KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
乾パン先生とこんぺいとう
ストーリー
あらすじ

新人教師ナ・ボリ、母校に凱旋する!

かつて教師を殴り退学処分となったナ・ボリ(コン・ヒョジン)が、母校ジョンスク高校に戻ってきた。ナ・ボリは学生時代に憧れたチ・ヒョヌ(キム・ダヒョン)先生にもう一度会うため、必死に勉強して、教職免許を取ったのだ。一方、ジョンスク高校の理事長の息子で超問題児のテイン(コン・ユ)が、留学先で退学処分にあったため韓国に戻ってきた。先妻の子テインに手を焼く理事長は、テインの面倒を見ることを条件に、ボリを教師として採用する。張り切って教師生活を始めるボリ。ところがテインをはじめ3年3組には一筋縄ではいかない生徒がそろっていた・・・。

第1話 ナ・ボリの帰還

工業高校の男子生徒17人をなぎ倒し、教師を殴って退学処分となったという伝説の女ナ・ボリが、教師なるため母校のジョンスク高校へ帰ってきた。ところが面接当日、当時の教師らに気づかれ追い出されてしまう。一方、ジョンスク高校理事長の息子パク・テインは、留学先で警察沙汰を起こして帰国した。偶然出会った病院で一悶着起こし警察へ連行されるボリとテイン。ようやく警察を出たボリのもとに1本の電話が鳴った。

第2話 問題児パク・テイン

テインのお目付役として理事長から特別採用されたボリ。初日からいじめられている生徒を助けるも、テインに噴水に落とされ職員会議に遅れるなど印象は最悪だ。しかし、学生時代の憧れのチ・ヒョヌ先生に「僕は先生の味方だから」と声をかけられ勇気100倍。反抗するテインにも「絶対あなたにとっていい先生になる」と宣戦布告する。面白くないテインはボリをいっぱい食わせようと、ジャズバーでカクテルを飲ませ酔わせてしまう。

第3話 写真流出事件

酔いつぶれたボリをホテルに運び、書き置きを残していったテイン。なにも覚えていないボリは気が気でない。ところがテインを好きなジェンマが、寝ているボリの姿を携帯で激写。ボリに写真を送りつけ、バレたくなかったらと、いろんな指令を送るようになる。テインからの命令だと勘違いしたボリは、彼を呼び出し「人間のクズ」と口走ってしまう。その晩、言い過ぎたことを後悔したボリはテインに謝り、一件落着に見えたが……。

第4話 ナ・ボリ、クビになる

ホテルでの写真がネットに流出。理事長は激怒。ボリはクビを言い渡される。テインが様子を見に行くと「なぜ嫌うの、私は好きなのに」とボリ。再び家を訪ね、謝罪したテインだが、ボリは「もう先生じゃない」と冷たかった。意を決して家に戻り「真面目になるから、先生を復職させて」と両親に頼んだテインは、父に殴り倒されたあと、病院で軟禁状態に。母の命日、なんとか病院を脱出したテインだが、今度はチンピラに捕まってしまう。

第5話 先生の自覚

テインの親友ユジンが借金取りに連れ去られた。現場にいたテインはボリに連絡するが、ヒョヌとの食事中だったボリは理由もろくに聞かず電話を切ってしまう。事の重大さに気づいていないボリにテインはイライラ。翌日、テインはユジンの姪の入院先にボリを連れていき、ユジンが亡くなった親の借金と入院費のために、日夜働きづめだということを教える。ショックを受けるボリ。そのころユジンは犯罪まがいの仕事に身を染めていた。

第6話 涙の約束

病院の倉庫に閉じこめられたテインとボリは、一夜を過ごすことに。母を思い出し、寝ながら泣いてしまったテインは「僕を捨てないで」とボリに懇願。ボリは涙をぬぐいながら「捨てないよ」と約束した。翌朝、眠るボリのおでこにそっとキスをするテイン。ボリへの恋心を自覚したテインは、服をプレゼントして告白しようとアルバイトを開始。一方ヒョヌは、6年前からボリが好きだが、勇気がなくて告白できないと校長に相談する。

第7話 集団カンニング

ジェンマから「乾パンは先生ではなく監視役」だと聞かされたテインは、ボリを海に連れだし問いただす。否定しないボリの姿を見て、激しい怒りでその場を立ち去ったテイン。なにかとボリを敵視するようになってしまう。そんなある日、学校で化学のテスト盗難事件が勃発。その後のテストで100点取った生徒が疑われるように。別のクラスの先生に問いつめられたヘビンが「自分がやった」と告白。だが、もちろん犯人は別にいて……。

