黒谷和紙応援キャンペーン

黒谷和紙応援キャンペーンについて

およそ800年の歴史を経て、今日に受け継がれている伝統文化、「京都・あやべ 黒谷和紙」。京都府の無形文化財として指定を受け、昔ながらの製法を守りながら、和紙を作り続けています。ただ、「黒谷和紙」も、時代の移り変わりとともに需要が激減し、紙漉きの里も、現在、後継者不足に悩んでいます。

黒谷和紙協同組合理事長は、「黒谷和紙」の存在を、もっと多くの人に知ってもらいたい、そうすることで、少しでも需要が伸び、後継者不足の解消に繋がればと話しておられました。

地元京都の放送局として、ラジオ・テレビの番組およびキャンペーンCMで、「黒谷和紙」を取り上げ、少しでも多くの人に「黒谷和紙」のことを知ってもらうこと、これが、まず、私たちにできることと考え、「黒谷和紙応援キャンペーン」を展開します。

また、和紙の原料となる「楮(こうぞ)」を、KBS京都でも栽培し、キャンペーン提唱社として黒谷和紙協同組合に提供してまいります。

  

キャンペーン概要

「黒谷和紙」をできるだけ多くの人に知ってもらうために、ラジオ・テレビで番組およびキャンペーンCMを放送するとともに、このWEBサイトを通じてご紹介します。お楽しみに!

  

黒谷和紙を体験しよう

黒谷和紙会館と黒谷和紙工芸の里では、黒谷和紙制作工程の見学や、手漉きを体験することが出来ます。曜日によって会場が異なりますので、詳しくは「綾部 黒谷和紙」公式サイトをご覧ください。

黒谷和紙会館

〒623-0108 京都府綾部市黒谷町東谷3
0773-44-0213
9:00~16:30 (土日祝日 休館)

黒谷和紙工芸の里

〒629-1242 京都府綾部市十倉名畑町欠戸31
0773-45-1056
9:00~16:30 土日祝日のみ営業(1月~3月までは休館)

「綾部 黒谷和紙」公式サイト