KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
階伯
ストーリー
あらすじ

612年百済。新羅出身のソンファ王妃とその息子・ウィジャは、第二妃・サテクから何度も命を狙われるが、護衛将軍のムジンによって救われる。サテク妃はソンファ王妃とムジンを反逆者に仕立て、ソンファ王妃を自害に追い込んだ。生き延びたウィジャは無能なふりをして生きることを決心し、一方のムジンは息子・ケベクと共に行方をくらます。14年後、少年ケベクは清楚な少女・ウンゴに淡い想いを寄せる。ある日、ケベクはサテク妃殺害未遂事件に巻き込まれたことがきっかけで、父の正体を知る。だが、ムジンはサテク妃の陰謀に引っかかったウィジャ王子を救うため、自らウィジャに刺され死ぬことを選ぶ。残されたケベクは新羅軍に捕まり、ウンゴへの想いと父を殺したウィジャへの恨みだけで生きる。数年後、ケベクは新羅との戦争に参加したウィジャ王子を殺すため百済軍の陣地に忍び込むが、愛するウンゴと再会し、父の思いとサテク妃の陰謀を知らされる。ケベクは百済のために立ち上がる決心をする…。

第1話「刺客」

第1話660年、百済軍を率いるケベクは新羅の大軍と黄山伐で4度目の戦いを繰り広げ、見事勝利する。激戦の余韻のなか、ケベクは兵士たちに“死ぬな、必ず生きて家族の元へ帰れ”と語りかける。…時は遡り612年。百済の泗泚(サビ)城では新羅出身のソンファ王妃と息子のウィジャが刺客に襲われる。護衛将軍のムジンが倒した刺客の腕には暗殺集団、為済(ウィジェ)団の刺青があった。武(ム)王は妃を守れない自分を責めるが、そこに現れた第二妃、サテク妃は不敵な笑いを浮かべていた。

第2話「密偵」

第2話ソンファ王妃とウィジャの命を狙うサテク妃は、遠い昔思いを抱いたムジンを仲間に引き入れようとするが彼は取り合わない。自尊心を傷つけられたサテク妃は野望実現のため、ソンファ王妃とムジンを新羅の密偵に仕立てあげる。武(ム)王はムジンとともにソンファ王妃を逃がすが、サテク妃に追いつめられた王妃は身の潔白を証明するため自害する。それでもサテク妃の執念は止まらず、さらに執拗にウィジャとムジンの行方を追いかける。

第3話「ケベク誕生」

第3話ムジンはなんとか生き延びるが、身重の妻は子どもと引き換えに帰らぬ人に…。隠れていたウィジャも追っ手を逃れ、一人で泗泚(サビ)城に戻る。14年後、ムジンは刺客を生業としながら、息子・ケベクとともに民家の女とその息子の4人で暮らしていた。ケベクは商店の娘・ウンゴが気になるが、こっぴどくフラれてしまう。一方ウィジャはサテク妃にへつらいながら無能なふりをして暮らしていた。サテク妃はそんなウィジャを怪しんでいたが…。

第4話「思い出の地」

第4話酒場で泥酔したウィジャに代わってサテク妃の誕生祝宴にやってきたケベクは、贈り物を持ってきたウンゴと出会う。祝宴は武(ム)王とソンファ妃の思い出の場所、宮南苑で開かれた。サテク妃はその場所で捕縛した新羅兵の処刑を命じる。ところがその一人がいきなりサテク妃に剣を向け、ウンゴがそれを遮るのを見てケベクも思わず飛び出してしまう。刺客の一味として捕まったケベク。厳しい尋問が続くなか、ウンゴの証言でようやく釈放される。

第5話「再会」

第5話人知れず為済(ウィジェ)団を追っていたムジンに、為済団から接触が。サテク妃の指示を受けた為済団が、ムジンにウィジャの暗殺を依頼したのだった。一方ケベクは、ムジンがウィジャに刀を突きつけるのを見て思わず間に割って入る。見たこともない父の姿に驚くケベク。ムジンは成長したウィジャとの再会を喜ぶが、その足で為済団に乗り込みサテク妃を人質に取る。陰謀を明らかにしようとするムジン。だがサテク妃側の貴族たちが黙っておらず…。

第6話「殺生簿」

第6話サテク妃を連れて宮南苑にやって来たムジン。そこに為済(ウィジェ)団に捕まったケベクと家族が連れてこられる。家族を殺すという脅しにもサテク妃を放さないムジン。容赦のない為済団はムジンの目の前で妻・ウルリョを刺し殺す。そこに現れた武(ム)王はムジンからサテク妃の陰謀の証拠、殺生簿を渡される。この機会にサテクらを一網打尽にしようとする武王。だがサテク妃はすでに手を打っていた。ケベクは母と兄が他人と知って衝撃を受けていたが…。

