山鉾巡行

祇園祭山鉾

長刀鉾(なぎなたほこ)


俗に「籤取らずの長刀鉾」という通り、この鉾は17日の巡行に毎年先頭を承って、三条小鍛治宗近が鍛という長刀を竿頭高くかざして疾病邪悪を攘いながら厳然と進みますが、刀先は決して御所と八坂神社の方には向かないように注意しています。この鉾にのみ五位の位を授かった稚児が正面に乗って巡行します。(四条通東洞院西入)

ページのトップへ