海平和のエッセイ - ふわり、和のこころ

☆楽町楽家☆町屋の魅力♪

6月3日まで行われていた楽町楽家12

これは実際に住まれている京都市内各所40件近くの町家のオープンハウスをはじめ

暮らしに関わるワークショップ、道具市など様々なイベントを盛りだくさんのイベントで

趣きの異なる町家の空間から町家の美しさや多様性を感じ取って、

その町家の居住者さんとの交流や、暮らしぶりに触れることで、より強い関心をもてるようになるものなんです

IMG_2336.jpg

そこに参加されている町屋2つにラジオカーでお邪魔してきました!

楽町楽家は今年は終わってしまいましたが

これからでも伺える二つの町屋でしたので紹介させて頂きますね。

 

 

①今原町屋 文化悠楽の間

(上京区堀川下長者町一筋西入ル上ル)

 

築80余年の典型的な表屋造りの町屋がほとんどどのまま残されています。

組みひも職人のお住まいだったようです。

水琴窟の音、粋ですてきでした♡

お庭で四季を感じながら、暮らす喜び、確かに感じることができます。

こちら、毎週金曜日にオープンハウスを兼ねて

ランチ営業されています。

ゆったり流れる時間の中で、澄んだ空気の中で

お食事をお楽しみください。

 

②三吉坊 釜座サロン

(釜座通丸田町下ル)

 IMG_4210.jpg

細い路地を入っていくと

この格子戸の扉があらわれます。

IMG_3743.jpg

中に入ると、なんともモダンな雰囲気。

革張りの重厚感のあるソファーの前のテーブルには

数々の陶器。

今からおかずが載せられるかのようにおかれています。

IMG_9045.jpg

ここは実はカフェになっているのですが

マスターは陶芸家。

だからたくさんの陶芸作品が並べられているのです。

ギャラリーカフェ、なのですが使い方も一緒に提案したいとのことで

きっちり並べられているのではなく

実際にお花が活けられていたりと

すごく気軽な雰囲気です。

実際にカフェメニューも、手作りの陶器で出されます。

IMG_1222.jpg

たとえ、同じコーヒーでも

入れ物によって、人は感じ方が全く違うものですよね。

すごくおいしいコーヒーで、あたたかさも感じました。

ミルクの入れ物もかわいいですよね。

カウンターで、豆から挽いてくださるコーヒーの香ばしいいい香りが漂います。

_MG_0443.jpg

バニラアイスに濃い目に入れたコーヒーをかける

釜座アッフォガード最高においしかったです♡

人が人らしく生活するというテーマを持たれているという

陶芸家でマスターのさとしさん。

こういった町屋で暮らすことで研ぎ澄まされる感性があるとおっしゃっていました。

確かにどんどん便利なものが増えてきて、それに比べると町屋での暮らしは

便利なものではないかもしれない。

でも、それが人の心をさぼらせないのだと。

 

あー、便利の反対は決して不便ではない。

どちらにもいいところはあって、

そこでしか得られないものがたくさんあるんだなぁと心から感じました。

 

陶芸教室も行われていますのでぜひ♡

IMG_2458.jpg

プロフィール

海平和(うみひら なごみ)
入社年度:2010年

もっと成長したい。アナウンサーとして1人の人間として日々挑戦していきたい。そんな海平和が一瞬一瞬の思いを感じるままに綴ります。大切にしたいのは、つながり思いやり。ふわりとやわらかく皆様の心に溶け込んで信頼されるよう、私から心を開いていかなくては…。そして知って頂きたい。京都のちょっといい情報や私、和が出会ったちょっといい話を伝えていければいいなと思います。

担当番組

テレビ

ラジオ

  • 栢木寛照 熱血説法 こころのラジオ
  • なごみのはんなり京めぐり

アーカイブ

最新のエントリー

月別アーカイブ