第7話「香瓶」

第7話先手を打たれた武(ム)王は仕方なく殺生簿を焼く。都を去ることになったケベクはウンゴを訪ねて思いを告げる。ウンゴは戸惑いながらも彼に香瓶を贈る。その矢先、ケベクとムジンはまた捕まってしまう。ムジンはウィジャとケベクを助けるため、反乱を起こしたと見せかけてウィジャに自分を殺させる。ケベクは国境近くの村に送られるが、そこで新羅軍の捕虜となってしまう。こうして成長したケベク。その胸には今もウンゴの香瓶があった。

第8話「薯童謡(ソドンヨ)」

第8話ウンゴとウィジャはサテク妃を倒すために手を組んでいた。ウンゴは有力貴族・ヨン・ムンジンの娘とウィジャを結婚させようとしていた。娘はサテク妃の息子・キョギとの縁談が決まっていたが、ウンゴは武(ム)王がソンファ妃への思いを遂げるために使った薯童謡(ソドンヨ)の手法を借りて、既成事実を作り上げてしまう。一方新羅の捕虜兵士・ケベクは次々と戦勝を上げ、将軍・キム・ユシンの信頼を得ていた。その頃百済では新羅の椵岑(カジャム)城を攻略する計画が持ち上がっていた…。

第9話「ウィジャとの再会」

第9話百済が攻め入るとの知らせが新羅陣営に入る。さらにキョギとウィジャが先鋒を務めると聞いたケベクは自分がウィジャを殺すと声を上げる。椵岑(カジャム)城の城主・アルチョンの信頼を得る捕虜のソンチュンは、そんなケベクに興味を持っていた。キョギは戦場で新羅軍の仕業に見せかけてウィジャを襲う。毒矢に射られたウィジャは重体に陥るが、戦場に来ていたウンゴの献身的な看病で一命を取り留める。一方ケベクは新羅陣営を脱走し、ウィジャを狙うが…。

第10話「椵岑城(カジャムソン)を落せ」

第10話ケベクがウィジャに襲い掛かった時、ウンゴが現れる。ウンゴから父の死の真相を聞かされたケベクは刀を下して新羅陣営に戻って行く。ウィジャはケベクや捕虜たちを救おうと椵岑(カジャム)城に潜入する。彼はそこで元百済の役人で今は捕虜のソンチュンに出会う。二人は椵岑城を落す計画を立てるが、あと一歩のところでウィジャの正体がばれてしまう。百済陣営ではサテク妃がこの機に乗じてウィジャを殺そうとしていた。そんな中、戦いが始まる。

第11話「泗泚(サビ)への帰還」

第11話ケベクの活躍で椵岑(カジャム)城は百済に落ちる。サテク妃は死んだと思ったウィジャが手柄を立てたのが気に入らない。泗泚(サビ)には戻らないというケベクにウンゴは秘めていた思いを告げ、帰るように促す。ソンチュンら捕虜とともに泗泚に戻ったケベクはそこでサテク妃に寄り添うウンゴの姿を見て衝撃を受ける。だがウンゴもまた両親の復讐のために危険を冒してサテク妃の手先となり、機会を狙っていると知ったケベクはムジンの形見の剣を取り…。

第12話「暴動」

第12話ウィジャを利用してサテク妃の命を狙うケベク。だがそれを止めたのは他ならぬウンゴだった。ウンゴはサテク妃を殺すだけでは復讐は終わらないとケベクを諭す。その頃、ヨン・ムンジンはウィジャを助けるための人材として、官職を辞したばかりのフンスを狙っていたが…。一方戻って来た捕虜たちは定着金を受け取りに集まっていたが、約束と違う扱いに暴動を起こしてしまう。扇動したのがケベクだと聞いたウィジャはその場に駆けつける。

第13話「人質」

第13話ウィジャが捕虜の人質に取られる。サテク妃は交渉人としてウンゴを送る。ウィジャは人質の振りをして捕虜を助ける計画だった。定着金が横領されたことで貴族の腐敗を暴こうとするウンゴとウィジャ。だが武(ム)王は投降しなければ捕虜を殺すと言い出す。ケベクはソンチュンと自分を主導者として処罰するよう求める。ウンゴは商団の仲間とともに民衆に王室の横暴を知らせ、ヨン・ムンジンもフンスを呼んで打開策を立てるよう促すが…。

