京の水ものがたり

KBS京都テレビ
一滴の水から始まり、水にまつわる京の文化を紹介していきます。

番組内容

白河法皇が「加茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」と嘆いたという逸話が残る平安の都は、大きな扇状地の上に成り立っています。京都盆地の地下には、琵琶湖と同じくらいの水量があるといわれています。その豊富な水や川の流れが、京都の文化を育んできました。

番組では「水」を通して、京の文化を紹介していきます。

京の水案内人

鈴木 康久 (すずき みちひさ)

京都産業大学教授で水文化研究者。琵琶湖・淀川流域圏連携交流会副代表幹事を務める。カッパ研究会世話人。骨董歴30年の自称達人。著書に「水が語る京都の暮らし」「京都 鴨川探訪」「もっと知りたい水の都・京都」などがある。

オンエア情報

2020年4月6日(月) スタート

  • 月曜日 12:55~13:00
  • 火曜日 20:55~21:00
  • 水曜日 12:55~13:00
  • 木曜日 18:55~19:00
  • 金曜日 22:25~22:30
  • 土曜日 12:55~13:00
  • 日曜日 11:50~11:55