第8話 父の特別授業

ついにテインがボリに告白するが、ボリはまったく真に受けない。気が気でないヒョヌは、家族にボリを正式に紹介しようと食事に誘った。ところが、弟の恋人がナ・ボリと知らされた理事長からさんざん嫌味を言われてしまう。ボリを連れだし、泣きじゃくるボリに肩を貸し慰め続けるテイン……。ある日、ヒョヌのことは忘れようと、友人と深夜カラオケでやけ酒しているボリにテインから連絡が! クラスのソナが警察にいるというのだ。

第9話 ナ・ボリの初授業

「愛してる」とボリにキスしたテイン。驚いたボリはテインを叩いてしまう。焦りを感じたヒョヌはボリにプロポーズ。指輪に気づいたテインはショックを受けるのだった。ある日、学校を休んだまま連絡が取れないチョ・ピルが、病院に運ばれたとテインに連絡が入った。右脳に腫瘍があり、かなり危険な状態だと診断される。荒れていた自分をよくなだめてくれた先輩だと、父に手術を頼むテイン。ところがピルが病院を抜け出してしまう。

第10話 ライバルの帰国

フランス留学していたヒョヌの元恋人ウンソンが帰国した。上機嫌の理事長はさっそく仕事の引き継ぎと、ヒョヌとの結婚話を進めようとするのだった。学校の運営室長となったウンソンは、校則違反をした生徒は転校、担任も引責辞職させるという規則を発表する。気分が沈みがちなボリのもとに、生徒のヨンソンがバイト先でお金を盗んだと警察から連絡が入った。ボリは示談金のために働きはじめるが、ヨンソンが無実だと知り…。

第11話 どこにも行かないで

先生ではないからと、雑用をやらされるようになったボリ。そんなボリを元気づけるのはいつもテインだった。「学校を辞めて、一緒に海外で暮らそう」とヒョヌに言われたものの、ウンソンがヒョヌにキスをするところを見て動揺するボリ。ヒョヌの恋人としての自信がなくなったと指輪も返してしまう。一方、ボリの辞表とパスポートを偶然見つけたテインは、「自分を愛さなくてもいいから、どこにも行かないでほしい」と泣いて頼むのだった。

第12話 ウンソンの宣戦布告

ボリへの想いを封印し、ヒョヌとボリのサプライズパーティーを行ったテインは、誰もいなくなった教室でひとり泣き続けた。ウンソンはヒョヌに学校を放棄するか自分と結婚するかを選べと宣告。2泊3日のセミナーに学校代表としてボリを行かせ、両家の食事会を催して強引に結婚話を進めようとしていた。一方、セミナーでもウンソンの差し金で雑用係でしかなかったボリは研修所を飛び出す。歩き疲れたボリが電話したのは…。

第13話 僕の愛する人

寝込んでいるテインを看病するジェンマを見て、黙って帰ったボリ。ところがテインがボリの家の前に立っていた。ボリはテインのためにご飯を用意する。真夜中、テインは寝ているボリにそっとキスをして出ていった。追いつめられたウンソンは、ボリにヒョヌを返してほしいと頼む一方、理事長には結婚できないなら、学校を乗っ取ると宣告。あきらめきれないテインは「僕の愛する人が他の人を愛しませんように」と祈り続けていた。

第14話 結婚前夜

ウンソンに学校を乗っ取られるぐらいならと、理事長がボリとの結婚を許した。ヒョヌは大喜びだが、ボリは素直に喜べない。結婚式前日、生徒らのお祝いビデオを見た後、アトリエにドレスを取りに行ったボリは「みんなと離れたくないから結婚をやめようかな」とつぶやく。そして酒に酔いながら「この結婚は間違ってる」と涙するのだった。翌朝、アトリエで寝ているボリとテインの姿を見つけた理事長らは激怒する。

第15話 こんペいとうの思い出

結婚は破談、ヒョヌは留学、テインは勘当され、ボリは学校を去った。1年後、ヒョヌが帰国。当然よりが戻ると思っていたヒョヌだが、ボリの心にはテインしかいなかった。米国から帰国し、大学受験のために塾に行くことにしたテインは、講師にボリの姿を発見。授業に潜り込んだテインは、ボリが生徒たちに自分のことを愛していると話しているのを聞き、激しく動揺する。その晩、母校で再会した2人は気持ちを確かめあうのだった。

第16話 ナ・ボリ再び母校へ

プロポーズしてきたテインを父のいる寺へ連れていったボリ。2人はつかの間の穏やかな時間を過ごした。ソウルに戻ったテインは必死になって母やヒョヌを説得するが、誰からも祝福されない日々が続く。心を痛めるテインを「今でも幸せだよ」と優しく抱きしめるボリ…。一方、進学率アップだけを目指す学校になったジョンソク高校を心配する教頭は、教員採用面接を受けないかとボリに言う。悩んだあげくボリは面接会場に向かった。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.