しゅわしゅわ京都

KBS京都

毎週火曜日
20:55-21:00 放送

2019年11月19日 スタート!!

放送内容

#25 LINEを交換しましょう!の手話

2019年12月17日 放送

第25回のテーマは、「LINEを交換しましょう!」の手話。時代とともに新しい言葉が次々と生まれてくる。そんな新しい言葉の手話を学ぶ。「コンピューター関係の仕事をしています」や「メールアドレスを教えてください」のほか、「Twitter」「Instagram」「Facebook」などの新語の手話を使って友達の輪を広げよう。

#24 警戒レベルが3になりました!の手話

2019年12月10日 放送

第24回のテーマは、「警戒レベルが3になりました!」の手話。最近、土砂災害や河川の増水など自然災害のニュースが多くなっており、災害に関する手話を学ぶ。耳が聞こえない場合、避難勧告が出ていても気づきにくいことがある。「集中豪雨の情報が出ています」や「高齢者は避難開始です」などの手話で、周りの方が先導し、助け合う心が大切だ。

#23 京都観光の穴場を教えてください!の手話

2019年12月3日 放送

第23回のテーマは、「京都観光の穴場を教えてください!の手話」。京都には毎年大勢の観光客が訪れる。京都を案内するのに手話でどう表現すればいいのか学ぶ。また「京都土産のおすすめはありますか?」のほか、「千本釈迦堂」や「西陣織り」など、京都ならではの手話も紹介する。

#22 令和元年生まれです!の手話

2019年11月26日 放送

第22回のテーマは、「令和元年生まれです!の手話」。時代とともに新しい手話も次々と生まれ、今回、新しい元号を手話でどう表現するか学ぶ。誕生日や年月日の表現など自己紹介で使うことが多い「平成」や「昭和」のほか、西暦で誕生日を表現する場合の手話も紹介する。

#21 簡単なあいさつの手話

2019年11月19日 放送

第21回のテーマは、「簡単なあいさつの手話」。日常生活においてよく使う「いってらっしゃい!」「おかえりなさい!」など、簡単なあいさつの手話を学ぶ。またあいさつに伴って使う「気をつけてね」や「ただいま」「お疲れさま」などのコミュニケーションを深める表現も紹介する。

しゅわしゅわ京都 今年も始まります

「しゅわしゅわ京都」が、2019年11月19日(火)から放送開始!放送後は番組を配信します。ぜひご覧ください。

#20 手話サークルに通いたい!の手話

2018年12月4日 放送

第20回のテーマは、「手話サークルに通いたい!の手話」。手話を学びたいと思っている知人に、自分が通っている手話サークルへの勧誘や所在地を説明する際の手話を紹介する。また東西南北といった方角の京都ならではの表現や、先週、今週、来週といったカレンダーに関する表現も学ぶ。

#19 もうすぐ戻ってきますの手話

2018年11月27日 放送

第19回のテーマは、「もうすぐ戻ってきますの手話」。役所や企業などの窓口で、担当者が戻るまで少し待ってほしいというケースはよくあること。「いま担当者がいません」「5分待ってください」といった、こうしたケースでよく使われる手話を紹介する。

#18 好きな勉強、苦手な勉強の手話

2018年11月20日 放送

第18回のテーマは、「好きな勉強、苦手な勉強の手話」。京都市上京区にある二条城北小学校での手話の授業の様子を取材し、小学生たちが手話を学ぶ様子を紹介する。"好きな授業は理科です""体育は苦手です"などといったという質問に堂々と手話で答える小学生たち。また手話を始めたきっかけや手話の楽しさについても話を聞いた。

#17 食事に行きませんか?の手話

2018年11月13日 放送

第17回のテーマは、「食事に行きませんか?の手話」。会社の同僚と昼食に出かけるという設定で「食事に行きませんか」「何が食べたいですか?」といった食事にまつわる手話を学ぶ。また「そば」や「焼肉」「パスタ」などの料理名や「食物アレルギー」という重要ワードの表現も紹介する。

#16 あけましておめでとう!の手話

2018年11月6日 放送

第16回のテーマは、「あけましておめでとう!の手話」。お正月をひかえ、「昨年はお世話になりました」「今年もよろしくお願いします」などお正月ならではの表現を学ぶ。また「初詣」「おみくじ」「お年玉」といった伝統行事や習慣にまつわる表現も紹介する。

