みなさん、ご無沙汰しております...
ブログ更新がものすごーーーーーーく久々になってしまいました。

と書いた前回が去年2019年の3月末。

そこからまた1年たってしまいました。
(すみません、twitterやInstagramでは少しずつ告知などもしていますので
よろしければそちらもご覧くださいね)

時代は令和になり、2020年に。

今年はスポーツの大きな祭典も、華々しい1年になると、誰もが思っていましたよね。
そして、今年になって京都でも例年通り
大文字駅伝、

20200409_01.jpg


京都マラソンと行われました。

20200409_02.jpg

20200409_03.jpgまたサンガも開幕戦がAWAYで行われた後、
ついに亀岡の新スタジアム サンガスタジアム by KYOCERAにて
ホーム開幕戦が!と楽しみでしたよね。

20200409_04.jpg

20200409_05.jpg

20200409_06.jpgですが、新型コロナウイルスの感染拡大でまさかこんな状況になってしまうとは。
スポーツをはじめ、日常生活
これまで当たり前だと思っていたものが変わってしまいました。

今は一日でも早く日常が戻ってくることを願いながら
みんなで力を合わせて、社会全体で意識をもちながらのりきりたいですね。

ふりかえると
今年の年明けは、東京で迎えました。
今回は初めて、全国高校サッカー選手権のリポートを担当。

高校サッカー京都大会には入社1年目の89回大会から
応援席リポート、ベンチリポートで関わらせてもらい、
お休みが合えば全国大会の応援に行ったことはありましたが
全国大会のリポート担当は初めてでした。

京都に帰ってきて、すぐに書いていた自分のfacebookでの文章をこちらにも。


京都代表は京都橘。
残念ながら2回戦の初戦敗退。
インターハイ全国3位。そこから更に層があつくなったというチーム。

米澤監督の第一声は勝たなくてはいけなかった、自分の責任です、でした。
悔しさが強さに変わればとも。
本当にいいチームだったとも話されましたが、そのチームを私ももっと見ていたかったな。
ですが、3年生はこの後のステージで、そして1.2年生はこれがあったからこそと、それぞれが輝く姿を、これからも見ていけたらなと思います。

初めての高校サッカー、全国を担当させて頂き、試合直前の様子を取材したり、ベンチリポートと間近で感じさせてもらいました。
そこで感じたこと、その時間は宝物です。
ありがとうございました。

また日本テレビのみなさんはじめ、民放43社の皆さんと一緒にまさにワンチームでお仕事させて頂き、
いろんな刺激をもらったし、たくさん吸収できました。それも宝物。

京都橘以外にも、他3校の応援席リポートを担当しました。
3回戦は矢板中央の応援席リポート。
あたたかく迎えて頂き、心熱くなる話をたくさん聞くことができました。感謝ばかり。

と感じていたのに・・・

その日常も、毎日の練習も。

本当に早くこれまでの日々がもどってきますように。