KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
凍える華
ストーリー
あらすじ
※2020年2月20日(木)スタート!
母と二人で慎ましく暮らすナヨン(イ・ユリ)は、教会でピアノの練習が唯一の楽しみ。そんなナヨンのピアノの音色に誘われテジュン(ソ・ジュニョン)は教会に通うようになる。だが、幸せもつかの間、ナヨンは唯一の家族である母を交通事故で失ってしまう。母の初恋相手だったギョンワンは、ナヨンを引き取り一緒に暮らすが、ナヨンの母からギョンワンを奪った妻のユギョン(キム・ヘリ)はナヨンの存在を疎ましく思っていた。そして、娘のセジン(パク・ハナ)も、ナヨンに冷たく当たる。ある日、ナヨンはユギョンが隠した母の写真を探していると、母が亡くなる際に握りしめていたイヤリングの片方をユギョンの部屋で見つける。その姿を見て焦ったユギョンは、ナヨンを家から追い出し養護施設に送る...。15年後、テジュンとナヨンは愛を育み将来を約束する仲になっていた。そしてセジンは、束縛の激しい夫との離婚が成立したばかりだった。ペクドグループに主席で入社したテジュンは、会社からアメリカ留学の提案を受ける。しかしそれには、セジンの同行が条件だった。
第1話「12歳の誕生日」

裕福ではないけれど、母ユネと二人で支え合ってきたナヨンは、明るくしっかり者。ある日、母と12歳の誕生日を祝っていたナヨンは、トイレで人違いをされる。その話を聞いたユネは慌てた様子で店を出る。そしてこの夜、ナヨンはある男の子と出会う。

第2話「母との別れ」

ユネの同級生ユギョンの娘がギョンワンの子でないと知ったユネだが、ユギョンと口論の末に交通事故で死亡する。一方、その事故を起こしたトラック運転手チャンソプの葬儀でユネの死を知ったギョンワンは、ナヨンを自身の家に連れて帰る。

第3話「腕時計」

チャン家の居候となったナヨン。ユギョンの娘セジンは、ギョンワンがナヨンに贈った腕時計を見て悔し涙を流す。一方、実母に捨てられ伯母に虐げられながらも勉強に励むテジュンは、ペクドグループ奨学財団の奨学生に選ばれる。

第4話「母娘の嫉妬」

ナヨンがユネの娘だと知り、ナヨンに憎しみを抱くユギョン。セジンも父親の愛情を奪われる不安から、ナヨンに意地悪を繰り返す。一方、雨の日に黄色い傘をくれた女の子ナヨンを思うテジュンは、ギョンワンの自宅に招かれる。

第5話「同じ形のイヤリング」

ユギョンの異母姉弟であるフィギョンに助けられ何とかお使いを済ませたナヨンは、チャン家でテジュンと再会する。ある日、ユネの写真の切れ端を見つけたナヨン。ユギョンの部屋に写真を探しに行くがそこで見覚えのある物を見つけ...。

第6話「屋根部屋の庭でプロポーズ」

ユネの事故から15年後、チャンソプの妻マルスクの家族となったナヨンは、マルスクと共に宅配弁当業に精を出す。ナヨンの献身的な支えで大学を卒業したテジュンはペクドに入社。その頃、セジンは不倫離婚で世間を騒がせていた。

第7話「チャンス」

突然訪ねてきたテジュンの母マンジョンに戸惑うナヨン。会社負担で留学の機会を得たテジュンはナヨンとの結婚の約束もあり、返事を保留する。ギョンワンに会いにペクドを訪れたセジンは、そこで会ったテジュンと口論になる。

第8話「留学の決意」

テジュンは留学を決断するもナヨンに言いだせずにいた。その頃、セジンはペクドの会長である祖父マンジェから会社のために夫とやり直すよう命じられ、強く反発する。一方のナヨンはなぜか頻繁に吐き気を感じるようになり...。

第9話「再会」

元夫の姑に罵られているところをテジュンに見られたセジンはばつが悪くなるが、彼が15年前に会った少年だと気づき再会を喜ぶ。一方、テジュンに留学の件を打ち明けられたナヨンは、テジュンのことを考え結婚の延期を提案する。

