きらきん!

毎週金曜日
12:53~14:25

社長の宝もん

2021年7月23日 OA内容

20210708_120741.jpg

19 村井社長プロフィール0.jpg

36 宝もん0.jpg

今回お邪魔したのは、着物を中心とした卸と販売を手掛ける1988年創業の「京都 きもの京小町 京都本店(株式会社マルヒサ)」。

広報ご担当の斉藤さんに、メガネに汗がしたたり落ちるほど熱く(?)着物の絽と紗について教えていただいた後に登場したのは「洗える涼やか絹マスク」。キシリトール&抗菌加工が施されているので「マスクの中は涼やかなんです」(斉藤さん)。1年前に発売以来なんと6万枚以上売れているそうです。

このマスクを考えたのが、株式会社マルヒサ3代目社長の村井洋仁(ひろひと)さん。「Enjoy!! KIMONO」をテーマに、着物の卸に限らず、イベントプロデュース、海外販売事業なども手掛けています。

そんな村井社長にお会いするなり、なんと「❤さゆりちゃんに浴衣を用意している」ということで、❤さゆりちゃんは浴衣姿に変身!マルヒサのオリジナル浴衣、とてもお似合いで現場スタッフからも歓声が!

そして、改めて「洗える涼やか絹マスク」の話題に。コロナ禍で浴衣の売上が95%減になる中、このマスクで売上をのばした村井社長は自身のことを「運だけは強い」と語ります。その一例として挙げたのが宝くじ。なんとドバイで1600万円相当のベンツを当てたという話にかつみ❤さゆりもビックリ!経営には、やはり運も必要なんでしょうかね。

そんな村井社長の宝もんは「テニスラケット」。中学時代からテニスをしており、大学時代にはテニスコーチの資格も取得。その理由は「当時着物の売上がピーク時の1/10になっていたので、うちの会社がつぶれても食いっぱぐれのないように」とのこと。強運の持ち主でも、しっかりリスクヘッジを考えていた村井社長なのでした。ちなみに「運が強い社長なら、もしや大坂なおみ選手や錦織圭選手にも教えていた?」という質問には「いやそれが本当だったらここにはいないでしょう!」と絶妙のかえし。いやいや、お話もお上手な村井社長でした。ありがとうございました~!

■京都 きもの京小町 京都本店
 〒600-8427
 京都市下京区松原通室町東入ル玉津島町296
 TEL:075-343-5598
 https://kyoto-maruhisa.com/kyoto-kimono-kyokomachi/

※「きらきん!」に掲載されている情報はオンエア当時のものになります。