KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
龍王<ヨンワン>様のご加護
ストーリー
あらすじ

※2020年8月31日(月)スタート!
龍王里(よんわんり)で暮らすチョンイ(イ・ソヨン)は、幼い頃から色が鮮やかに見え、1億色もの色を識別できる"絶対色覚=テトラクロマット"を持つ少女。幼少期に起きた交通事故で記憶喪失となり、龍王里に暮らすハッキュ(アン・ネサン)に引き取られる。義理の母と姉のジナ(チョ・アン)に疎まれきつく当たられながらも、持ち前の明るさと前向きな性格でハッキュに愛され楽しく暮らしていた。高校生になったチョンイ(イ・ソヨン)は、海外から帰国したピアニストのプンド(ジェヒ)と偶然出会うが、その出会いは最悪だった...。傍若無人にふるまうプンドだったが、プンドもまた幼少期に父親の事故死を目の当たりにし、そのショックから見えるものがすべてモノクロとなってしまう後遺症を抱えていたのだ。一方ジナ(チョ・アン)は勤務先の美容室で客とトラブルを起こし、ジナをかばった恋人のシジュン(キム・ヒョンミン)が客を殺して逮捕されてしまう。正当防衛を主張するシジュンだったが、唯一の目撃者であるジナは事件を隠すため一人で逃げてしまう。

第1話「運命の電話」

1998年。高麗の美人図に見とれるチョ・ホンジュは両親と平和に暮らしていた。一方、チュボグループ会長の孫であるマ・プンドは、父マ・ソンジェと一緒に、別居中の母の所で暮らすことに。そしてソンジェに一本の電話が...。

第2話「突然の不幸」

突然襲われたホンジュは、プンドに命を救われる。必死に逃げる2人だが、途中ではぐれてしまう。そしてホンジュは、プンドの叔母であるマ・ジェランの運転する車にはねられ意識を失う。そこに会長の側近ソ・ピルドゥが現れる。

第3話「私はシム・チョンイ」

龍王里に流れ着いたホンジュは記憶を失っていた。ホンジュの父チョ・ジファンに山で助けられたシム・ハッキュは、ホンジュが彼の娘だと気づく。運命を感じたハッキュは、両親を失ったホンジュを養女にし、チョンイと名付ける。

第4話「洋服は青かった」

有名ピアニストのプンドは、チョンイを自分のストーカーだと勘違いして、憧れのペク・シジュンへチョンイがプレゼントしようとしていた洋服を破いてしまう。色覚に異常があるプンドには、チョンイだけが違って見えるのだった。

第5話「嬉しくないニュース」

シジュンが逮捕されたショックで倒れたチョンイの義姉ヨ・ジナは、病院で目覚め、医師に妊娠5カ月と告げられる。一方、チュボ主催の演奏会に出演予定だったプンドは、祖母のマ・ヨンインに会いに行き、出る気はないと告げる。

第6話「大好きな匂い」

ジナを皆が案じているものの、行方は分からない。そんな中、チュボの公募展に絵を出品するチョンイのため、ハッキュは画材を買う。喜ぶチョンイが家に帰ると、怒り心頭の義母パン・ドッキがチョンイの描いた絵を燃やしていた。

第7話「借金まみれに」

公募展の審査の日、チョンイは出かける道すがら、ハッキュの名を口にする不穏な雰囲気の男たちとすれ違う。気になって、家に戻るチョンイ。なんと、ハッキュを保証人にしてジナが多額の借金をしていたことが分かり愕然とする。

第8話「泥棒はピアニスト」

チュボ原料開発園で警備のバイトをすることになったチョンイ。ある夜、バイト中に泥棒が侵入し、果敢に殴りかかるチョンイ。逃走した泥棒はなんと、龍王里での演奏会に出演することになったプンドだったと分かる。

第9話「噂の2人」

演奏会の舞台でのチョンイとプンドの様子がネットで拡散され、世間は大騒ぎに。チョンイの家には記者が詰めかけ、チョンイもプンドも家から出られない。一方、チュボで働くことになったジナは、プンドが会長の孫だと知る。

第10話「先生は海苔みたい」

プンドがボランティアでピアノ教室をすることに。生徒は、シジュンの母ジョン・ムシムの養女ヨルメと、チョンイの親友ホンジョンの息子テヤンの2人だけ。一方ヨンインは、原料開発園で美人図の展示会を開くことを決める。