第10話「2人きりの結婚式」

テジュンの子を身ごもったナヨンだが、偶然妊娠を知ったマンジョンに産むことを反対されてしまう。留学を1週間後に控えたテジュンは、ナヨンを教会に連れていき結婚の誓いを立てる。その頃、セジンはテジュンとの再出発を夢見ていた。

第11話「5年の歳月が変えたもの」

テジュンの渡米から5年。ナヨンはテジュンに知らせずに産んだ娘のセビョルを育てながら、恋人の帰りを待っていた。テジュンの帰国予定日に胸をときめかせ空港へ向かうナヨン。その頃、マンジェの危篤によりフィギョンも帰国する。

第12話「泣きたい時は泣けばいい」

テジュンがセジンと帰国したことを知らないナヨン。空港でテジュンを待つ間、セビョルが行方不明に。そんな中、意識が回復したマンジェは早速フィギョンに見合いを勧める。一方、セジンはユギョンにテジュンを紹介し結婚を宣言する。

第13話「再出発の選択肢」

テジュンとの結婚に猛反対するユギョンに、セジンは妊娠していることを告白する。そんな中、空港で世話になったフィギョンに、携帯電話を返すため待ち合わせ場所の病院を訪れたナヨン。そこでアメリカにいるはずのテジュンを見かけ...。

第14話「女の影」

イラ立ちを募らせるセジンのため、けりをつけようとナヨンを呼び出したテジュンだが、そこにいるセビョルを見て激しく動揺する。一方、マンジェに逆らい見合いを拒み続けるフィギョンは、倒産寸前のAP食品の倉庫勤務を命じられる。

第15話「テジュンの苦悩」

セビョルが自分の娘だと知り苦悩するテジュン。突然、連絡が取れなくなったテジュンを捜し回るセジンは、腹に激痛が走り倒れてしまう。一方、再びテジュンに呼び出されたナヨンは浮き立つ思いでテジュンのマンションへと向かう。

第16話「白マムシの正体」

テジュンと再会し喜びに浸るナヨンだが、テジュンは自身の裏切りを告げ、ナヨンを突き放す。その頃、世間では白マムシの記事によりセジンとテジュンの結婚説が出回っていた。一方、マンジェはフィギョンの見合い話を勝手に進める。

第17話「父親でいてあげて」

セビョルを連れてテジュンのマンションを訪れたナヨンは、セビョルの存在を隠していたことを必死に謝るが、テジュンは依然として冷たい態度を取る。一方、倉庫勤務のフィギョンはAP食品のモラルに反する対応を目の当たりにする。

第18話「必ずあなたを取り戻す」

自分からセジンに話をつけるとテジュンに告げるナヨン。テジュンは、やりきれない怒りをマンジョンにぶつける。一方、セジンに根負けし、しぶしぶテジュンを家へ招くことにしたユギョン。セジンは大喜びでテジュンに報告する。

第19話「彼と彼女のための手料理」

出張料理の仕事を終えたナヨンは、チャン家の外でテジュンと鉢合わせする。誤解したテジュンは、激しくナヨンをなじる。一方、突然会社を訪ねてきた見合い相手の顔を見たフィギョンは、以前に空港で会った女性だと勘違いする。

第20話「最悪の見合い」

父親がいないと友達にからかわれたセビョルを見て心を痛めたナヨンは、セビョルに会いに来るようテジュンに連絡するが無視されてしまう。一方、見合い相手の記者ドヒと食事に行ったフィギョンは、ドヒから質問を浴びせられる。

第21話「パパ熊は暖めてはいけない」

セジンにセビョルの存在を打ち明け、父親の役割を果たしてほしいとのナヨンの言葉に苦悩するテジュン。マルスクはテジュンの裏切りを知り、悲しみと怒りが止まらない。一方、ナヨンは意外な人物から電話で呼び出されるのだが...。

