KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
火の女神ジョンイ
ストーリー
あらすじ

※2020年7月7日(火)スタート!
16世紀後半、朝鮮第14代王・宣祖の時代。沙器匠(サギジャン)のイ・ガンチョンとユ・ウルダムは王命を受け、陶磁器製造所・分院(プノン)の最高官職・郎庁(ナンチョン)の座をめぐって勝負をする。宣祖は2人が作った茶器を気に入るが、仁嬪(インビン)キム氏とガンチョンの計略に陥ったウルダムは、無実の罪で分院から追放される。同じ頃、沙器匠の助役ヨノクは分院の窯の中で女児を出産。師匠のウルダムに娘を託し、この世を去ってしまう。ウルダムにジョンと名づけられた赤ん坊は、やがて陶芸よりも狩りや弓に夢中のおてんばな少女に成長する。ある日、ジョンは山の中で光海君と運命的な出会いを果たし、今まで感じたことのない胸の高鳴りをおぼえるのだった。そんな中、ウルダムは分院に戻る機会を得るが、ガンチョンが送り込んだ刺客に暗殺されてしまう。突然父を亡くして傷ついたジョンは、ウルダムを侮辱するガンチョンの言葉を偶然耳にし、沙器匠となって父の無念を晴らそうと決意する。それから5年後――。朝鮮一の沙器匠となるため、男装してテピョンと名を変えたジョンは、ひょんなことから光海君と再びめぐり合うが...。

第1話

沙器匠のガンチョンとウルタムは朝鮮第14代王・宣祖の命を受け、陶磁器製造所・分院の最高官職・郎庁の座をめぐって勝負をすることに。宣祖の側室・仁嬪キム氏は、自分の息のかかったガンチョンを郎庁の座に据えるために計略を立て、ウルタムは大逆罪によって投獄されてしまう。しかし宣祖の王子(のちの光海君)が誕生したことで恩赦となる。片や、ガンチョンは郎庁の座に就き、順風満帆な人生を歩む。一方、分院の窯で女児を産んだヨノクは、師匠のウルタムに娘を託して他界する。
月日は過ぎ、ジョンと名付けられた娘は、ウルタムと平和に暮らしていた。ある日幼なじみのテドと山に狩りに行くが、自分たちが仕掛けた落とし穴にはまっている光海君を見つける・・・。

第2話

落とし穴に落ちているのが王子と知ったジョンは、殴って気絶させてしまい、置きざりにして家に逃げてしまう。王室の人間に暴言を吐いたり乱暴したりすれば、打ち首か奴婢にされるとファリョンから聞いたジョンは、取り返しのつかないことをしたと後悔する。気を失った光海君はテドによって無事に発見されるが、同じくして、宣祖は臨海君と光海君を連れてテドの父が営む酒場に寄り、偶然ウルタムと再会。彼の腕を惜しみ、宗廟祭の祭器を作るように命じる。そんな中、官僚たちは信城君を世継ぎに冊封すべきと王に進言するが、宣祖は光海君を分院の副堤調に任命する。光海君から、ウルタムが祭器を作ると聞いたガンチョンは驚きを隠せない。

第3話

かつて濡れ衣を着せられて宮中から追い出されたウルタムが、祭器づくりを任されたと知ったガンチョンは、心中穏やかではない。分院の辺首である息子のユクトまでが、ウルタムの器を見たいという始末。ガンチョンは再びウルタムを陥れるために、ウルタムが母親の恭嬪に毒を盛ったと臨海君にささやく。
酔って祭享所を訪れた臨海君は、光海君の前で太祖大王の壺を割ってしまう。宣祖に事実を打ち明ける機会を失った光海君は、ソン行首の元へ。ファリョンから、山で出会ったジョンが器の修復の名人であり、ウルタムの娘だと聞いた光海君は驚く。

第4話

ジョンは家にやってきた光海君の前で落馬し、自分が壺を割ったと勘違いして修復を申し出る。帰宅したウルタムは、壺を見て腰を抜かす。仕方なくジョンを師匠であるサスンのところへ連れていき、自分の身に何かあったら、ジョンを頼むとサスンに頭を下げる。ジョンはサスンの家で壺の修復をすることになる。祭享所で壺のかけらを発見したユクトは、光海君に壺の修復を申し出ようとするが、ガンチョンに止められる。壺の修復することは大逆罪に当たる行為であり、ガンチョンは修復をウルタムにやらせることで、光海君もろとも排除しようと企んでいたのだった。宗廟祭の予行演習をしているとそこに宣祖が様子を見にやってくる。ユクトは太祖の壺が割れていることを宣祖に言ってしまう・・・。

