KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-
ストーリー
あらすじ

※2019年4月30日(火)スタート!

朝鮮第九代王・成宗の時代。奴婢アモゲの子として生まれたギルドンには、ある特殊な力が備わっていた。それが不吉な運命を招くと考える父は、息子を守るために奴婢の身分から脱出しようとするが...。そんな中、娘を出産後に亡くなった妻の無念を晴らすべく仇討ちを決意したアモゲ。だが、彼が主人を殺めたところをギルドンが目撃してしまう。12年後、全国を旅する行商人となったギルドンは、妓生のコンファこと後のノクスとその付き人ガリョンと運命の出会いを果たす。間もなく朝廷では第10代王・燕山君が即位。やがてギルドンと燕山君は因縁の宿敵として遭遇することに...。

第1話「父との約束」

第1話15世紀後半の朝鮮王朝時代。奴婢のアモゲは、幼い息子のギルドンが人間離れした怪力の持ち主であることに気づく。身分の低い者が怪力を持っていると知られれば、ギルドンはもちろん家族も無事ではいられない。ギルドンの正体を隠すため、アモゲは長年仕えてきたチョ参奉に主人とは別に暮らす"外住まい"として働きたいと申し出る。チョ参奉に反対されたアモゲは、交換条件として大金を稼いでくることを約束し、開京に向かうが...。

第2話「卑劣な罠」

第2話ギルドンは怪力を使ってはならないという言いつけを守りながら、父アモゲの帰りを待ちわびていた。そんな中、村に戻ったアモゲは外住まいすることをチョ参奉に許され、家族を連れて引っ越しをする。ギルドンの命を守るため、奴婢の身分から抜け出そうと決意したアモゲ。泥棒のソブリと手を組んで金を稼いだ彼は、密かに蓄えた財産で良民の身分を手に入れる算段をつける。だが、チョ参奉と妻のパク氏はアモゲの財産を奪おうと企てて...。

第3話「命がけの訴え」

第3話最愛の妻クモクを亡くしたアモゲは怒りに燃え、チョ参奉を殺害。その姿を目撃したギルドンは衝撃を受けるが、父を庇うために血の付いたわらじを密かに燃やす。しかしパク氏の訴えによって、アモゲは主人殺しの疑いで投獄されることに...。死刑となる危機にさらされながらも、アモゲは尋問の場で妻の無念を晴らそうとする。そんな中、パク氏はギルドンが怪力の持ち主だという噂を聞き、彼をたった一人で虎がでる山に向かわせる。

第4話「新天地へ」

第4話アモゲは無実を証明して自由の身となり、パク氏は逃げるように実家へ帰る。アモゲは自分に手を貸してくれた役人のオム・ジャチに「役所の頂点に立たせる」と約束。子どもたちを連れて匿禍里(イクァリ)に移り住み、盗賊を率いて明国との密貿易で商才を発揮する。ギルドンは命の危険を冒してまで商売に打ち込むアモゲを見て、父が変わってしまったことに戸惑うが...。そんなある日、海賊に遭遇したアモゲはオム・ジャチを匿禍里に呼び寄せて...。

第5話「宿命の出会い」

第5話12年後。ギルドンは女性を美しく変身させる小間物売りとして全国を飛び回っていた。彼の手にかかれば、どんな男でも振り向かせることができるという噂を耳にした妓生のコンファはガリョンを使いに出し、ギルドンを呼び寄せる。「王の心を手に入れたい」と話すコンファを口説こうとしたギルドンは、ガリョンに平手打ちされてしまう。一方、アモゲは人身売買で悪名の高いホ・テハクから手を組もうと誘われて断り、命を狙われるが...。

第6話「王族の企み」

第6話アモゲは王族のチュンウォン君から下女のヨミを連れ戻せと命じられる。アモゲはいっそ殺してほしいと懇願するヨミを密かに逃がすが、ホ・テハクがチュンウォン君にこれを報告。アモゲはヨミを殺したという濡れ衣を着せられて投獄される。さらに、チョ参奉の妻パク氏の密告により、12年前の主人殺しまでチュンウォン君に知られてしまったアモゲ。ギルドンはアモゲを脱獄させるというオム・ジャチの計画に従い、兄と妹と共に父を待つが...。

