HOME » ニュース

ニュース NEWS

水道水ができるまで 浄水場見学会

京都市左京区の松ケ崎浄水場で水道水が作られる仕組みなどを見学するイベントがきょう開かれました。見学会は水道水を安心して飲んでもらおうと松ケ崎浄水場が毎年この時期に企画しているものです。昭和2年=1927年に完成した松ケ崎浄水場は山間部を除く市内の北部地域に水道水を供給しています。きょうは場内の見学ツアーや体験コーナーなど様々な催しが行われ、このうち地下にある施設の見学ツアーでは、大きな送水ポンプがずらりと並ぶ光景に驚きの声が...。このポンプは水道水を供給するための高台の池に水を送り出すもので、普段は見学することのできない設備のため、見学に訪れた人たちは職員の説明を熱心に聞いていました。また琵琶湖から疏水を流れて浄水場に入ってくる水を顕微鏡で見てプランクトンを観察するコーナーも設けられ、子どもたちの注目を集めていました。

日時: 2019年9月16日 12:00

特殊詐欺被害減少 府警まとめ

振り込め詐欺などの特殊詐欺による被害が京都府内で大幅に減少していることが分かりました。京都府警がことし1月から7月末までの特殊詐欺などの被害状況をまとめた結果、被害の認知件数は90件で、前の年の同じ時期に比べて72件減少したことが分かりました。被害総額はおよそ4億2,700万円だった前の年の同じ時期に比べて減り、およそ1億5,200万円でした。警察や銀行員などを装いキャッシュカードを手渡しで騙し取る手口がおよそ半分を占めているということですが、警察と金融機関などによる被害防止にむけた連携が進んでおり被害件数は減少しています。警察では、今後も引き続き、防犯教室を開くなど啓発活動に取り組む方針です。

日時: 2019年9月16日 12:00

三条駅で大学生らがパフォーマンス披露

京都市東山区にある京阪電車の三条駅で、大学生が様々なパフォーマンスを披露しました。「サークルステーションIN三条」は京阪ホールディングスが地元の大学と連携し地域の活性化をめざす取り組みとして3年前から行っているものです。京都市東山区の三条駅改札前には特設ステージが設けられ、きのうの同志社大学に引き続き、きょうは龍谷大学の学生がパフォーマンスを披露しました。このうちマジックとジャグリングサークルの学生は、やや緊張を見せながらも複数のボールや棒を操るジャグリングをみせ懸命に繰り出される技に会場からは大きな拍手が送られていました。また来月開かれる全日本吹奏楽コンクールを控えた吹奏楽部の部員らはアンサンブルの演奏を披露し通りがかった駅の利用者らは立ち止まって日頃の練習の成果に聞き入っていました。

日時: 2019年9月15日 18:00

堀川通りで交流を 「木陰まつり」

京都市にある幹線道路のひとつ堀川通りでワークショップやカフェが集う交流イベント「堀川木陰まつり」がきょう行われました。これは堀川通の主に中京区を通る区間で緑化活動などに取り組む地元の有志団体「堀川みどりのまちづくり会」が街路樹が少ない堀川通に木陰を作り、市民にゆっくりと過ごせる空間を提供しようと毎年企画しているものです。きょう午後、市立堀川高校前の歩道にはパンや菓子などを販売するブースやワークショップ、それにカフェなどが並びました。このうちワークショップのブースでは竹を使った水鉄砲作りが行われ、訪れた人はスタッフの説明を受けながら手作りの水鉄砲を作り上げていました。きょうの京都市内は最高気温33.1℃の真夏日となりましたが訪れた人は日陰での買い物や交流を楽しんでいました。主催者では今後も、緑化活動を通して地域の賑わい作りを進めていきたいとしています。

日時: 2019年9月15日 18:00

京大の研究者と語り合う「アカデミックデイ」

研究者との対話を通じて、京都大学で行われている最新の学術研究を学べる催しがきょう行われました。「京都大学アカデミックデイ」は京都大学で行われている多彩な分野の学術研究について、広く市民に関心を持ってもらおうと毎年開かれています。会場には50の研究テーマを説明したパネルが並び、研究者ら本人が来場者らと直接対話をしながら研究成果を披露しました。このうち、マイクロプラスチックについて研究している田中周平准教授は数十年前のプラスチックごみが今でも大量に海に残っているなど深刻な現状と環境への影響を分かりやすく説明していました。会場には、公募に応じた関西の高校生が研究を紹介するパネルも置かれ高校生らが丁寧に解説していました。このほかお茶の間気分で研究にまつわる話を聞けるコーナーもあり訪れた人たちは研究者と交流するひとときを過ごしました。

日時: 2019年9月15日 18:00

世界遺産下鴨糺の森で音楽を楽しむイベント

京都市左京区にある世界遺産糺の森で音楽を楽しむイベントが下鴨神社の境内、河合神社できょう、行われました。このイベントは、世界遺産である「糺の森」の保全活動への関心を高め、森の魅力を多くの人に知ってもらおうと「糺の森財団」が2010年から毎年、春と秋に開いているものです。世界遺産の下鴨神社境内にある河合神社の舞殿では、午後2時からテノール歌手の山本欽也さんとソプラノ歌手の林祥子さん、そして、ピアニストの藤本さえ子さんの3人による音楽コンサートが始まりました。境内には、雄々しいテノールと高音で美しいソプラノの歌声がハーモニーとなって響きわたり、訪れた人たちは歌のリズムに合わせて体を揺らし聞き入ってしました。

日時: 2019年9月14日 18:00

京都市立堀川高校「探究基礎」研究発表会

京都市中京区の京都市立堀川高校の生徒たちが、きょう、それぞれが決めた研究テーマの成果を発表する取り組みが行われました。きょうの発表会では、堀川高校に通う2年生全員が日頃研究してきた成果の中間発表を行いました。会場には、2年生244人の一人ひとりの発表用ポスターがずらりと並び、「高校生のSNS利用と承認欲求の関係性」や「タピオカの食感維持の添加物評価」など、文系、理系問わず様々なテーマを発表し合いました。堀川高校は、2002年から文部科学省に先進的な理数教育を実施する高校=スーパーサイエンスハイスクールに指定されていて、「相手の考えを理解し、自分の考え方を発展させること」を目的に探究活動を行う総合的な学習の時間「探究基礎」を設置しています。発表会では、堀川高校の生徒のほか、他校の生徒や教育関係者など多くの人が会場を訪れ、興味を持った人のブースに集まっては発表に耳を傾け、疑問に思ったことを質問したり、意見を交わしたりするなど充実した時間を過ごしていました。  

日時: 2019年9月14日 18:00

河原町オーパ内 日本初女性若者向けスタジオオープン

京都市中京区の河原町オーパ内に日本で初めてとなる女性若者向けのスタジオがきょう、オープンしました。河原町オーパ6階にオープンしたのは、地域特化型インフルエンサースタジオ「パレル」で、きょうはオープンを記念してセレモニーが行われ、主催者らがテープカットでオープンを祝いました。日本初となるスタジオ「パレル」はSNS投稿用に特化したスタジオで、Wi-Fiやコンセントなども完備されているほか、カラフルな内装の中で本格的な撮影機材を使って動画撮影やライブ配信などを行うことができます。また、協賛企業が提供する化粧品やヘアアイロンなども使用することができ、企業からの広告費で運営されるため利用料は全て無料だということです。主催者は今後、10代から20代の女性を中心に多くの人が利用できる京都の新たなランドマークを目指すということです。

日時: 2019年9月14日 18:00