第5話

ガンチョンはユクトの命を守るために太祖大王の壺を床に落とし、壺は割れていたことを証明する。激怒した宣祖の前で、光海君は壺を割ったのも修復したのも自分だと名乗り出るが、ウルタムは大逆罪人として捕らえられてしまう。ジョンは自分の代わりに投獄された父を助けるため、宮殿の前で申聞鼓を鳴らし、父ウルタムの無実を訴える。宣祖は、父は無関係だと主張するジョンの言葉を信じようとはせず、ジョンの自白を裏付ける証拠として「この世で一番美しい器を作れ」と命じる。ジョンは「この世で一番美しいもの」が分からず苦労するが、ようやく器を完成させ、宣祖の元へ持参するが・・・。

第6話

ジョンが作った器は宣祖を満足させることができ、無事に父ウルタムを窮地から救う。片や光海君はウルタムを分院に呼び寄せることをガンチョンに告げる。おもしろくないガンチョンは、すぐさま手下のマプンにウルタムの暗殺を指示。マプンは窯の前でウルタムの息の根を止めるが、追いかけてきたテドに腕を切られ傷を負ってしまう。目の前で突然父を殺されたジョンは心に深い傷を負うが、父が朝鮮一の沙器匠だと証明し、父を侮辱したガンチョンに謝罪させるため、自らが朝鮮一の沙器匠になることを決意する。テドに自分は川に飛び降りて死んだことにしてほしいと頼み、5年後に必ず戻ってくると約束する。一方、光海君はジョンが死んだという知らせを聞いて大きな衝撃を受ける。

第7話

ジョンは、サスンの元を訪ねる。朝鮮一の沙器匠になりたいと聞いたサスンは、ジョンを弟子にすることを拒んでいたが、熱意に根負けし手元に置くことにする。成長したジョンは、サスンの作った器を売りに都に出る。器を高く買ってくれる妓楼に足を運んだジョンは、そこで光海君を騙る臨海君に出くわす。臨海君は弟の光海君が王様から賜った玉帯を身につけて妓楼に来ていたが、吏曹判書が来ると知って、玉帯を置き去りにし、逃げ出してしまう。玉帯を捜しに妓楼を訪ねてきた本物の光海君に、玉帯を盗まれたことを告げたジョン。泥棒の顔を見たジョンは、光海君と一緒に玉帯を探すことになるが...。

第8話

テドは盗んだ玉帯をソン行首に引き渡し、ウルダムの形見の茶器を手に入れる。やがて光海君が玉帯を紛失したと聞いた宣祖は激怒。光海君は罰として分院の都提調の職をはく奪され、副都提として異母弟の信城君に仕えることになってしまう。裏で仁嬪の力が働いていることを悟った光海君は、仁嬪にけん制とも取れる言葉を投げかける。一方、都に上ったジョンはごろつきに絡まれ、荷物を奪われてしまう。その中にテドにもらった履き物が入っていた。偶然それを見つけたテドは、ジョンであると気づき捜し回る。

第9話

再会を果たしたジョンとテド。テドは、男として分院に入ろうとするジョンに護身術を教える。テピョンという名で工抄軍の試験に挑んだジョンは、薪を採るためにうっかり王室の森に入り、投獄されてしまう。ジョンは牢屋にやって来た光海君に助けを求め...。一方、ユクトはジョンの薪を見て感心し、分院で働かせようとする。ユクトの熱心な説得に折れたガンチョンはジョンに追試を受けさせる。難しいと言われるガンチョンの試験に無事合格し、晴れて分院の工抄軍となる。

第10話

明の使臣は宣祖を訪ね、早急に世継ぎを決めるよう迫る。仁嬪は息子の信城君を世継ぎにするため、ガンチョンに使臣が満足する器を作るよう命じる。臨海君を光海君だと誤解しているジョンは、試験だと信じて分院の倉庫から最上の壺を持ち出し、ガンチョンに見つかってしまう。光海君を"旦那様"と呼んでガンチョンに叱りつけられ、初めて自分の勘違いに気づいたジョン。これまでの無礼な振る舞いを謝罪するジョンを見ながら、光海君は思わず笑い出す。一方、ジョンを叱責し事情を聞いたガンチョンは、盗まれた壺を利用して仁嬪と共謀し、光海君と臨海君を陥れようとするが...。