#15 試着していいですか?の手話

2018年10月30日 放送

第15回のテーマは、「試着していいですか?の手話」。服を買うという設定で、ショッピングの時によく使う手話を学ぶ。どんな服を探しているかを伝えたり、気に入った商品を試着をしたいと要望するなど、買い物という状況で知っておきたい手話は多い。またS、M、Lといったサイズを表す表現も紹介する。

#14 そのセーターかわいいですね!の手話

2018年10月23日 放送

第14回のテーマは、「そのセーターかわいいですね!の手話」。おしゃれに関する話題を手話で表現するには着ているものの名称や色あい、感想などの表しかたを学ばねばならない。相手の着ているセーターを褒める、という行為を通じて様々な表現を紹介する。また手話にも地域独特の方言のようなものがあり、京都ならではの「黒」「白」色の表現を紹介する。

#13 避難場所はどこですか?の手話

2018年10月16日 放送

第13回のテーマは、「避難場所はどこですか?の手話」。台風や地震など様々な災害が発生した時、いまどんな状況なのか、どこに避難すればよいのか、など命を守るためのいろいろな情報を伝える手話を学ぶ。台風や豪雨、地震など具体的な災害の表し方や、小学校、中学校、高校といった避難場所になりそうな施設をどのように表現するかも学んでいく。

#12 自己紹介の手話

2018年10月9日 放送

第12回のテーマは、「自己紹介の手話」。京都市右京区にある西院小学校の手話クラブを取材し、小学生たちが手話に親しむ様子を紹介する。"好きなスポーツは?""好きな果物は?"という質問に堂々と手話で答える小学生たち。また手話を始めたきっかけや手話の楽しさについても話を聞いた。

#11 次の休みの日、出かけませんか?の手話

2018年10月2日 放送

第11回のテーマは、「次の休みの日、出かけませんか?の手話」。秋の行楽シーズンを迎え、知人をお出かけに誘うための手話を学びます。"一緒に出かけませんか"の手話に始まり、"どこに行く?"という相談の表現、"嵐山""南禅寺""京都市動物園"といった具体的な場所の表し方も学びます。

しゅわしゅわ京都 昨年に引き続き、始まります

「しゅわしゅわ京都」が昨年に引き続き、2018年10月2日(火)から放送開始!是非ご覧ください。

#10 区役所の受付での手話

2017年9月26日 放送

第10回のテーマは、「区役所の受付での手話」。京都市内の各区役所には、毎日ではないが手話が話せる職員が勤務しています。受付業務の中で使われる手話を紹介するのに合わせて、昨年「手話言語がつなぐ心豊かな共生社会を目指す条例」を制定した京都市の取り組みについてもふれます。

#09 日常会話での手話

2017年9月19日 放送

第9回のテーマは、「日常会話での手話」。日常会話の中でつかえる簡単な手話のいくつかを紹介します。「今日はいい天気ですね」「あなたの趣味は何ですか」といった簡単な会話のほか、春夏秋冬それぞれの季節の表し方なども紹介します。

#08 病院の待合室での手話

2017年9月12日 放送

第8回のテーマは、「病院の待合室での手話」。病院の待合室などで名前を呼ばれても、耳の不自由な人にはわかりません。そんなときにどのような協力をしてあげればいいか、どのように伝えればいいかを紹介します。また、手話を正しく伝えるには表情なども大事ですが、そのことについても学びます。

#07 ビル火災を知らせる手話

2017年9月5日 放送

第7回のテーマは、「ビル火災を知らせる手話」。ビル火災がおきて火災報知機が鳴動していても、耳の不自由な人にはわかりません。そんなときに火事の発生を伝え、避難をうながすための手話を紹介します。火事です、危険です、避難しましょう、など緊急の際に是非とも覚えておきたい手話です。

#06 お店のレジでの手話

2017年8月29日 放送

第6回のテーマは、「お店のレジでの手話」。耳の不自由な人が買い物を終えてレジで支払いをするときにおこりがちな、ちょっとしたトラブルに対応できる手話を紹介します。袋はいりますか、また来てくださいね、などはお店の人にとっても覚えておきたおい手話です。