第11話「8年越しの思い」

突然倒れて病院に運ばれたチョンイ。だが、起きてすぐに働きに行くチョンイを見かねたプンドは、ゆっくり休ませようとバイト先に手を回す。そして、シジュンの出所日がやってくる。8年ぶりにシジュンが真っ先に向かったのは...。

第12話「嫉妬」

執拗にチョンイを問い詰めるシジュン。そこにプンドが現れ、シジュンを殴りつける。チョンイのシジュンへの態度にイラつくプンド。一方、龍王里に仕事で来たジナは、プンドからチョンイを遠ざけるようドッキに頼む。

第13話「展示会に向けて」

とうとうジナとチョンイが再会する。出所したシジュンが自分を探していると聞いたジナは、自分の居場所をシジュンに教えないようチョンイに頼む。一方、ヨンインやピルドゥは、美人図の展示会を目前に控え、動きだしていた。

第14話「傷ついた美人図」

美人図が盗難未遂に遭い、現場で警備員をしていたハッキュは警察に連行される。父親の無罪を信じるチョンイは、その証拠を探そうとするが、なかなか見つからない。そんなチョンイを助けようと、プンドも調べ始める。

第15話「2人は姉妹」

父への疑惑を晴らすため、美人図が偽物であることを証明しようとするチョンイ。一方、自分のカメラに偶然映り込んでいた真犯人らしき人物が、ピルドゥの手下だと気づくジナ。そんな2人が姉妹であることを、ピルドゥが知る。

第16話「自分のために」

ヨンインは、美人図が偽物であるという噂を受け、プンドにある提案をする。プンドは、お互いを思いやるチョンイとハッキュの姿に心を打たれ、ヨンインと取引をする決心をする。そして、美人図の再鑑定を条件に出す。

第17話「美人図は本物だった」

美人図の鑑定の日。展示会で破損した物とは別の、持ち去られた美人図が見つかったという触れ込みで、ジナによってすり替えられた美人図は本物と断定される。そしてついに、シジュンはジナと再会を果たす。

第18話「訳が分からない」

病気になったハッキュを釈放してもらうためにピルドゥに頭を下げるチョンイ。それを見て耐えかねたプンドはついにヨンインに、チュボで働くことを約束する。ほどなく釈放されてハッキュは家に戻るが、美人図はなくなっていた。

第19話「早とちり」

チュボの御曹子であることをずっと隠していたプンドを責めるチョンイ。プンドもまた、チョンイをチュボのスパイだと思いこんでいて、2人は激しく言い争う。そんな中、行方知れずだったプンドの母が亡くなったとの知らせが。

第20話「命の恩人は誰?」

車にひかれそうになったプンドを、とっさに助けるチョンイ。居合わせたシジュンが救急車を呼び、2人は別の病院に運ばれる。プンドの病院には、ジナも入院していて、ジナは自分がプンドの命の恩人に成り済ますことを思いつく。

第21話「幼いころの記憶」

子供の頃の記憶しかないプンドは、恋人だと名乗るジナと共に、家に帰る。会長のヨンインがプンドの祖母であることを初めて知ったふりをして恐縮するジナ。一方ピルドゥは、自分の計画を知っていたジナを脅威に感じる。

第22話「誰も知らない」

ピアニスト、マ・プンドがチュボの御曹子だということが世間に広まる。ジナを信じるしかないプンドは、ジナに言われた通り、自分が記憶喪失であることは秘密にする。それを知らないチョンイは、プンドに無視され困惑する。

第23話「招かれざる客」

プンドの事故現場にいたシジュンは、プンドの命の恩人として振る舞うジナに憤り、暴露しようとする。一方、事故のことを調べだしたプンド。警察で、プンドの他にも負傷した女性がいたことを聞き、龍王里までやってくる。

第24話「衝撃の事実」

シジュンが、ジナの身代わりに罪をかぶって服役していた事実を、ムシムが知り激高する。ジナにつかみかかる現場に遭遇したチョンイは、ジナを助ける。そしてジナから、プンドへの気持ちと、プンドが記憶喪失であることを聞く。

第25話「黒幕」

ジナが持っていた音声ファイルを、偶然聞いてしまうチョンイ。ピルドゥが何者かに、龍王里でプンドを始末するよう命令している音声だった。事故の黒幕がピルドゥだと知ったチョンイはプンドを守るため会社を訪れ...。

第26話「偽者は誰だ」

ひき逃げ事件の真実を明かそうとプンドを訪ねて来るシジュン。追い詰められたジナは通報し、シジュンはひき逃げ事件の犯人として逮捕されてしまう。しかし、シジュンの言葉が気になるプンドは、ジナとのパリ行きを取りやめる。