第11話

器をソン行首の商団に持ち込んだ臨海君は、明の使臣が器に目がないと聞いて直接自分で持ち込み取り入ろうとするが、使臣が王に伝えたことでこれが発覚する。臨海君は仁嬪にそそのかされた通り光海君の謀略だと宣祖に訴えるが、仁嬪の裏切りに遭い光海君共々処罰を待つ身となる。
光海君が濡れ衣を着せられていると知ったジョンは何とか無実を証明しようとするが、ガンチョンの協力を得られない。それならば自分で行くしかないとテドに協力を仰ぐ。ジョンの身を案じたテドは商団のファリョンに助けを求めてジョンをかくまってもらうが、ジョンはファリョンの目を盗んで商団を抜け出す。王宮の門前に着いたジョンの背後にはガンチョンの刺客マプンが迫っていた。

第12話

光海君の無実を証明しようと王宮に向かい牢屋に入れられたジョン。テドはそんなジョンに苦々しい思いをぶつける。光海君は信城君から壺を盗んだ者が現れたと聞き、余計なことをするなとジョンを追い返す。一方、ファリョンはもうテドを解放してほしいとジョンに訴える。そんな中、明の使臣は宣祖に皇帝が気に入っているという青磁の茶器を見せ、半月以内にまったく同じものを作れと命じる。その茶器には茶を入れても冷めないという秘密があった。ユクトはガンチョンをかばい、自分が作ると申し出る。失敗を恐れて逃げる他の沙器匠をよそに、ジョンだけは茶器作りを手伝う。試行錯誤の末、外見は再現できるようになったが、熱を保つ秘密が解けないまま青磁を作る土が足りなくなってしまう・・・。

第13話

ジョンは光海君と一緒に青磁の土をサスンのもとに取りに行くことになる。途中、船着場で川に落ちてしまうジョン。光海君は助ける際に衣服がはだけたことでジョンが女だと気づいてしまう。ジョンが女であると気づいた光海君はだまされていたことに傷つくが、彼女を逃がそうとする。しかし、ジョンは自分の過ちを明かして罰を受けると誓い、青磁の茶碗が完成するまで10日だけ待ってほしいと頼み込む。一方、テピョンと光海君が普通の仲ではないという噂を耳にした臨海君は悪巧みを思いつく。そんな中、ガンチョンは茶器の失敗は助役のグッピの仕業だと思い込み、問い詰めるが・・・。

第14話

女であるというだけで茶器の失敗の濡れ衣を着せられたグッピを助けるため、ジョンは自分が女であることを明かす。片や光海君の命令によりテドは役所に連行されるジョンを救出し商団に連れていく。商団にいたサスンは青磁作りが失敗した原因は窯にあると教え、ジョンはさっそくユクトと青磁作りに取り掛かる。明の使臣との約束の日が来る。光海君は機転をきかせ、明の使臣に茶器の完成を認めさせる。使臣の鼻を明かすことができた宣祖は大喜びするが、メンツをつぶされた使臣はこのままだまっているわけがなかった。明に連れて帰り、景徳鎮で学ばせたいと言い出すが、本音は自分のメンツをつぶした沙器匠を殺すつもりでいたのだ。

第15話

ガンチョンは息子ユクトに命の危険が迫っていると知り、茶器を作ったのは工抄軍のテピョンだったと宣祖に嘘をつく。一方、ジョンは白土を探すためにテドと都を後にするが、明の皇帝に褒賞されると聞いたジョンを光海君は分院に呼び戻し、明に行くための身なりを整え、礼儀作法を教え込ませる。出世意欲の強いガンチョンが息子を差し置いて工抄軍に褒美を与えるはずがないと察したサスンは、ソン行首に頼んでガンチョンの真意を探らせる。ソン行首に頼まれてユクトに探りを入れたファリョンは、ジョンは褒章のためではなく使臣の怒りに触れ殺されるのだということを知る。