第14話「世の中のために」

第14話投降すると見せかけて逃げ出したケベクとソンチュン。ウィジャも捕虜とともに追っ手をまいて逃げ延びる。彼らはフンスが暮らす村にやって来る。平和に暮らす村人を見て、ウィジャは百済をこんな国にしたいと言い出す。ところがその間に捕虜の家族たちが殺されてしまう。それを知ったケベクは世の中を変えるため、サテク妃を追いつめる決心をする。宮殿の護衛を選ぶ武術大会に出場したケベクは見事優勝。サテク妃の護衛を希望するが…。

第15話「好機到来」

第15話サテク妃は定着金を横領したコンチョル殺害をケベクに命じる。父や腹心がコンチョルから賄賂を受けていた事実にサテク妃は激しい怒りを見せる。だが腹心だったはずの内臣佐平(ネシンチャピョン・大臣)はすべての罪をサテク妃の父・チョクトクに負わせようとする。サテク一派の仲間割れを機に、ヨン・ムンジンは王妃含め、サテク一派の息の根を止めよと武(ム)王に進言する。一方ケベクはサテク妃の手下、為済(ウィジェ)団を潰すために根城を襲撃する。ところがそこで同じように為済団を狙う謎の男に出会い…。

第16話「罠」

第16話謎の男はケベクの義兄・ムングンだったが、互いに気づかずその場から立ち去る。翌朝、ウィジャとウィジャの義理の父・ヨン・ムンジンらは決起するが、サテク側の仲間割れは罠だった。ウィジャはケベクの知らせで難を逃れるが、ムンジンは捕まってしまう。ムンジンの処刑を命じられたケベクは、父が犠牲になった意味を感じるのだった。一方ウィジャは妻を助けるため出家を決意する。そんなウィジャに共感したケベク、フンス、ソンチュンは民のための百済を作ろうと誓う。

第17話「出家」

第17話サテク妃はウィジャが本当に僧になったか確認しようと米岩(ミアム)寺にやって来る。ちょうどその時、ウィジャの妻・テヨンが出産し、ケベクは生まれたばかりの子どもを平和の村カマクチェに送り届ける。ところが途中で襲われ、子どもは仮死状態に。それを救ったのは村の少女・カヒだった。一方キョギは母・サテク妃に内緒で味方を集めていた。ケベクらはキョギの動きを利用してサテク一派を潰そうと謀る。その頃、サテク・チョクトクはウンゴの動きをそっと探らせていた。

第18話「新しい世界」

第18話ケベクらの罠にはまり国家を危うくしたキョギは王子の身分をはく奪される。サテク妃は武(ム)王を殺して王位を奪取しようと画策していた。それをウィジャに知らせようとしたウンゴは捕えられてしまう。ウンゴは辛くも王の危機をケベクに伝えるが、時すでに遅く、王は暗殺されてしまう。ところが国葬の最中に生きた王が現れる。反逆者を一網打尽にするために打った芝居だった。こうしてサテク一派は追放され、ケベクとウンゴは手を取り合う。

第19話「居列(コヨル)城へ赴任」

第19話太子になったウィジャは希望に燃えていた。一方太子妃・テヨンは多忙を言い訳に自分を避けるウィジャに寂しさを感じる。王はケベクを新羅との国境近くの居列(コヨル)城の郡将に任命する。ケベクはウンゴに同行を求めるが、官職に就くことが決まったウンゴは泗泚(サビ)に残る決心をする。その頃、サテク時代の内臣佐平(ネシンチャピョン・大臣)・キミはウンゴの叔父に金を渡していた。居列城に赴任したケベクは頻繁に新羅の攻撃を受ける村の荒んだ暮らしに胸を痛め…。

第20話「新羅との攻防」

第20話度重なる新羅の攻撃から村と民を守ろうとするケベク。だが村の貴族はその地を捨てて出て行こうとしていた。そんな中、ケベクは自分の命を狙うムングンと再会する。ムングンの素性を知らないケベクは彼に興味を持っていた。その頃、ウィジャは新羅と平和同盟を結ぶため、ウンゴやソンチュンを連れて新羅の都・徐羅伐(ソラボル)を訪問、キム・チュンチュと会談していた。そのことを知らないケベクは新羅を攻撃する準備を着々と進めていた。

第21話「西谷(ソゴク)城陥落」

第21話ムングンとともに西谷(ソゴク)城に攻め入ったケベク。作戦が功を奏し、西谷城はあっけなく落ちる。だがケベクの正体を知ったムングンは、またいなくなってしまう。一方、西谷城攻略を知ったウィジャらは急きょ新羅を脱出し、ケベクとともに泗泚(サビ)に凱旋する。泗泚では民衆がもろ手を挙げてケベクを称えていた。その様子に警戒心を抱いた王は許可なく新羅を攻略した罪をケベクに問おうとする。ウンゴへの思いに苦悩するウィジャもまた…。