第7話「惹かれあう愛」

第7話ギルドンは矢の刺さった体でオリニを捜し回り、コンファのいる妓楼に辿り着く。妓生たちに怪しまれたギルドンはガリョンに殴られて倒れ、数日後に意識を取り戻したときには記憶を失っていた。しばらく妓楼に身を寄せることになったギルドンは、自分に刺さっていた矢を手がかりに何が起こったのかを探り始める。コンファとギルドンはしだいに惹かれ合い、口づけを交わすが...。一方、燕山君は死を間近に控えた父の成宗に衝撃的な告白をする。

第8話「思わぬ再会」

第8話記憶を取り戻したギルドンは妹を捜すために匿禍里に戻り、村人から父のアモゲが死んだことを聞かされる。一方、コンファは戻ってくるという言葉を信じてギルドンを待つが、2カ月が過ぎても彼は現れない。傷ついたコンファは掌楽院に入り、新たな王として即位した燕山君に近づこうと決意する。その後ギルドンは妓楼に戻るが、そこに残っていたのはガリョンだけだった。ギルドンは自分のそばを離れないガリョンと共に母の墓に向かうが...。

第9話「ならず者の流儀」

第9話ギルドンの兄、ギリョンは両班になりすまして生きていた。ソン・ドファンに連れられて書院を訪れた彼はある儒生と出会い、共に勉学に励もうと誘われるが...。一方、チュンウォン君への復讐を決意したギルドンは、テハクを自分たちに協力させる計画を立てる。ガリョンはテハクの部屋に潜入する危険な役目を買って出て...。そんな中、コンファは自分とギルドンの関係を知る内官キム・ジャウォンから、王に仕えるべきではないと告げられる。

第10話「悲しみの叫び」

第10話アモゲはギルドンが怪力を取り戻したことに気づき、家族のことは忘れて自分とは違う生き方をしろと告げる。だが、ギルドンは必ず復讐を果たしてみせると父に宣言。荷物持ちになりすましてチュンウォン君に接近する。一方、匿禍里に戻ろうとしたギリョンはアモゲが死んだという話を聞いて絶望し、科挙を受ける決意をする。宮中では大臣たちが水陸斎に猛反対を続け、燕山君は気を落とす。コンファはそんな燕山君を慰めるために舞を踊り...。

第11話「王の微笑み」

第11話コンファは燕山君に名を聞かれ、ノクスと名乗る。燕山君を微笑ませ、髪飾りまで授かったノクスは彼の心をつかんだと確信するが...。そんな中、ギルドンは妓楼を作ることを決意。燕山君がチュンウォン君を討つように仕向けるという計画を父と仲間たちに明かす。ギルドンたちは宴会でチュンウォン君をもてなしつつ情報を集め、彼の悪評を燕山君の耳に入れるが...。一方、ギリョンは科挙に見事合格し、宮中の記録係である史官に登用される。

第12話「怒りの琴線」

第12話燕山君は掌楽院の女楽たちを集め、自分に関する世間の噂を問い質す。他の女楽たちが物怖じする中、ノクスは燕山君と彼の祖父にあたる世祖の悪評までを正直に報告。憤った燕山君は、世祖の噂が記された文書を探し始める。そんな中、ギリョンが王朝実録の草稿である史草の中から世祖を暗に批判した"弔義帝文"を発見。朝廷では大騒動が巻き起こる。ギルドンはこの機会を利用してチュンウォン君を罠に陥れる計画を立てるが...。

第13話「大成した罠」

第13話燕山君は世祖の悪評を吹聴した人物を次々と捕らえ、大規模な粛清を始める。イ・ジョンスの証言によって捕らえられたチュンウォン君は、王族にもかかわらず尋問場に引き出される。ギルドンに指示されたとおり、チュンウォン君に不利な証言をするイ・ジョンス。踏み台ことギルドンはチュンウォン君の潔白を明らかにする証人として尋問場に呼ばれるが...。一方、王命でチュンウォン君の邸宅を捜索したギリョンは、あるものを発見して...。

第14話「父との別れ」

第14話復讐を果たしたアモゲとギルドンたちは晴れて匿禍里へ戻り、家族として"ホン"の姓を名乗り始める。ギルドンとの結婚を夢見るガリョンはホンの姓はいらないと言い、アモゲにギルドンのことが好きだと明かす。そんなある日、アモゲはギルドンを連れて妻の墓へ向かうが...。一方、テハクはギルドンがチュンウォン君から取り戻した銀山を奪おうと企んでいた。宮中では、逆臣の粛清に成功した燕山君が褒美を与えるためにノクスを呼んで...。

第15話「力の使い道」

第15話銀山の所有者として官職を得たソブリは、キム尚伝(サンジョン)から2カ月以内に大量の銀を納めるように命じられる。ギルドンは銀の生産量を増やそうと決めるが、ソブリの失言によってキム尚伝と対面することに。チュンウォン君を陥れるために王を騙したことを咎められた彼は、禁酒令を利用して王室の財政を潤わせるとキム尚伝に約束するが...。一方、流刑地のチュンウォン君はパク氏からドファンを紹介され、ギルドン一味に復讐をしたいと明かす。

第16話「波乱の前触れ」

第16話4年後。ギルドンと仲間たちは平穏で裕福な暮らしを送っていた。一方、チュンウォン君はドファンの助けによって燕山君に流刑を解かれ、漢陽に戻る。ギルドンへの復讐には両班男性の民心を利用すべきだというドファンの助言に従い、チュンウォン君は早速行動を開始する。そんな中、ガリョンに縁談が持ち上がり、ギルドンは見合い相手に嫉妬するが、これはガリョンの作戦だった。ついにガリョンは自分の気持ちをギルドンに告白するが...。

第17話「背後で暗躍するもの」

第17話ギルドンの前に姿を現わしたチュンウォン君。ギルドンは彼の質素な暮らしぶりを見て、背後に何者かがいるはずだと確信する。そんな中、ドファンは漢城府のジョンハクことスハクに両班を襲う盗賊の調査を命じる。その正体は義賊として密かに悪人を罰していたギルドンだった。ジョンハクに正体を暴かれそうになったギルドンは燕山君を妓楼に招き、母の廃妃ユン氏の噂話を聞かせる。ノクスは悲憤に駆られた燕山君を慰める役目を仰せつかるが...。

第18話「妹の居場所」

第18話ジョンハクはギルドンを陥れる計画を立て、チュンウォン君の奴婢の中にオリニがいたという偽りの情報を告げる。ギルドンは怒りのあまりチュンウォン君を殺そうとするが、幼い頃の怪力を取り戻したモリに投げ飛ばされ気絶してしまう。仲間たちに救出されたギルドンはチュンウォン君が持っていた書物にオリニの名前があることを確認し、妹を探す旅に出ようと決意する。ガリョンは妻として帰りを待ちたいという願いをギルドンに明かして...。

第19話「盗賊の活躍」

第19話ギルドンと仲間たちは全国をめぐって守貴単(スグィダン)の両班たちを1人ずつ懲らしめていく。一方、ギリョンは盗賊のホン一味が現れた地域の共通点に気づき、彼らを待ち伏せして捕らえようと考える。ドファンの命令を受けたジョンハクもまた、官軍を率いてギルドンを追っていた。そんな中、ギルドンたちは王の贅沢な宴会が原因で民が苦しんでいることを知り、暗行御史になりすまして村を救う。義賊ホン僉知(チョムジ)はますます民に愛される存在になるが...。

第20話「思いもよらぬ再会」

第20話燕山君はギルドンが民心を盗んでいるというドファンの言葉を聞き、苦々しい気持ちを抱く。ギリョンは偶然再会したオム・ジャチからギルドンが生きていると聞かされるが、彼が再び自分を騙そうとしていると疑い憤慨する。一方、ギルドンは久しぶりに自宅に戻り、自分が目にした世の中の不条理についてガリョンに語る。再び旅立ったギルドンは村人を殺した守貴単を懲らしめようとするが、そこに官軍を引き連れたギリョンがやってきて...。