第22話「テジュンの恋人の正体」

ギョンワンはテジュンの恋人がナヨンだと知り動揺するも、セジンのために身を引くように言う。ペクドに乗り込んだマンジョンは会社に来ていたセジンと対面。一方、ドヒはお見合いの証拠を残すためフィギョンをデートに誘うのだが...。

第23話「白マムシの提案」

セジンのウソを信じ、ナヨンに怒りをぶつけるテジュンに、ナヨンはセジンにすべて打ち明けに行くと言い放つ。一方、記者であるナヨンの姉ウンボンは、セジンの結婚で傷つく者を救うために力を貸すとドヒから連絡を受ける。

第24話「悲しい決断」

セビョルを盾にギョンワンから脅されたナヨンは、偶然を装いチャン家を訪問する。帰国祝いの食事を作ったナヨンを見て、動揺するギョンワンとテジュン。ナヨンを問い詰めようと外に出たテジュンだったが、そこにセジンが現れ...。

第25話「ママはもう泣かない」

テジュンとの決別を決めたナヨン。最後にセビョルとテジュンを会わせるが、その様子をこっそり見ていたセジンは、テジュンの態度に不安を覚える。一方、フィギョンの離婚に興味を抱いたドヒは、フィギョンに真相を尋ねるが...。

第26話「写真の女」

ギョンワンが隠し持っていた写真の女性がナヨンではないかと疑うユギョンは、調査を依頼する。一方、セジンはナヨンが管理していたテジュンの給与口座を、手切れ金として受け取るようナヨンに迫る。通帳を手に取ったナヨンは...。

第27話「本部長 パク・フィギョン」

ギョンワンの計らいで本部長に昇進するも気乗りしないフィギョンだったが、ユギョンに無能呼ばわりされ心を決める。セジンはテジュンのセビョルへの思いに気づき不安を抱く。一方、ドヒはフィギョンの前妻に接触を図るが...。

第28話「父親は誰?」

ユギョンにセビョルの父親は誰かと尋ねられ、死んだと答えるナヨン。そんな中、セジンとテジュンはユギョンがナヨンに接触したと知り、不安にかられる。一方、出張料理の記事を見たドヒの母ソンジュは、ナヨンに出張料理を依頼する。

第29話「おしゃべりな母親」

両家の顔合わせでマンジョンが口を滑らせ、ナヨンとテジュンが知り合いであると知ったユギョンは、セビョルの父親がテジュンではないかと疑惑を抱く。一方、フィギョンはAP食品を再生させるようギョンワンに指示される。

第30話「瓜二つ」

セビョルの父親がテジュンだと知ったユギョンは、晩さん会を開くため夕食に集まるようセジンとテジュンに声をかける。一方、出張料理でドヒの家を訪れたナヨンだったが、家に着くなりソンジュに追い返されてしまう。

第31話「切れない悪縁」

ナヨンとの悪縁が切れてないことに戦慄を覚え、テジュンとセジンの結婚に猛反対するユギョン。おなかの子にも危険が及ぶと感じたセジンはアメリカで暮らそうとテジュンに提案する。テジュンはユギョンに土下座をして許しを請うが...。

第32話「結婚の条件」

セジンが妊娠を公表したことでユギョンの許しを得たテジュンだが、ナヨンからセビョルを引き離すことを結婚の条件として突きつけられる。そうとも知らぬナヨンは、セビョルに父親らしく振る舞うテジュンに淡い期待を抱く。

第33話「セビョルは渡さない」

セビョルを連れ出したセジンにビンタをするナヨン。マンジョンからセビョルを連れてくることが結婚の条件だと聞かされたナヨンは、テジュンに娘は渡さないと言い放つ。一方、ドヒとフィギョンは徐々にいいムードになっていく。

第34話「ママの所に帰りたい」

ギョンワンに呼び出されたナヨンは、子供の将来のためにもセビョルをセジンとテジュンに渡すよう説得される。その頃、ユギョンはマンジョンにある指示を出す。ナヨンが家に戻ると留守番をしていたはずのセビョルの姿はなく...。

