今回の夢追人は、京都府与謝野町の杉本源之進さん。滋賀県竜王町のオリベイラさんご夫妻を訪ねました。(リポーター:稲富菜穂)

【京都編】

京都編

最近、かわいい赤ちゃんが産まれた♡と聞いて、与謝野町にやって来たぜベイベ〜

京都編

出迎えてくださったのは杉本源之進さん、路子さんご夫妻。ん?赤ちゃんってお孫さん?ひ孫ちゃんかな??

京都編

どうぞこちらへ。ん?なんか泣き声・・いや、鳴き声が聞こえる。モ〜〜??

京都編

て、子牛ちゃんだったのね♡こんにちは赤ちゃん♪

京都編

源之進さんのお家は「繁殖経営」の農家さん。田んぼや畑をやりながら和牛の親牛を4頭飼っていて、産まれた子牛を育てています。

京都編

この子の名前は源之進さんの一字をとって「進くん」。
産まれて50日でモウこの大きさ!お乳だけじゃなく、干し草などのエサも食べます。でも、上手にあげないとなかなかゴハンが進みません。子牛のエサやりってたいへんなんですね...。

京都編

それはそうと、源之進さんの家には母牛と子牛だけで、お父さん牛が見当たりません。そのナゾはJA京都の俣野さんが教えてくれました。

京都編

和牛の繁殖は、こんな風にストローに入った父牛の精液を母牛に入れて人工授精するんだそうです。

京都編

ちなみにこれは和牛の登録証。1頭1頭、指紋のように「鼻紋」をとって管理しています。名前はオスは漢字、メスはひら仮名、がルールだそうですよ。

京都編

昔はたくさんの家に農耕牛がいたなあ、と懐かしむ路子さん。子牛は我が子のようなもの、という源之進さん 。まだまだお元気でモウっとモウっと元気な子牛を育ててくださいね...!

京都編

取材にご協力いただいたJAの皆さんもありがとうございました...!
「地域の肉用繁殖牛の発展に貢献した」と京都府の「農の匠」に認定された源之進さんの夢は・・・
「健康であれば1日でも長く夫婦2人で協力しながら繁殖をやっていけたら、という感じです」

【滋賀編】

滋賀編

ブラジル人夫婦のイチゴ園があると聞いて竜王町にやって来た稲富リポーター。
「ブラジルの人、聞こえますか〜〜」
いや、地球の裏側に呼びかけなくても、この辺りにいますから。

滋賀編

ありました、高野いちご園♪

滋賀編

おられました、オリベイラご夫妻♪奥さんのキミエさんは日系ブラジル人。ご主人のシラスさんと20年前に来日したそうです。それにしても、さりげなく肩に置いた手が...アツアツですね♡うらましい〜

滋賀編

ハウスのイチゴはロケの頃はまだこんな感じでしたが・・

滋賀編

年が明ける頃にはこんな風になります♪

滋賀編

おいしいイチゴに育てるため、茎を減らして「間引き」をします。
って、言ってるそばでも肩に手が...♡

滋賀編

そもそもどうしてブラジル人のご夫婦が竜王町でイチゴ園をやっているのか?カギを握るのがこちらの高野さんご夫妻。

滋賀編

日本に来て工場で働いていたオリベイラさんご夫妻。ある日、教会帰りに梨を買いに来たシラスさんが、ばったり出会ったのが高野さんの奥さん。
売り物にならない野菜をもらったりしているうちに2組の夫婦は仲良しになります。

滋賀編

日本の農業に興味を持ったキミエさんは、夜は工場で働きながら昼間は高野さんの農園を手伝うようになります。10年間、ひたむきにイチゴづくりを学んだキミエさんの姿に「この人たちなら大丈夫や」後継者のいなかった高野さんはイチゴ園を2人に託すことに決めました。
偶然の出会いから始まったストーリー。まさにイチゴイチエ(一期一会)ですね...!

滋賀編

周囲の信頼も得て、外国籍の女性経営者としては近畿初となる日本政策金融公庫の就農資金の融資を受けたキミエさん。農業経営者としてのスタートをきり、ハウスも増設しました。
ピッカピカのきれいなハウス。観光イチゴ狩りも出来ますよ☆

滋賀編

一生懸命さと明るい人柄でご近所の農家さんたちの間でもすっかり人気者です♪
取材の日もたくさんの人が集まってくれました。オブリガード!

滋賀編

春には東京の大学を卒業する息子さんもいっしょに農園を手伝ってくれるそうです。
「力仕事はたいへんだけどイチゴづくりは楽しい」と笑顔のオリベイラさんご夫婦の夢は・・・
「イチゴのブランドをつくりたい(キミエさん)」「外国の果物をつくってみたい。夫婦2人の農園が息子に続いていくのが夢です(シラスさん)」

今月のプレゼント >>たくさんのご応募、ご意見・ご感想ありがとうございます!

201712_present_k.jpg 201712_present_s.jpg

※写真はイメージです。

京野菜セットを2名様、高野いちご園のイチゴ1箱を5名様にプレゼント。
住所・氏名・年齢・番組へのご意見、ご感想をお書き添えの上、ハガキまたはこのHPの「プレゼント応募フォーム」でご応募ください。

〒602-8588 KBS京都「夢追人」プレゼント係

※〆切りは12月16日(土)必着 当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます