KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
本当に良い時代
ストーリー
あらすじ

※2018年2月19日(月)スタート!

韓国・慶尚道慶州の静かな町。誰にも1位を譲ったことのないIQ150の天才的な頭脳に、端正な容姿の持ち主カン・ドンソク(イ・ソジン)。幼少期、地元での生活は貧しく、何年も帰ってこないプレイボーイの父や、他人の家の家政婦をしながら生計をたてる母、町のいろいろな種類の事件や事故を立て続けに引き起こす問題ばかりの兄弟 たちに囲まれながら、ドンソクは堂々と生きていた。
時が過ぎ2014年―現在。 検事になったドンソクは、ついに転勤の辞令が出たことで15年間離れていた故郷へ戻ることになる。歓迎プラカードが掲げられた故郷に帰ってきた日、路上でとんでもない言い争いをしている兄と、留置場から出所してきたばかりにも関わらず別の事故を起こしている弟ドンヒ(2PM テギョン)に再会する。
なぜここに再び戻ってきてしまっ たのだろうか... そしてドンソクは、想いを残していたチャ・ヘウォン(キム・ヒソン)とも再会する...!!

第1話

第1話慶州の静かな町。IQ150の天才的な頭脳に、整ったビジュアルの持ち主カン・ドンソク。何年も帰ってこないプレイボーイの父、代を継いで他人の家の家政婦をしながらの生活を免れずにいる母、事件ばかりを起こす兄弟たち...。時が過ぎ現在、検事になったドンソクはついに転勤の辞令が出たことで15年間離れていた故郷へ戻ることに。

第2話

第2話ドンソクの弟ドンヒは出所するなり騒ぎを起こしていた。理容室で大暴れしたドンヒを止めに入るチャ・ヘウォン。ヘウォンは借金返済の催促に来て備品を差し押さえようとしたのだが、それをドンヒが壊したため騒動になっていたのだ。ドンヒと争うヘウォンの前にドンソクが現れ、15年ぶりの再会を果たす。

第3話

第3話ドンソクの帰郷を喜ぶ家族だったが、母は嬉しそうではなかった。一方、へウォンの母イ・ミョンスンと姉へジュは多額の借金をし、着飾って顔合わせに臨んでいた。相手が開業医で何とか結婚にこぎつけようとしていたのだ。15年前、駆け落ちしようとしたドンソクとへウォン。しかし、現れたドンソクは、一度も君を好きになったことがないと告げたのだった。

第4話

第4話ドンソクは検察庁に出勤すると早速、先輩検事が担当していた事件を調べ始める。へウォンは理容室をめちゃくちゃにしたドンヒに補償を求め、代償としてドンヒの指輪を預かった。そんな中、ドンソクは祖父のために官舎ではなく、実家で暮らすことに。一方、ヘウォンに会いに行った妹のドンオクがバイク事故に遭ったと連絡が入る。

第5話

第5話事故に遭ったドンオクの元に駆けつけたドンソクとドンヒ。ドンヒはドンオクを事故に遭わせたヘウォンに迫るが、ドンオクよりも大怪我をしたのはヘウォンだった。ヘウォンを病院に連れて行き帰宅する車の中でヘウォンは眠ってしまうが、それを見たオ・スンフンは嫉妬のあまりヘウォンに詰め寄る。ドンソクも、へウォンの好きだと言っていた相手がスンフンだと知り悶々とする...。

第6話

第6話15年前の駆け落ちはドンソクがヘウォンの母親に復讐したかったからだった。どうすればヘウォンを突き放してくれるのかと尋ねたミョンスンにドンソクは自分の母へ謝罪する事を求めた。ミョンスンが要求を受け入れたことで、ドンソクはヘウォンを家に帰したのだった...。スンフンに付きまとうヘウォン。だがスンフンの父、オ・チスに息子は諦めろと忠告される。

第7話

第7話ヘウォンは父を死なせたオ・チスに復讐するために彼の息子スンフンに電話して今夜は一緒にいたいと誘う。スンフンと一緒にホテルに泊まったヘウォンはオ・チスに見せるために、ホテルのレストランでわざと仲良くしている姿を演出する。一方、ドンソクはペ・テジン事件の調査を最初からやり直すが、そのうちにヘウォンの事件と関連しているという情報を入手する。

第8話

第8話ドンオクはドンタクと一緒にショッピングに出かけるが、そこでミョンスンとへジュに会ってしまう。2人に責められパニックになったドンオクは、店を飛び出してしまい大騒動に。ドンソクもドンオクを探し回るがなかなか見つからない。へウォンの話を聞いたドンソクは、へウォンの家族がどんなにドンオクに対して酷い事をしてきたのかを知ることに...。

第9話

第9話ミョンスンとヘジュはドンヒが家に来ることを心配し、警備員まで動員してヘウォンを困らせる。翌日、ドンジュは先生に親を呼び出されたため、ドンソクにお願いするが断られ、仕方なくドンヒにお願いする。ドンソクはへウォンの家族の事をなじった事を気にしていた。そんな中、ヘウォンはオ・チスのせいで会社を解雇されてしまう。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.