第35話「予期せぬ事故」

セビョルを取り返しにペクドへ乗り込みギョンワンに詰め寄るナヨンだが、業務妨害で通報され留置場に入れられてしまう。その頃、チャン家の階段から落ちて意識不明に陥ったセビョルは、病院に運ばれ緊急手術を受けるが...。

第36話「結婚式の招待状」

手術は成功するも意識が戻らないセビョル。ナヨンは見舞いに来たテジュンを追い返す。セビョルのことで胸を痛めるテジュンは、セジンに結婚の延期を申し出る。一方、ドヒはフィギョンの前妻からある事実を聞かされるのだが...。

第37話「警告」

セビョルがいなくなったのはユギョンの仕業だと知ったナヨンは、ユネがユギョンのイヤリングを最後に握っていたことをユギョンに話し警告をする。一方、妹を助けてほしいとウンボンに頼まれたドヒはナヨンと会う約束をするが...。

第38話「悪夢再び」

ユギョンの策略で病院に強制入院させられそうになったナヨン。何とか逃げ出すも車に衝突し頭を強打してしまう。ドヒとナヨンが接触するのを防ぎたいソンジュは、ドヒに記者を辞めさせるためにフィギョンとの結婚話を進める。

第39話「私は誰?」

意識を取り戻すも過去の記憶をすべて失っていたナヨンは、身寄りがないとユギョンに思い込まされてしまう。そんな中、いまだ昏睡状態のセビョルは容体が急変する。一方、心臓内科の医師から定期検査の結果を聞いたドヒは...。

第40話「ドッペルゲンガー」

記憶が戻らないナヨンに母親について尋ねられたユギョンは、ナヨンを産んだ直後に母親は亡くなったとウソをつく。一方、ウンボンから送られてきたナヨンの写真を見て驚いたドヒは、ソンジュの怪しい言動を思い出す。

第41話「板挟み」

意識が戻るも予断を許さない容体のセビョル。ユギョンはナヨンが所持するイヤリングの片方を捜すようマンジョンに指示する。一方、フィギョンはセジンたちの暴露記事を公表しないようドヒを説得してほしいとギョンワンに頼まれる。

第42話「ユネの娘たち」

DNA検査の結果からナヨンが生き別れた双子であると確信したドヒは、ナヨンが入院している病院に入り込む。自分と同じ顔のドヒを見て驚くナヨンにドヒは事情を説明し、ナヨンを病院から逃がすために入れ代わるのだが...。

第43話「入れ代わった双子」

火災が発生し、救急センターに運ばれたナヨンとドヒ。連絡を受けて駆けつけたマルスクたちだが、案内されたのは遺体安置所だった。火災発生前にドヒと入れ代わっていたナヨンは、煙を吸い込み意識不明に陥っていた。

第44話「因果応報」

ナヨンが死んだと思い込んでいるテジュンは、沈鬱な表情でセジンとの挙式に臨む。怒りが収まらないマルスクは式場に乗り込みテジュンをなじるが、仲裁に入ったセジンが転倒してしまう。マルスクは暴行容疑で逮捕され...。

第45話「星になったセビョル」

意識が戻り記憶が回復するも、セビョルの死を知り絶望の淵に落とされたナヨン。ペクドに乗り込もうとしたところをフィギョンに呼び止められる。ドヒに間違われたまま退院したナヨンは、記憶障害を装いペク家で生活を始めるが...。

第46話「ゴシップが招いた悲劇」

ドヒとして生きることを決めたナヨン。ソンジュは以前とは別人のように振る舞うドヒを見て嫌悪感を表す。一方、ユギョンはテジュンとセジンに関する暴露記事の流出を防ぐため、マンジェとヨンスクのネタを記者に提供する。

第47話「ドヒの日記」

スキャンダルのショックが追い打ちとなりマンジェが死去する。ナヨンはドヒとして葬式に出向くが、ドヒが記事を流したと思い込んでいるフィギョンに冷たくされてしまう。一方、ウンボンはドヒに会うため自宅を訪ねるのだが...。