第22話「権力の行方」

第22話ケベクは自分が疎まれていると思い、泗泚(サビ)を離れようとしていた。そんな時、カマクチェの少女・カヒが濡れ衣を着せられ投獄されてしまう。ケベクの力でカヒはすぐ釈放されるが、ケベクは官職という権力の大きさに驚いていた。一方、ウンゴはケベクのために貴族を懐柔するが、そこにはサテク一族の側近・キミが関与していた。ウィジャからウンゴの周囲を探るよう密命を受けたケベクはキミから賄賂を受けていたウンゴの叔父を捕えてしまう。

第23話「別れ」

第23話武(ム)王はウンゴを捕える。ウィジャはサテク一族追放の功臣だとウンゴをかばうが、王は彼女が第二のサテクになる可能性を示唆する。ケベクは脱獄させてでもウンゴを救おうとするが、ソンチュンやフンスに止められ思い留まる。処刑が目前に迫ったウンゴ。そこに現れたウィジャはウンゴが自分の子を宿していると告げる。こうしてウィジャの妃となったウンゴ。ケベクは王宮に向かうウンゴを遠くからただ見つめるしかなかった。

第24話「復讐」

第24話ウンゴを失った衝撃に茫然とするケベク。その頃ウンゴは懐妊が偽りとばれ、また捕えられてしまう。ケベクは今度こそウンゴを救い出そうとする。ところが彼女は本当に懐妊していた。この事実にケベクは言葉もなく立ち去って行く。7年が過ぎ、ウィジャは王位に就いていた。ケベクは次々に戦勝を挙げ、民衆から英雄と崇められていた。ケベクの活躍は王に嫉妬と後ろめたさを感じさせる。それこそがケベクの王とウンゴへの復讐だった。

第25話「真の王者」

第25話ケベクはウィジャ王とともに戦場にやって来たウンゴと再会する。その胸には今も彼女への思いが残っていた。それはウンゴも同様だった。そんな二人をケベクに思いを寄せるチョヨンは寂しく見つめていた。一方、泗泚(サビ)には唐の使者がキム・チュンチュとともにやって来る。チュンチュはケベクが次に狙う新羅の党項(タンハン)城を共同使用しないかと王に持ちかける。そんな時、ウンゴは自分が妃となったのは他でもない王の計略だったということを知る。

第26話「一触即発」

第26話ケベクの命で高句麗のヨン・ゲソムンから盟約を取付けたチョヨンが帰国する。だが王はケベクの勝手な行動に不快感を見せ、チュンチュの提案を受け入れると言い出す。その姿にソンチュンは王が独裁の道を歩むのではと案じていた。一方、チュンチュはモク妃(ウンゴ)と王妃に近づき、立太子問題に干渉していた。チュンチュの行動に激怒した王は彼を監禁し、新羅との全面戦争を口にする。ケベクは時期尚早と止めるがモク妃は貴族を懐柔し…。

第27話「チュンチュ脱出」

第27話ケベクはモク妃(ウンゴ)の裏工作を潰してしまう。モク妃は次にウィジャ王の意を受けてチュンチュ暗殺を企てるが、これもまたケベクに知られて未遂に終わる。そんな中、チュンチュが脱走を図る。後を追ったケベクの前に現れたのはなんと義兄・ムングンだった。さらに彼らの前にキム・ユシンと1万の大軍が立ちはだかる。ユシンは勢いに乗り、4つの城を取り戻していた。この知らせにケベクはチュンチュの娘夫婦のいる大耶(テヤ)城攻略に向かうのだが…。

第28話「倒れた王」

第28話大耶(テヤ)城が陥落する。だがケベクはチュンチュの娘夫婦を殺せという王命に逆らってしまう。怒った王はケベクなしで新羅を攻略しようと徐羅伐(ソラボル)に向かうが、負傷して意識不明に陥ってしまう。その間にケベクは大将軍として戦場に赴き、敵を後退させることに成功する。泗泚(サビ)では今も王が意識不明のままだった。王妃とモク妃(ウンゴ)が互いに息子を立太子とすべく動いていた。そのなかでケベクはモク妃が王の計略によって妃となったことを知る。