第16話

ファリョンから真相を聞いたテドは光海君にテピョンを助けるよう頼むが、その頃ジョンは明の兵士に身柄を取り押さえられていた。光海君の指示により、時間を稼いでいる隙にテドが慕華館の倉庫を探ると、そこにあった使臣の荷の中に賄賂と思われる朝鮮の貴重品を見つけるが、不問に付す代わりに閉じ込められていたジョンを開放させる。明の使臣を怒らせた光海君は世子になる望みを失ってしまう。一方、沙器匠になりたいという夢を再確認したジョンは分院に戻ることに。ユクトから褒美をやると言われ、ジョンはロクロ回しを教えてほしいと頼む。そんな中、偶然テドの名前を知った光海君はテピョンがジョンだという事実に気づいてしまう・・・。

第17話

光海君は自分の器を作りたいとジョンにユクトと一緒に世話をさせる。光海君は一緒にいる時間を作ることでジョンに正体を明かさせるための機会を与えようとしていたのだ。ついに器が完成するが、それでも正体を明かさないジョンにしびれを切らした光海君は、「ジョン」と名を呼びながら、ジョンが幼い頃に初めて作った器を差し出すのだった。ジョンは器を手に取り、密かに涙を流す。王宮では宣祖が世子冊封を急かす仁嬪をけん制するため、臨海君に大役を任せると言い出す。一方、ガンチョンは分院の人々に自分とウルタムの茶器を見せ、どちらが王室にふさわしいかを問う。ジョンはウルタムの器を破棄しろと命じられる。

第18話

分院では"土練り"を課題とした工抄軍の競い合いが実施される。ジョンを分院から追い出したいグッピは、競い合いの開始時間が変更になったと嘘をついて使いを頼む。遅れて参加したジョンは白土を受け取れなかったため"土練り"に参加できず窮地に陥る。そんな時、父のウルタムが高価な白土ではなく安価な陶石で磁器を作っていたことを思い出し、陶石で土を練って課題を提出する。陶石の土では割れやすい器しか作れないというユクトに対しジョンは反論してしまい、白土の器と陶石の器で強度を競い合うことになる。ユクトを負かし、ようやくジョンは工抄軍の競い合いに合格するのだった。この時、ガンチョンはジョンの名字が"ユ"だと知って驚き、ウルタムとの関係を疑い始める。

第19話

ガンチョンはテピョンがウルタムの娘ではないかと疑うが、ジョンスにジョンの死のいきさつを聞き考えすぎだと自分を納得させる。そんな中、大提学は仁嬪から賄賂として水滴を受けとったと光海君に報告。光海君は水滴をサスンに見せ、分院から持ち出されたものかどうかを確かめようとする。そこにジョンが現れ、水滴は分院の倉庫にあったものと判明する。光海君は誰にも知られないように、夜中に倉庫に入ってジョンに消えた器を模写させる。そんな時、光海君とジョンの仲を疑う臨海君は分院を調べようとするが・・・。

第20話

光海君の動きを知ったガンチョンは、すぐさま仁嬪に知らせて証拠隠滅を図る。裏から手を回されてガンチョンに出し抜かれた光海君は、かつて信頼できる沙器匠だったサスンを分院に呼び寄せる。倉庫から消えた器を模写したのがテピョンだと知ったガンチョンはグッピを使いジョンの荷物を調べさせると、ウルタムの茶器が見つかる。ジョンはガンチョンに詰め寄られるが、通りかかった光海君が危機から救い出す。ガンチョンとユクトは、サスンが分院に入ったことに危機感を抱き、彼を追放するための計略を練る。やがて「負けた方が分院を去る」という条件の下、サスンとユクトは奢老宴(キロヨン)の器作りで腕を競うことになる。

第21話

光海君の動きを知ったガンチョンは、すぐさま仁嬪に知らせて証拠隠滅を図る。裏から手を回されてガンチョンに出し抜かれた光海君は、かつて信頼できる沙器匠だったサスンを分院に呼び寄せる。倉庫から消えた器を模写したのがテピョンだと知ったガンチョンはグッピを使いジョンの荷物を調べさせると、ウルタムの茶器が見つかる。ジョンはガンチョンに詰め寄られるが、通りかかった光海君が危機から救い出す。ガンチョンとユクトは、サスンが分院に入ったことに危機感を抱き、彼を追放するための計略を練る。やがて「負けた方が分院を去る」という条件の下、サスンとユクトは奢老宴(キロヨン)の器作りで腕を競うことになる。