第27話「彼女は何者?」

シジュンの無実を証明するため、ジナの持っている音声ファイルを確保しようとしたチョンイだが、何者かに奪われてしまう。一方、事故に居合わせた女性がチョンイだったことを警察に聞いたプンドは、再び龍王里を訪れる。

第28話「スペシャル」

自分の携帯に"スぺシャル"と登録してあったチョンイが何者か、気になるプンド。一方、ハッキュはジナに、シジュンやムシムに8年前の事件の再審請求の協力をして謝罪するよう諭すが、逆に美人図が家にあった事実を突かれ...。

第29話「30年の信頼」

ハッキュと美人図の関係が気になりだすチョンイ。その頃、ピルドゥへの疑念を募らせたヨンインは、ついにピルドゥを家からも会社からも追放する。そしてプンドは、自分の携帯電話が2つあることでジナを疑い始める。

第30話「倒れる会長」

ヨンインが会長室で倒れ、現場に居合わせたチョンイは警察に連行される。ピルドゥの仕業だと直感したジナは、プンドとの将来のため、ひとまず協力することに。チョンイを心配してプンドを訪ねてきたハッキュもうまく丸め込む。

第31話「2人の関係」

母親の遺品を隠されたと勘違いし、チョンイを逆恨みするプンド。一方、会長不在のチュボグループで、ピルドゥは偽りの委任状をかざし、臨時の会長職に就く。その頃、ジナは、龍王里にムシムを訪ねてきたピルドゥを見かける。

第32話「アラスカの伯母」

病院を抜け出したヨンインは、龍王里でチョンイと出会う。所長の伯母だと思っているチョンイは自宅に案内するが、そこでヨンインはチョンイの描いた絵を見つけ、公募展の出品作だと気づく。同じ頃、会長室の美人図が盗まれる。

第33話「記憶の断片」

チョンイから奪った種を返さないと言い張り、チョンイに頭突きされたことをきっかけに、プンドは記憶がよみがえりそうになる。その頃、ヨンインの場所を霊視で教えてもらおうと、ジェランがドッキのもとを訪れる。

第34話「伯母の正体」

所長の伯母だと思っていたのが、チュボの会長マ・ヨンインだと知ったチョンイ。その頃プンドも、ヨンインに代わり会長職を務めるため動き出した。孤立無援のプンドのため、ヨンインはチョンイをそばで働かせることを思いつく。

第35話「出勤初日」

会長秘書としてチュボに現れるチョンイ。それが面白くないジナはピルドゥに相談に行くが、そこに出くわしたジェランはますますジナを怪しむ。一方ホンジョンは、夫ウヤンとジェランの娘ギニョの仲の良い様子にいらだっていた。

第36話「真剣勝負」

チョンイを辞めさせたいプンドに対抗し、自分が負ければ会社を去るという条件で、賭けをしようと言いだすチョンイ。一方、8年前に産んだ子供のことをムシムやシジュンに勘づかれ、焦ったジナは、その子の資料を盗み出す。

第37話「君を解雇する」

賭けに負けたことでプンドに解雇されるチョンイ。しかし、自分で解雇しておいたものの、すっきりしないプンド...。その後で、プンドの売った洋服の返品が相次ぐが、チョンイは別の商品を薦めることで交換対応にとどめる。

第38話「テレビ出演」

社長秘書としてプンドに認められたチョンイは、自分がプンドの目になると宣言する。その頃、シジュンの再審に向けてテレビ出演をしようとムシムが動いていた。一方チョンイも、色の達人としてテレビ出演の依頼を受けていた。

第39話「2度目の災難」

テレビ局で何者かに閉じ込められたチョンイ。ムシムも同じ局内でヨルメを捜しまわり結局収録できずじまいだった。プンドがようやく、倒れているチョンイを見つけて助けようすると、上から重い荷物が落ちてきて意識を失う。

第40話「よくあるホクロ」

プンドの意識が戻る。会いたかったとしみじみチョンイを抱きしめ、母の遺言テープを聞くプンド。一方、テレビ局でヨルメの膝のホクロを見たジナは、ヨルメが自分の捨てた子ではないかと疑い、探っていた。

第41話「裏切者は誰だ」

プンドの招待によるぎこちない食事の時間が始まる。そんな中、ピルドゥ、ジェラン母子、ジナ、チョンイ、ライアンの前で、母親の遺品の貸金庫の鍵がないと話すプンド。それを聞き、招待された者たちはそれぞれの反応を見せる。