第48話「マンジェの遺言状」

マンジェの四十九日法要の日に明かされた遺言により、ギョンワンが臨時の会長に就任する。フィギョンはAP食品を救えなければ経営権を失うことに。一方、ナヨンはヨンスクのスキャンダルの情報源を突き止めようとする。

第49話「魔法のオルゴール」

AP食品の再建のため奔走するも、銀行に不渡り説が流れて窮地に陥るフィギョン。そこにドヒがオルゴールを返しに現れる。一方、マンジェの自宅を相続したユギョンは強引に引き移り、家政婦も勝手に解雇してしまう。

第50話「救いの手」

ドヒに頼まれドンジンがAP食品に出資したことで、不渡りを免れ窮地を脱したフィギョン。一方、ドヒの心臓病の薬を飲んでいないことをソンジュに知られてしまったナヨンは、ソンジュに連れられ病院へ行くのだが...。

第51話「生き写し」

ヨンスクを訪ねてきたドヒを見たユギョンは、ナヨンに瓜二つの姿に驚がくする。ギョンワンはAP食品の売却に備え、フィギョンに内緒でリストラ計画に着手。会社の前ではフィギョンを糾弾する社員たちのデモが行われ...。

第52話「経営パートナー」

AP食品に役員として派遣されたドヒに戸惑うフィギョンだが、しかたなく受け入れ再建のため共に働くことに同意する。一方、ナヨンとドヒが双子ではないかと疑うユギョンは、ソンジュを訪ねドヒについて探りを入れる。

第53話「接触」

ヨンスクに夕食に招かれ、テジュンたちと再会したナヨン。ペク・ドヒと名乗り、一同の表情を凍りつかせる。そんな中、手術痕にかゆみ止めを塗らなくなったドヒを見て、ある疑惑がソンジュの中で頭をもたげ始めるのだった。

第54話「出向」

マルスクに抱き締められたナヨンは、心とは裏腹にマルスクを冷たく突き放す。テジュンのAP食品への出向が決まり気をもむセジンだが、当のテジュンもナヨンにそっくりなドヒと顔を合わせるたびに心が乱されていく。

第55話「母の味」

ペクド本社の経営戦略室のメンバーが、AP食品のフィギョンの部署に招集され、ようやくチキン店のフランチャイズ事業に向けて候補店の選定が行われる。一方、早く子供を授かりたいセジンは、産婦人科に通うのだが...。

第56話「君は誰だ」

ワインバーでドヒにキスをしてしまったテジュン。その場面をセジンに見られ、激しくなじられる。フィギョンはマルスクのチキン店とフランチャイズ契約を結ぶため、店の手伝いまで買って出るが、追い払われてしまう。

第57話「秘密の共有」

フランチャイズ事業の契約に失敗した場合は、辞任するよう理事会で約束させられたナヨンとフィギョン。しかしナヨンは交換条件として、AP食品の経営権を要求する。一方、ドヒへの疑惑を深めるソンジュはウンボンに連絡を取る。

第58話「疑惑の栄養剤」

"マルスクのチキン"との契約にこぎつけ安堵するも、マルスクのドヒへの態度が気になるフィギョン。一方、ユギョンに避妊薬を飲まされていたと知ったセジンは、ユギョンを激しく責める。その会話を盗み聞きしたナヨンは...。

第59話「食中毒騒動」

セジンの策略によりマルスクの店で食中毒騒動が発生し、フランチャイズ契約が棚上げになる。ペクドではフィギョンの責任を問う理事会が開かれることに。誰かが裏で糸を引いていると感づいたナヨンはひそかに調査に乗り出す。

第60話「もう1人の被害者」

ヨンスクにユネの娘を捜すよう協力を頼まれ、困惑するギョンワン。一方、ドヒが食中毒騒動の真相に気づいたと知ったユギョンは、セジンの代わりに罪をかぶるようテジュンに言う。テジュンは理事会で嘘の自白をするのだが...。

第61話「空っぽの心」

ドヒが悪性の心臓肉腫だったと知り、娘が別人だという疑惑が頂点に達したソンジュ。一方、ユギョンに部屋を取り上げられ、フィギョンからも引っ越しを提案されたヨンスクだが、彼女には引っ越しを拒む理由があった。