第29話「立太子」

第29話モク妃(ウンゴ)から息子の立太子推挙を頼まれたケベク。だが彼は中立の立場を崩さない。後ろ盾のないモク妃は立太子争いに敗れ、ウィジャ王が意識不明状態のまま、王妃の息子が太子となる。王妃はいまや怖いものもなく、王宮を思い通りに牛耳り、邪魔なモク妃と息子を王宮から追い出そうと画策していた。それを知ったモク妃は生き残るために太子暗殺を思いつく。一方再度高句麗を訪ねたチョヨンはヨン・ゲソムンから同盟の約束を持って帰国する。

第30話「暴君」

第30話ようやく王が目覚め、モク妃は安堵の涙を流す。王は自分が昏睡している間の出来事を検証し、王妃と息子の他、フンスまで宮殿から追い出してしまう。ケベクが進めていた高句麗との同盟も覆される。王はモク妃の支えのもとで、日ごとに独裁色を強めていく。さらに王に反対する者が見せしめとして処罰されると、王に進言できる者は誰もいなくなってしまう。ソンチュンの言葉さえ聞き入れない王に、ケベクも宮殿を去る決心をするが…。

第31話「追放」

第31話ケベクを戦場から遠ざけようとするウィジャ王。兵士らは反発して座り込むが、王はケベクが反乱を扇動したと怒りをあらわにする。この騒動のさなか、チョヨンが王に刺されてしまう。重傷を負ったチョヨンはケベクに秘めてきた思いを告げる。12年が過ぎ、ケベクとチョヨンは二人の子供とともに仲睦まじく暮らしていた。一方宮殿では王妃と太子の冊立を求めて唐に使者を送るが拒否される。モク妃(ウンゴ)は新羅に唐への口添えを頼もうとするが…。

第32話「再び戦場へ」

第32話次々に城を奪うキム・ユシンに脅威を持った王はケベクを泗泚(サビ)に呼び戻す。王は戦略へのケベクの提案をすべて認め、高句麗のヨン・ゲソムンとの同盟まで受け入れる。こうして百済の将軍として返り咲いたケベクは次々に戦勝を挙げていく。一方劣勢の新羅は唐の冊立を餌に、モク妃(ウンゴ)と側近のイムジャからケベクの作戦を聞き出す。作戦が漏れ、奇襲に遭ったケベクは手痛い大敗を味わう。同じ頃、唐が王妃と太子を冊立したとの知らせが入る。

第33話「ウンゴの策略」

第33話フンスとソンチュンはケベクの敗戦に疑いを抱いていた。ケベクは敗戦の責任を取らされ、投獄されてしまう。王妃となったウンゴは事の重大さに慄いていた。チュンチュとユシンはケベクがいないのをいいことに、唐を使って百済をさらに混乱させようと画策する。その罠にはまったウィジャ王は唐との国交を断絶すると言い出す。そんな中、王は人知れずケベクを出陣させ奪われた刀比川(トビチョン)城を奪還させる。ユシンは罠に落ちたのは自分だと気づくが時すでに遅く…。

第34話「ソンチュンの死」

第34話王妃が新羅と通じていた証拠を握ったソンチュン。だが一人で王妃(ウンゴ)と対決したソンチュンは捕えられ、闇に葬られてしまう。ソンチュンの死体を発見したフンスは義兄弟の死に呆然とする。フンスは王妃の犯行と確信し、ソンチュンが残した証拠を探し出す。だが王は王妃を咎めることができなかった。そんな時、ケベクが泗泚(サビ)に戻って来る。ソンチュンの悲報を聞いたケベクは新羅のせいだと思い込むが、そこにチュンチュからの密書が…。

第35話「戦争前夜」

第35話ケベクは王妃(ウンゴ)がソンチュンを殺したと知る。だがケベクの追及にも王妃は動じない。そんな中、王妃の裏切りは民衆の知るところとなる。切羽詰った王妃は宮殿を脱出、新羅に向かう。一方新羅の動向を怪しむケベクは再度、ヨン・ゲソムンを訪ねるが、事態は深刻だった。その頃王妃は新羅が百済を滅ぼすために大軍を用意していると知り、その事実を伝えるため、百済に引き返す。そんな時、唐の大軍が百済に向かっているという知らせが入る。

第36話「黄山伐(ファンサンボル)の戦い」

第36話唐と新羅は百済を挟み撃ちにしようとしていた。キム・ユシンは今度こそケベクを倒すと闘志を燃やす。百済では弱気になった貴族が私兵を連れて逃げ出す騒ぎが起こっていた。勝ち目のない戦に百済の士気は上がらない。そんな時、チョヨンはケベクを呼び、家族を殺して出陣せよと告げる。それを知った兵士たちはケベクと運命をともにする決意をする。こうして、ケベク率いるわずか5千の百済軍は、キム・ユシン率いる5万人の新羅軍と黄山伐(ファンサンボル)で対峙する。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.