第22話

そして奢老宴の日。ガンチョンは確実に競い合いに勝つため、マプンにサスンの杯を載せた荷車を襲わせる。しかし、光海君が機転を利かせたことで、サスンの杯は無事に宴会場に到着。競い合いはサスンが勝利する。ところが、サスンはユクトを分院から追放しないように宣祖に願い出る。片や、失意のどん底に突き落とされたユクトはしばらく姿をくらますが、ファリョンの勇気づけによってガンチョンの元に戻ってくる。そして、二度と誰にも負けないとガンチョンに誓うのだった。テドからジョンへの求婚の話を聞かされたファリョンは失意のどん底に陥る。

第23話

そして奢老宴の日。ガンチョンは確実に競い合いに勝つため、マプンにサスンの杯を載せた荷車を襲わせる。しかし、光海君が機転を利かせたことで、サスンの杯は無事に宴会場に到着。競い合いはサスンが勝利する。ところが、サスンはユクトを分院から追放しないように宣祖に願い出る。片や、失意のどん底に突き落とされたユクトはしばらく姿をくらますが、ファリョンの勇気づけによってガンチョンの元に戻ってくる。そして、二度と誰にも負けないとガンチョンに誓うのだった。テドからジョンへの求婚の話を聞かされたファリョンは失意のどん底に陥る。

第24話

ジョンは光海君の使っていた筆立てからヒントを得て、花瓶に仁嬪の好きな牡丹を生けても倒れない細工をする。ジョンを分院から追い出したいガンチョンは、マプンを使って火薬入りの薪を用意させる。女が沙器匠になれることを証明するために一人で火入れをするように言われたジョンは、薪に種火をつける。花瓶が割れる音に驚いて窯を開けようとしたジョンは、炎に襲われて気を失ってしまう。現場に駆け付けた光海君はテドがジョンを無事に助け出したことを聞くが、ジョンが一人で窯焚きをしていたと知って激怒。ジョンにもしものことがあれば、関わった者全員に責任を負わせると言い放つ。

第25話

光海君はジョンを必死に捜し回り、山寺にいることが分かり駆けつけると、そこには手探りで歩くジョンの姿があった。ジョンは熱を浴びた衝撃で目が見えなくなってしまったのだ。ジョンは光海君に分院に戻って器を作りたいと訴える。連れて帰ろうとする光海君だが、テドはそれを制止する。サスンは、自分も昔目が見えなくなったことがあると打ち明け、もう一度挑戦してみようとジョンを励まし分院に連れて戻る。ガンチョンは、ジョンの代わりに仁嬪の花瓶を作るようユクトに命じるが、ジョンは諦めずグッピを始めとする分院の人々の手助けを得ながら花瓶を作る。

第26話

ジョンは目が見えないことにより想像力が豊かになり、絵が一切ない真っ白な「花を際立たせる花瓶」を完成させる。仁嬪へのお披露目の日。随所に気遣いが見えるジョンの花瓶に内心惹かれる仁嬪だが、本心を隠し気に入らないと言い放つ。その結果ジョンはガンチョンに分院を出ていくよう告げられる。分院追い出されたジョンは希望を失い自暴自棄になる。ある日、母ヨノクが夢に出てきて、あなたは窯の神の生まれ変わりであり、王様に白磁を献上する子だと励ましてくれる。ジョンはヨノクに導かれるまま窯に火を入れ、これからは器のためだけに生きていくことを神に誓う。

第27話

ファリョンはソン行首を出し抜き倭国の武士ケンゾウの元を訪ね、ガンチョンには器の密売を自分に任せてほしいと申し出る。数日後、ケンゾウはファリョンと取引するため商団を訪ねてきて、大量に器を購入していく。視力が回復したジョンは、村のあちこちで腹を下している民を目撃。原因は汚れが付着しカビが生えている木の器にあると思ったジョンは、酒場の主人に自分の作った陶器の器を使ってみるよう勧める。ジョンが作った器を使うと腹を下さないと知った村人は、器を手に入れようとジョンの家に押しかけるようになる。腹を下す村人が減ったことを不審に思った県監はジョンを連行するが・・・。

第28話

宣祖は3人の王子たちに、民の間で流行している腹痛の解決策を考えるように命じる。一方、テドは光海君の護衛として分院に潜入し、ジョンを傷つけた犯人を捜していた。そんな中、腹痛の原因を調査していた光海君は、器を売るジョンに出会う。ジョンの器を使うことで人々が清潔に食事できることを知り、宣祖に分院で器を作ることを進言する。やがて、分院で民のための器を作れという王命が下るが、沙器匠たちから反発をくらい、光海君はやむを得ずジョンを呼び戻し、器を作らせる。すると、流行っていた腹下しも終息を迎え、人々の間では光海君を称える声が高まる。これを妬んだ仁嬪は宣祖にあることないことを吹き込み、光海君のことを警戒させる。

