京都紅葉中継2018 ~明治浪漫あふれる秋の夕べ~

撮影:相模友士郎

2018年1125日 (日)
19:00~20:55

12月1日(土) 1日限定・合計100名様 廣誠院特別公開のご案内

番組で紹介しました廣誠院の特別公開に100名様をご案内いたします。明治の実業家・伊集院兼常(いじゅういん・かねつね)がつくり上げた美しい庭園と建築を当主の解説とともにお楽しみいただけます。 普段は非公開の京都市指定文化財です。この機会にぜひご応募ください。

日時:2018年12月1日(土) 10:00~ / 13:00~ / 15:00~ (3部)

廣誠院
廣誠院
廣誠院
廣誠院

※応募受付は終了しました。

  • 応募受付は11月27日(火) 23:59まで。
  • 応募多数の場合は抽選となります。当選者の方には後日番組スタッフから連絡差し上げます。
  • 拝観料(1,500円)ならびに現地までの交通費はご負担ください。
  • ご記入いただいた個人情報は、当選者の抽選・連絡のために使用し、その他の目的には一切使用いたしません。

春の桜と並び多くの人々を魅了する、京都・秋の紅葉。

明治元年150年の本年のテーマは“明治”。

東京遷都で“千年の都”の地位を失い衰退の危機に瀕するが、明治の一大プロジェクト・琵琶湖疏水建設を見事に成し遂げ、文化・芸術においても、新たな花を咲かせた時代でもあった。

そんな激動の明治から実に150回目の秋を迎えた、京都。

今回は、明治偉人ゆかりの紅葉スポットを紹介するほか、世界遺産・二条城や旧三井家下鴨別邸から生中継も実施。明治の先人たちがつくり上げた京都・岡崎の地を舞台に艶やかに色付いた紅葉とゲストの華麗な競演をおとどけ!

出演者

知花くらら

私は、南国の沖縄で生まれ育ちました。歴史や文化が地層のように積み重なってきた、京都の街並みや文化にはずっと憧れがありました。今回 、京都の紅葉を間近で感じられる機会を頂きとても楽しみにしております。移りゆく自然の美しさを目に焼き付けたいと思います。

知花くらら

モデル・女優

多数の女性ファッション誌でモデルを務める他、TV・ラジオ・CMに出演。また、国連WFP日本大使としてアフリカやアジアなど食糧難の地域への現地視察を行い、日本国内で積極的に現地の声を伝える活動を行っている。30ヶ国以上の海外への旅で得た経験、高い社会性と知性、また女性からの強い支持を受けている自然体な内面性・ファッション面、語学力を活かし国内外で活躍中。

芹洋子

関西出身の私にとって京都は大好きな街です。特に紅葉が色付く季節の京都は『古の街』のイメージが濃くなりますね。今回紅葉に色付く京都で皆さんと一緒に歌えるのを楽しみにしています。もちろん、テレビの前の皆さんも一緒に歌って下さいね。

芹洋子

歌手

清潔感のあるホームソングの歌い手として現在も人気が高い。1969年に『野に咲くバラのように』でメジャーデビュー。テレビなど幅広く活躍し、1974年には、北海道のローカル線をモデルにした『愛の国から幸福へ』がヒット。以降『四季の歌』がミリオンセラーを記録し、『赤い花白い花』、『坊がつる讃歌』とヒット作も多く、1978年の「第29回NHK紅白歌合戦」にも出場。また、これまで600曲以上のコマーシャルソングを歌い、CMソングの女王としても知られている。

金剛龍謹

金剛龍謹

能楽金剛流若宗家

(公財)金剛能楽堂財団理事、京都市立芸術大学非常勤講師。1988年京都生まれ。父・二十六世宗家金剛永謹、祖父・二世金剛巌に師事し、5歳で仕舞「猩々」にて初舞台。10歳で能「岩船」初シテを勤める。

村瀬貴昭

村瀬貴昭

植栽家

大阪市出身、京都市在住。植栽家。幼少期に祖父の盆栽にふれて以来、植物についての独学を重ねる。2012年より忙しい現代人のための新たな植栽照明「スペースコロニー」を中心にした制作活動を国内外で展開。

竹内弘一

竹内弘一

KBS京都アナウンサー・番組進行

八木菜緒

八木菜緒

BS11アナウンサー・番組進行

たかはしあいこ

たかはしあいこ

リポーター

中村葵

中村葵

リポーター

明治の元勲・山縣有朋の別邸“無鄰菴”むりんあん

明治27(1894)年~29(1896)年に造営。庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成。庭園は、施主・山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭された近代日本庭園の傑作。東山を借景とした明るく開放的な芝生空間と園内に引き込まれた琵琶湖疏水からなる名園として昭和26(1951)年、国の名勝に指定。明治時代の見聞録『続江湖快心録』には、「以後の庭園はことごとく無鄰菴に倣っている」と記されるなど、近代庭園の先駆けとなる。