#05 道案内する手話

2017年8月22日 放送

第5回のテーマは、「道案内する手話」。町で耳の不自由な人から道を尋ねられた時に、どのように答えたらよいのか。目的地は近い?遠い?目印になる建物は?など、道案内をするうえで不可欠な言葉について学んでいきます。

#04 カフェで禁煙席に案内する手話

2017年8月15日 放送

第4回のテーマは、「カフェで禁煙席に案内する手話」。カフェなどで禁煙席や喫煙席に案内するときに活用できる手話を紹介します。そのほか、耳の不自由な人に対する接客表現についても合わせて学びます。

#03 電車が遅れている理由を教える手話

2017年8月8日 放送

第3回のテーマは、「電車が遅れている理由を教える手話」。駅で電車が遅延している時に、その理由を手話で問いかけられたとしたら...。"事故があったみたいです" "30分遅れるようです"といった、耳の不自由な人の疑問に答え、不安を解消する表現について学びます。

#02 手助けをする時の手話

2017年8月1日 放送

第2回のテーマは、「手助けをする時の手話」。街中で困っている人を助けるときの手話を学びます。道端で苦しそうにしている人に"大丈夫ですか?"と問いかける手話や"救急車""電話をかける"といった、手助けをするときによくつかわれる言葉、表現について学びます。

#01 はじめまして...の手話

2017年7月25日 放送

第1回のテーマは、「はじめまして...の手話」。初対面のあいさつとして、"はじめまして"の手話はもちろん、"あなたの名前はなんですか?"という手話や名前の表し方のほか、"京都"をはじめとする地名の表し方を学びます

しゅわしゅわ京都 始まります

手話発祥の地と言われる京都で、平成28年、手話の理解促進、普及をすすめる「手話言語条例」が制定されました。これを機に、もっと多くの皆さんに手話に関心を持って欲しいと当番組「しゅわしゅわ京都」が企画されました。

この番組では手話ができる時、できない時のコミュニケーションの違いを、実際に耳の聞こえない人にも、ご出演いただき、再現ドラマでわかりやすく紹介。スタジオでは生徒役の女性タレント(田中 愛)が、視聴者と一緒に、ゼロから手話を学んでいきます。「手話は言語です。」皆さんも、当番組をきっかけに、手話を学んでみませんか?

KBS京都テレビ「しゅわしゅわ京都」は、2017年7月25日(火)から毎週火曜日 20:55-21:00 オンエア!!

番組概要

手話発祥の地と言われる京都で、平成28年、手話の理解促進、普及をすすめる「手話言語条例」が制定されました。これを機に、もっと多くの皆さんに手話に関心を持って欲しいと当番組「しゅわしゅわ京都」が企画されました。

この番組では手話ができる時、できない時のコミュニケーションの違いを、実際に耳の聞こえない人にも、ご出演いただき、再現ドラマでわかりやすく紹介。スタジオでは生徒役の女性タレント(田中 めぐみ)が、視聴者と一緒に、ゼロから手話を学んでいきます。「手話は言語です。」皆さんも、当番組をきっかけに、手話を学んでみませんか?

出演者

#21~#30

田中めぐみ

<生徒役(MC)> 田中 めぐみ(たなか・めぐみ)
<先生役> 田原 里絵(たはら・りえ)
<手話通訳者> 黒田 卓也(くろだ・たくや)

#11~#20

<生徒役(MC)> 田中 愛(たなか・めぐみ)
<先生役> 安井 将(やすい・しょう)
<手話通訳者> 黒田 卓也(くろだ・たくや)

#1~#10

<生徒役(MC)> 田中 愛(たなか・めぐみ)
<先生役> 岩本 重雄(いわもと・しげお)
<手話通訳者> 岩城 宏允(いわき・ひろちか)

番組へのメッセージ

番組へのご意見・ご感想などは「番組メールフォーム」をご利用頂くか、メールソフトから「shuwa@kbs.kyoto」までお送りください。皆さまからのメッセージをお待ちしております。

京都市

企画:京都市

制作協力:社会福祉法人 京都聴覚言語障害者福祉協会・劇団あしたの会