第42話「思い違いなのか」

プンドが、新ブランドの特別チームの責任者をジナにすると言いだす。プンドの記憶が戻ったと思った矢先のチョンイは、プンドに贈られた指輪をジナに見せびらかされ、さらにはジナの下で働くことになり、意気消沈する。

第43話「君を守るため」

プンドの恋人だというのはジナの嘘だったことが分かり、怒るチョンイ。プンドにそれを明かすも、プンドは信じない。実はプンドは記憶を取り戻していたが、チョンイの身の安全のため、まだそれを明かすわけにはいかなかった。

第44話「共に闘う」

プンドの記憶が戻ったことをついにチョンイが知る。実はプンドも、ライアンから聞いて、ジナとチョンイが姉妹であることを知ったのだった。お互いの誤解を解き合い、ピルドゥやジナに対抗して共に闘うことを約束する2人。

第45話「再び身を隠す」

ヨンインが再び姿をくらます。ピルドゥに誘拐されたのではと心配するチョンイだが、プンドやコ所長は、ヨンインが美人図を持っていったことから、自らの意思で身を隠したと推測する。3人はピルドゥを泳がせることで同意する。

第46話「知らない場所で」

学校を無断で休んだヨルメを捜しまわるムシムを避けて、偶然会ったヨルメと共にタクシーに乗り込むジナ。別の町まで来るが、ジナは急用で去り、ヨルメは1人残される。ドッキが迎えに来るはずが、ヨルメは1人で歩き回り...。

第47話「私のせいで」

ヨルメが運ばれた病院でジナを見つけるチョンイ。チョンイに疑われても、ジナは自分はヨルメのケガとは無関係だとシラを切る。一方、ヨルメがムシムの実の子ではないと知ったのは自分のせいだと、ホンジョンは自分を責める。

第48話「実の娘」

そうとは知らないムシムの言葉から、ヨルメが自分の娘であることを確信したジナは、ショックで寝込んでしまう。その頃、ハッキュは美人図に固執するチョンイを見て、彼女の実の父親のことを明かそうと考えていた。

第49話「誘拐罪」

ヨルメを誘拐した罪でムシムに告訴され、逮捕されるジナ。ムシムは、ジナはヨルメの母親だろうと詰め寄るが、ジナは否定する。ピルドゥが自分を見捨てる気であることを知ったジナは、ドッキを使ってピルドゥに脅しをかける。

第50話「鑑定結果」

ジナの告訴を取り下げたムシム。それでも強気のジナに、ムシムはジナとヨルメのDNA親子鑑定結果を突き出す。一方、なぜムシムが告訴を取り下げたのかが分からないチョンイは、その理由をムシムから聞き出そうとする。

第51話「母の誘い」

ムシムがシジュンの再審に向けて彼の無実を訴えたビラが、チュボの社内でばらまかれ、ジナのことではないかと疑いの目が向けられる。ビラをまいたのはシジュンだったが、彼は、もう手を引こうと提案するムシムを突っぱねる。

第52話「昔の仲間」

チュボの屋上からムシムが転落死する。、屋上に一緒にいたジナは、ピルドゥと取引し、証拠映像を削除してもらう。その頃、刑務所で弟分だったジョンスに再会したシジュンは、大富豪の彼に、一緒に事業をしようと誘われる。

第53話「葬儀の夜」

ムシムの葬儀の日。チュボでムシムが最後に会ったのはジナだったことを知るシジュン。葬儀場を抜け出して家にいたシジュンはムシムの手記を発見し、そこにピルドゥの名を見つける。その日、ピルドゥも一人酒を飲んでいた。

第68話「大株主の正体」

HRコーポレーションの本部長としてチュボの株主総会に登場したシジュン。大株主として、議題であったプンドの会長解任に反対し、チュボの起死回生のために1000憶ウォンを投資すると発表し、プンドとピルドゥを競わせる。

第54話「死ぬまで渡さない」

ムシムが死の直前まで持っていた指輪をジナがはめているのを見て激高するシジュンを、チョンイはなだめる。一方、事故当日のジナとムシムが映った映像がプンドの元に届き、それが証拠となり、ジナは警察に事情聴取を受ける。

第55話「第二の悲劇」

防波堤から転落して意識を失ったヨルメ。ジナは一旦は通報しようとするも、結局ドッキに助けを請う。さらにジナは、意識不明のヨルメが目覚めたときのためドッキに付き添いを頼むが、ドッキはシジュンに病室から追い出される。