第29話

役目を果たしたジョンは分院を去ろうとするが、テドからウルタムを殺したのはマプンであり、その黒幕はガンチョンだと知らされる。一度は沙器匠を目指すことをあきらめたジョンだったが、分院に残ることを決意。テドは危険だと反対するが、ジョンはガンチョンに郎庁の座から引きずり下ろすと宣戦布告する。そんな中、宣祖のお気に入りの壺の蓋が割れてしまい、ユクトとジョンは蓋作りで勝負をすることに。ユクトは「成功したらお前を沙器匠にしてやる」とジョンに言ってしまい、ガンチョンを驚かせるが...。

第30話

大提学は光海君を世子にすべく儒者たちの意見を集め始める。それを警戒した仁嬪は、臨海君を呼び出し力を合わせて光海君が世子となることを阻止すべきだと言う。宣祖に対しては、泣きながら大提学の仲間が自分と信城君の命を狙っていると嘘をつく。光海君や臨海君の反対を押し切り、朝会で光海君を世子にすべきだと進言する大提学。宣祖は激しく怒り、光海君が大提学をそそのかしたのではないかと疑う。ジョンとユクトの競い合いは、宣祖がユクトの作った蓋を選び、ユクトが勝利する。ジョンは王室にふさわしい磁器とは何かを学び、さらに器作りに精進する決意をする。その頃、仁嬪は光海君を反逆罪に陥れようと計略を立て、ジョンをガンチョンの使いで白土を採りに行かせるが・・・。

第31話

ジョンの身に危険を感じた光海君は、罠とも知らず捜しに行く。仁嬪は、光海君の筆跡で大提学の屋敷に書簡を仕込み、宣祖に書簡の存在を知らせる。書簡には光海君が大提学と結託し、反乱とも取られかねない内容が書かれていた。激怒した宣祖はすぐさま光海君を捕えるよう命じる。同じ頃テドは、倭国のケンゾウに磁器を届けるマプンを襲撃するが、反対にマプンの仲間たちにやられ負傷してしまう。片や光海君は、ジョンにこれまでの想いを打ち明け、一緒に逃げようと告げるが、王子だという理由ではぐらかされてしまう。そしてついに、王命を受けた兵士たちが光海君を捕えに来る・・・。

第32話

光海君は王宮に連れ戻され、宣祖から大提学に送ったという書簡を突きつけられる。しかし、光海君が国のことを案じて大提学に相談していたことを知った宣祖は光海君を謹慎処分にする。マプンを追っているテドは、ソン行首にケンゾウの居場所を聞きに行く。ソン行首はテドと話しているうちにファリョンが自分に内緒でケンゾウと取引していることを知る。分院では中秋節の宴享(ヨニャン)に使う器の準備が始まるが、ガンチョンはユクトとジョンに透かし彫りを作らせて競わせることにする。ジョンはその話に飛びつくが、器を作る目的が違うとサスンに一喝される。一方、グッピはジョンがヨノクの娘だと知って驚く。

第33話

桃の木を燃やして灰を作っていたジョンは、分院では桃の木を使うことを禁じられているとユクトに教えられる。それは、ジョンの父ウルタムが使った釉薬によって恭嬪が倒れたことが原因だった。衝撃を受けたジョンは真実を確かめようとするうちに、グッピから自分が視力を失った窯でヨノクが亡くなったことを知らされ、父の大逆罪もヨノクが命を落としたのも父が目の前で殺されたのもガンチョンがかかわっているのではないかと疑念を抱く。ついにすべての真実をテドから聞いたジョンは、自らの手でガンチョンに復讐したいと強い決意を語る。一方、ファリョンはソン行首が自分を始末しようとしていることを知り・・・。

第34話

仁嬪は、ガンチョンが倭国のケンゾウと取引していると知り、分院の磁器を売り資金を作るよう催促するも、ガンチョンは首を縦に振らない。ガンチョンはすでに東人派の権力者に寝返っていたのだった。郎庁室でガンチョンが仁嬪に納めた品の内訳が書いてある帳簿を見かけるジョン。そこでジョンはガンチョンが分院から外に持ち出している器の数を調べる。そして、それを仁嬪に報告して取り入ることでガンチョンを追い込もうと考える。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.