第62話「娘の正体」

ドヒの部屋からDNA検査報告書とセビョルの写真を見つけ、ドヒに詰め寄るソンジュ。自身の正体を明かしたナヨンはソンジュに家から追い出されてしまう。一方、ユギョンは見境のないヨンスクの言動に違和感を覚える。

第63話「密会写真」

フィギョンにキスをされ思いをぶつけられるも、本物のドヒではない後ろめたさからフィギョン突き放すナヨン。一方、ドヒとテジュンの仲を疑うセジンは人を使ってテジュンを尾行するがバレてしまい、2人の仲はこじれ始めていく。

第64話「嫉妬魔」

ヨンスクの家政婦を疎ましく思うユギョンは、ワナにかけ家から追い出すことに。テジュンは、ドヒがナヨンであることを確かめるため、ドヒを強引に車に乗せて湖に向かう。その様子を目撃したセジンはテジュンの車を追うのだが...。

第65話「CMモデル」

AP食品のCMオーディションを受けたマルスクは見事優勝し、CMモデルとして起用されることに。一方、想像妊娠という診断にひどく落ち込んだセジンは精神的に不安定になり、テジュンとドヒの仲を以前よりも疑うようになる。

第66話「二度目のプロポーズ」

フィギョンにプロポーズされ戸惑うナヨン。実は二度目のプロポーズであることをフィギョンから聞かされる。一方、セグァンからドヒに関する衝撃的な事実を聞きドヒがナヨンだと確信したテジュンは、ドヒを呼び出す。

第67話「確執」

ギョンワンからユネの娘は亡くなっていると聞かされ、ユネ母子の力になってあげられなかったことへの罪悪感に苦しむヨンスク。一方、セジンは周囲の人間を次々と買収し、ドヒとマルスクを陥れるためのワナを仕掛ける。

第68話「奪われたレシピ」

新メニューのチキンレシピを他社に横流しした疑いでペクド監査室の調査を受けるナヨン。マルスクも二重契約の疑いをかけられてしまう。一方、ナヨンの正体を知ったテジュンは、ナヨンの復讐を止めようと説得するが...。

第69話「声を失ったマルスク」

ナヨンを守るため、情報漏えいの罪をかぶったテジュン。ドヒに嫉妬するセジンは、そんなテジュンの行動に怒りをあらわにする。一方、マルスクは度重なる試練に耐えきれず倒れてしまう。ナヨンは急いで病院に駆けつけるが...。

第70話「停職処分」

ユギョンの策略で強制入院させられそうになったヨンスクを救ったナヨンは、フィギョンとの結婚を決意する。一方、嫉妬心が招いた失態の数々を会社中に知られてしまったセジンは、本部長職を解かれ停職処分を受ける。

第71話「手放せない欲望」

両家顔合わせの席にユネの事故現場で落としたイヤリングをつけたドヒが現れ、ユギョンは激しく動揺する。一方、結婚を祝福してほしいと言うフィギョンに対し、ナヨンの本心を知るテジュンは、裏切りに気をつけるよう忠告する。

第72話「セジンの秘密」

両家顔合わせの席にユネの事故現場で落としたイヤリングをつけたドヒが現れ、ユギョンは激しく動揺する。一方、結婚を祝福してほしいと言うフィギョンに対し、ナヨンの本心を知るテジュンは、裏切りに気をつけるよう忠告する。

第73話「涙の理由」

ドヒが実の娘ではないと知っていたドンジンに、ドヒをもらい受けた経緯を告白するソンジュ。一方、セジンは病院で不妊の診断を下されショックを受ける。フィギョンはセビョルの写真を見て涙を流すドヒの姿を見て疑いの念を抱く。

第74話「罪深い花嫁」

セジン一家への復讐のため、ドヒとしてフィギョンの元へ嫁いだナヨン。フィギョンに惹かれつつも罪悪感に苛まれながら式に臨む。一方、ギョンワンに実の親子ではないことを知られたくないセジンはとんでもない行動に出る。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.