぎ、京都市左京区のスーパー「イズミヤ高野店」で、パートの女性従業員が男に刺されたと110番通報がありました。警察や消防によりますと35歳の女性従業員が背中や首の後ろなどあわせて7か所刺され、市内の病院に搬送されましたが聞かれた自分の名前を答えるなど意識はしっかりしていたということです。従業員が刺されたのは店舗1階の食料品売り場のレジ付近で男は上下灰色の服に野球帽をかぶり、マスクをしていました。警察は午後3時過ぎに左京区内の集合住宅で従業員を刺して逃走したとみられる40代の男の身柄を確保しました。警察によりますと男は血のついた服を着て、部屋には血のついた包丁も置かれ調べに対して、事件への関与をほのめかす話をしているということです。男が従業員と面識があったかなどは分かっておらず、警察はさらに詳しい捜査を続けるとしています。事件を受け、京都市教育委員会は一時、男が逃走していたことから近くの小中学校に対して児童生徒を外出させないようになどの指示を出したということです。

日時: 2018年11月16日 18:00

向日町競輪場にBMX練習施設

自転車競技のひとつBMXの練習施設が来月、向日町競輪場内に作られることが発表されました。これは、京都府の西脇知事がきょうの定例会見で明らかにしたものです。BMXは専用の自転車を使い障害コースを駆け抜ける速さやジャンプなどの技術を競うもので、一部の競技は2020年の東京オリンピック正式種目になっています。来月9日、向日町競輪場内にオープンする「サイクルパーク京都」はジャンプ台や波形のボードを備え付けた3つのコースを整備します。こどもから上級者までの練習に対応し土曜・日曜・祝日に実費500円程度で利用できるとしています。府によりますと競輪場内にBMXの練習施設が作られるのは全国で初めていうことで西脇知事は「競技人口の増加につながれば」と期待を寄せました。

日時: 2018年11月16日 18:00

恵美須神社で火焚祭

京都市東山区の恵美須神社できょう、秋の収穫と寒い冬に向け「火」に感謝する火焚祭が営まれました。恵美須神社の火焚祭は、五穀豊穣を祈る新嘗祭と鍛冶屋や鋳物師が火力を強めるために使う道具「ふいご」を清め火の恩恵に感謝する「ふいごの祭り」が合わさった祭りと言われています。境内では、氏子や参拝者らが名前を書いた「片木」を火床に入れ勢いよく焚き上げます。また拝殿前ではグラグラと大釜で煮た湯を神職が両手に持った笹で右に左に勢い良く飛ばします。この湯立神楽の湯を浴びると無病息災のご利益を受けると伝えられます。火床には、みかんも入れられ風邪除けとして、参拝者に振舞われたほか大人には、ことしの新米で造られたにごり酒も配られ 訪れた人は収穫や火の恵みに感謝していました。

日時: 2018年11月16日 18:00

ヘリ活用し違反トラック取締り

ヘリコプターを使い、積載量を超えているトラックの取り締まりがきのう京都府内で行われました。これは定められた基準を超える荷物を積んだ「過積載」の大型トラックがないかと一定の大きさや重さを超える特殊車両の通行許可証を持っているかなどを調べるためにきのう、国土交通省と警察が合同で府内25か所一斉に行ったものです。このうち、京都府大山崎町にある大山崎車両計量所では、ヘリコプターを使って空陸一体で取り締まりを行い、トラックの重さを計測したり、許可証を持っているかなどを確認しました。京都府警によりますと、ことしの過積載による検挙件数は先月末時点で232件あり、きのう取り締まったなかには、積載量の2倍以上積んでいるトラックもありました。

日時: 2018年11月16日 15:30

中学生が高齢者介護学ぶ

少子高齢化が進むなか、若手介護職員が中学生に高齢者との関わり方を伝える授業がきょう、京都市内で行われました。去年、中学校学習指導要領の技術・家庭科分野の中に、「介護など高齢者との関わり方」が追加されたことを受け、京都市で、初めて研究授業として行われたものです。京都市立上京中学には、京都市老人福祉協議会の若手職員が講師に招かれ、2年生を対象に仕事の体験談や魅力について話しました。このあと生徒は白内障の疑似体験をしたり介助方法を指導されるなどして高齢者との関わりを学んでいました。京都市は、今後、高齢者介護の授業を全市の中学校に広げていく方針です。

日時: 2018年11月16日 12:00

選挙啓発ポスター展

選挙への関心を高め投票を呼びかけるポスターと標語の作品展がきょうから京都市上京区の京都府庁ではじまりました。作品展は京都府選挙管理委員会などが毎年開いているものでことしは府内各地の小学校から高校までの児童生徒を中心にポスター2,055点、標語1,825点の応募がありました。京都府庁には審査会を経て、特別賞に輝いたポスター20点と標語4点の優秀作品が展示されています。このうち、文部科学大臣・総務大臣賞に選ばれたのは京丹後市立豊栄小学校2年の宇野りんかさんの作品で笑顔で投票に行く様子を描いたものです。このほか、妊婦や高齢者など様々な人の一票の大切さを訴える作品や18歳の選挙デビューを表す高校生の作品など思いが込められた一枚が並びます。また、標語では「この一票 めっちゃ大事に しなあかん」と力強く関西弁でアピールするものもあります。選挙啓発のポスター、標語展は、今月20日まで京都府庁第2号館1階で開かれています。

日時: 2018年11月16日 12:00

最新鋭の物流拠点が京田辺に完成

物流不動産大手のプロロジスが手掛ける新たな物流拠点が、このほど京都府京田辺市に完成しました。総事業費およそ350億円をかけて新たに完成したマルチテナント型の物流拠点「プロロジスパーク京田辺」は、地上6階建て、延べ床面積およそ16万平方メートルの施設で、1階と2階の一部は、食品関連企業の需要を見据え冷凍冷蔵に対応した断熱構造となっていて、入居を希望する企業の工事の負担を軽減し、イニシャルコストの削減につなげるのが狙いです。この拠点は、整備が進む新名神高速道路の八幡京田辺ジャンクションと第2京阪道路の京田辺松井インターチェンジからおよそ300mに位置し、複数の幹線道路へのアクセスに優れ、西日本全域の広域配送拠点として期待されていて、すでに物流会社の丸紅ロジスティクスなど3社が入居を決めています。

日時: 2018年11月15日 18:00

女子高生に体液かける 府教委職員を逮捕

先月、京都市上京区の地下鉄駅にある階段で女子高校生に自分の体液をかけたとして京都府教育委員会の職員が暴行などの疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、京都府教育委員会学校教育課指導主事の平田匡嘉容疑者(50歳)です。警察によりますと平田容疑者は先月19日、京都市上京区にある市営地下鉄の駅の階段で歩いていた18歳の女子高生の服やリュックサックに自分の体液をかけたとして暴行や器物損壊の疑いが持たれています。自分の足に何かがかかったのに気づいた女子高生が、近くにいた平田容疑者に声をかけたということです。警察の調べに対して平田容疑者は容疑を否認しているということです。京都府教育委員会によりますと平田容疑者は進路指導、教育課程などを担当していて、事件当時も出勤日だったということです。京都府教育委員会は「状況を確認してしかるべき対応をしたい」とコメントしています。

日時: 2018年11月15日 18:00