さらピン!キョウト

KBS京都ラジオ 毎週月~木曜日
14:00~17:00 ON AIR!!

月別アーカイブ:2019年12月

さらピン木曜日 リスナープレゼント!

さらピン木曜日 リスナープレゼント!:画像
日頃のリスナーのみなさんへの感謝の意味を込めまして!! 京つけもの 西利さんからいただきました! 「あじわいぷっちょ しば漬け味」を厳正なる抽選の中から5名様に一袋、プレゼントいたします^^ (本日放送後までのご応募です) これは西利さんと、UHA味覚糖、京都造形芸術大学がコラボした商品でデザインを

今日のゲストは「農村」研究者!? 

今日のゲストは「農村」研究者!? :画像
今日のさらピンゲストは、東京農業大学地域環境科学部 地域創成科学科教授の 藤川智紀さんにお越しいただきました 藤川さんは、兵庫県のご出身で東京大学を卒業後、鳥取大学乾燥地研究センター、東京大学、農業工学研究所などに勤務ののち、2008年から、東京農業大学に教員として勤め、2017年から現職となってお

本日のゲストは医師の渡辺康介さん!

本日のゲストは医師の渡辺康介さん!:画像
本日のゲストは医師の渡辺康介さんでした! 渡辺さんは医療法人社団都会 理事長 京都府立医科大学 臨床准教授 京都薬科大学 客員教授 日本在宅医療連合学会 暫定指導医 日本泌尿器科学会 認定専門医 を勤められています! 現在は5つの医療系サービスと9つの介護系サービスを展開。 "京都における在宅医療の

あさこの気楽にモダンに~ Kyoto to Catwalk  

No Image
12月23日 「あさこの 気楽にモダンに」のコーナーでは、 あさこさんが気になるファッションや、音楽、映画など カルチャーシーンをトークします!!  今日 ご紹介したのは、 イギリスのV&Aで開催される「Kyoto to Catwalk」 でした。 モダンアンテナ、ルミロック、重宗玉緒、irocaの

谷口さんのテーマ~ 「本陣・脇本陣について」

谷口さんのテーマ~ 「本陣・脇本陣について」:画像
12月23日 さらピンパートナーの谷口徹さんは、 彦根城博物館建設準備室の学芸員として勤務され、 彦根城博物館設立後は学芸員として勤務。 彦根市文化財部学芸員を務められた後、 現在は米原市柏原宿歴史館館長をされています。 今日は、たっぷり時間をとって 『 本陣・脇本陣について 』のお話を伺いました。

月曜 びわいち! 今日は・・・びわ湖大津館さん ♪

No Image
12月23日 【月曜 びわいち!】 琵琶湖を自転車で一周する 「ビワイチ」がブームですね~ ここ滋賀スタジオからお送りしている月曜日は、 琵琶湖を一周するような気分で電話をつないで、 滋賀県内あるいは近府県のいろいろな施設のお話をお聞きしていきます。 今日は、大津市にあります 柳が崎湖畔公園「びわ湖

さらピン!月曜日 今日のテーマは、、、今年一番ワロタこと!

さらピン!月曜日 今日のテーマは、、、今年一番ワロタこと!:画像
12月23日 さらピン! 月曜日 担当するアンカーマンは・・・梶原誠アナウンサー そして、今日のパートナーは・・・ ドクロズのボーカル で イラストレーター・デザイナーの山本あさこさんと 米原市柏原宿歴史館館長の谷口徹さんです。 谷口さんには14時台と15時台にたっぷり時間をとって お話を伺います。

さらピンゲスト!和楽器演奏集団 独楽 植木陽史さん

さらピンゲスト!和楽器演奏集団 独楽 植木陽史さん:画像
今日は和楽器演奏集団 独楽 植木陽史さんにお越しいただきました! 2001年に和楽器をこよなく愛する者たちが集まって関西を拠点に結成されました。 2002年に旗揚げ公演、さらに全国ツアーを展開し、 2005年以降、サウジアラビア、アルジェリア、エチオピア、中国、フランス などへの海外進出も果たしまし

Twitter

番組の話題は、ハッシュタグ「#サラピン」を付けてツイート!!

番組について

京都を舞台に各分野で活躍する人を招いて、変わり続ける京都の「今」を届けます。話を聞きながら番組を進行するアンカーマンは、KBS京都アナウンサーの梶原誠と森谷威夫。さらピン!ファミリーとしてご登場いただく各曜日のゲストとともに、知っている京都、もっと知りたい京都 ~さらに逸品~、~更に新しい~、~ピンと来たこと~、~次世代に繋ぐ新しいモノ~ などをテーマに展開していきます。

また月曜日は近江の国「滋賀県」の城下町 彦根市にあるスタジオから生放送。滋賀の知りたい事、発見をリアルに伝えて行きます。

アンカーマン

梶原誠 (かじわら まこと)

梶原誠

月・木曜日担当
※月曜日は彦根スタジオから放送

森谷威夫 (もりたに たけお)

森谷威夫

火・水曜日担当

番組へのメッセージ

番組へのメッセージは「番組メッセージフォーム」からお送りください。「sara@kbs.kyoto」でも受け付けています。皆さまからのメッセージをお待ちしております。