「ありがとう、そしてお疲れ様でした」
と、心から伝えたいです。

先日、現役引退を発表された京都ハンナリーズの村上直選手。

今季は、新型コロナウイルスの影響でシーズンおよそ3分の1を残して
Bリーグは中止、シーズン終了という形になってしまいました。
村上選手の11年間の現役ラストシーズンがこんな終わり方になってしまったことは
少し腑に落ちない部分もありながら、悔いはないと話す村上選手のすがすがしい表情に
救われる思いでした。(やはりものすごく寂しかったので...)

先週4月16日の京スポで
村上選手が引退発表された直後の思いなどを紹介しましたが
次の新たなステージでのお話しも伺っていますので
23日の京スポで紹介します。

コメンテーターは
京都ハンナリーズのチーム創設から村上選手と共にプレーされた
瀬戸山京介さんです。

また、来月末に発売される(7月号=5月25日発売予定)
月刊誌LEAFのコラムを担当しているのですが
村上選手のことについて書かせて頂きましたので
よろしければぜひ手にとってみてくださいね。

20200422_01.jpg