第56話「母娘の絆」

チョンイとジナがいる前で、意識不明だったヨルメが目覚める。ジナがヨルメのけがに関わっていると確信したチョンイは、ムシムの転落時のことも明かし、これ以上ジナの手助けをしないようドッキに警告する。

第57話「二つに一つ」

ピルドゥを試そうと、プンドは転落事故時にジナを見たと証言し、ジナは逮捕される。一方、ムシムの死以来、失語症になったヨルメが退院する。ムシムの衣服を抱いて泣き続けるヨルメを、チョンイは自分の家で預かると申し出る。

第58話「内部監査」

ジナの供述により逮捕されるピルドゥ。ジナは警察に、ムシムとピルドゥの間に金銭授受があったとも証言し、シジュンは激怒する。早々と釈放されるピルドゥだが、プンドの指示でピルドゥに内部監査が入ることに。

第59話「祖母の機転」

何者かがジナを連れ去ろうとしたところを、シジュンがジナを連れて逃げる。そこをチョンイが目撃する。ピルドゥはプンドを会長から解任しようと理事会を招集。しかし、ヨンインの根回しが効いて理事たちはプンドの味方につく。

第60話「遠い過去の記憶」

母と父の顔や、種を持って逃げたことなど幼いころの記憶を断片的に思い出すチョンイ。泣き出すチョンイをプンドは優しく抱きしめる。美人図も記憶にあることを聞いて、ハッキュは自分の罪も思い出し悩む。

第61話「だましたのはどっち?」

理事会でピルドゥとの悪だくみを暴き、ジナの化けの皮をはがしたプンドとチョンイ。ずっと記憶喪失のままのふりをしていたプンドに対して、怒りをあらわにするジナ。しかしそんなジナに、プンドは解雇を言い渡す。

第62話「2つの記憶」

幼いころの記憶にあることから、美人図を研究したいチョンイと、父の死の原因にもなったので美人図の話すらしたくないプンド。一方ピルドゥは、横領問題で追及されていたが、身代わりを用意して自首をさせ、責任を逃れていた。

第63話「追いつめられて」

ヨンインがピルドゥの前に姿を現す。追いつめられたピルドゥはヨンインを襲うが、そこに検察が現れ、ピルドゥは横領とヨンイン殺人未遂の罪で逮捕される。一方プンドは祖母に対する積年の複雑な思いから、素直になれずにいた。

第64話「似た者同士」

祖母のことを許せず、悩むプンド。チョンイはそんなプンドに、素直に行動できないもどかしい性格がまさにヨンインにそっくりだと語り、自分から歩み寄るようそっと背中を押す。一方、ジョンスの事業をシジュンが手伝うことに。

第65話「浮いた横領金」

拘留中のピルドゥが、横領をしていたのは本当はヨンインで、自分はその罪をなすりつけられたという証言をし、ヨンインは驚いて倒れてしまう。しかし気丈に振る舞い、自ら検察に出向く。その頃、横領金はジナの手元にあり...。

第66話「再生に向けて」

チュボ再生のため、高麗プロジェクトの再開を病床のヨンインがチョンイに任せる。事業として再開することには反対のプンドだが、プンドが敬遠していることを知るピルドゥの鼻を明かすにはいいチャンスだとチョンイもすすめる。

第67話「プロジェクト始動」

プンドがフランスから有名鑑定家を招いたことで、美人図は話題になり一気に知名度が上がる。一方、ジナには死んだと思われていたシジュンだったが、実はジョンスの事業を任されてチュボの株を大量に買っていた。

第69話「お引っ越し」

高麗プロジェクトのために新たに作られた開発チームに、コ所長が加わり、チョンイがチーム長になる。高麗プロジェクトと、ピルドゥの新規事業のどちらに投資するかを見極めようと、シジュンはチュボ社内に自分の部屋を持つ。

第70話「黒い影」

ある夜、閉鎖された原料開発園でピルドゥに出くわしたチョンイ。ピルドゥの体から立ち上る黒い影をみたチョンイは、子供の頃にも同じものを見たことがあるのを思い出す。過去に近づいていくチョンイを、ハッキュは見守る。

第71話「確かな記憶」

ピルドゥの黒い影のことが気になるチョンイ。ピルドゥも、チョンイが美人図の青色の顔料の種を持っていたことを知り、チョンイのことを調べ始める。ある日チョンイは、ヨルメの通院先で、記憶の歪曲についての話を耳にする。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.