第21話「因縁の対面」

第21話捕らえられた仲間たちを救うべく自訴したギルドン。ついに燕山君と対面した彼は『行録』を渡して守貴単の横暴ぶりを訴える。一方、ギリョンはギルドンの功績を伝えて大臣たちを説得し、ギルドンを死刑にするのではなく国境の警備に当たらせるべきだと燕山君に進言する。しかし、燕山君は民の信望を集めるギルドンを生かしておくつもりなど毛頭なかった。燕山君はギルドンに毒を盛り、大衆の前で狩人たちと決闘させる"人狩り"を開くが...。

第22話「暴力の為政者」

第22話パク氏から母・廃妃ユン氏の書簡について聞き、激怒した燕山君。ギルドンの父アモゲが母の書簡を利用したことまでを知った彼は、ギルドンに剣を振りかざそうとする。ギリョンの機転によってギルドンは命拾いするが、ひどく痛めつけられて投獄されてしまう。ノクスはギルドンの元を密かに訪れ、自分が救い出すまで生き延びてほしいと告げる。そんな中、燕山君は母の死に関わった臣下を次々と処刑し、狩場を作ってギルドンをいたぶるが...。

第23話「戦いの狼煙」

第23話王に立ち向かうことを決意したギルドンは仲間たちと共に脱獄。燕山君は彼らを追うが、復活を遂げたギルドンに警告されて震え上がる。自分を脅かすギルドンへの恐怖心から、燕山君はますます暴虐になっていく。一方、ギルドンは仲間たちと安全に暮らせる場所を見つけ出し、自分を慕う民を呼び寄せる。そんな中、ギルドンが死んだという触書を目にしたガリョンは燕山君への復讐を決意。命懸けで王の前に姿を現し、妓生として宮中に入るが...。

第24話「正義の逆賊」

第24話ギルドンは燕山君に捕らえられた人々を救い出すと宣言。ギルドンの民は恐れをなして尻込みするが、ホン家の仲間たちの成功談に勇気づけられて共に闘うことを決意する。一方、悪夢にうなされた燕山君はガリョンを寝殿に呼び、彼女の語りを聞きながら久しぶりに深い眠りにつく。これを知ったノクスは危機感を抱き、身の程をわきまえるようにとガリョンに釘を刺す。そんな中、ガリョンはギルドンが持っていた布の切れ端を宮中で発見するが...。

第25話「反逆開始」

第25話ついに王宮に乗り込んだギルドンと仲間たち。燕山君は慌てて逃げ出すが、護衛兵や側近と引き離されて孤立する。ギリョンは忠臣を装って燕山君を救い出し、信頼を得ることに成功。ギルドンを追うという名目で官軍の兵力を手に入れ、次なる計画のために動き出す。一方、燕山君は自分を守れなかった臣下たちに不満を抱き、ノクスすら信じられなくなる。罪のない人々が王命で次々と処刑され、宮中では燕山君に対する臣下の反感が高まっていくが...。

第26話「兄妹の再会」

第26話ハソンことギリョンがギルドンの兄だったことを知り、衝撃を受ける燕山君。ジョンハクは官軍を率いてギリョンの後を追うが...。サンファはギルドンやギリョンのことを思い出せず、自分はオリニではないと否定。ギルドンの居場所を知らせるため、密かにドファンの元へ向かおうとする。一方、悪夢を見た燕山君は再び寝殿にガリョンを呼び、物語を聞かせてくれと頼む。ガリョンは寝ついた燕山君をかんざしで殺そうとするが、その場にノクスが現れて...。

第27話「民の力」

第27話香州牧(ヒャンジュモク)では燕山君を批判する貼り紙をした儒生が次々と捕らえられ、その家族までもが命の危険にさらされていた。ギルドンとホン家の仲間たちは村人を守るために戦い、官軍を追い払う。これを知った燕山君は激怒し、ジョンハク率いる数百の兵を再び村に送り込む。一方、ノクスは燕山君の寵愛を取り戻すため、ガリョンがギルドンの妻であることを暴露する。燕山君の前に引きずり出されたガリョンは、真実をすべて話すと告げるが...。

第28話「涙の一矢」

第28話人質として木に縛り付けられたガリョン。ギルドンはすぐにガリョンを助けに行こうとするが、ギリョンに制止され思い留まる。燕山君はうろたえるギルドンを見て満足し、再びガリョンを監禁する。香州牧には官軍だけでなく傭兵や守貴単の兵までもが集結。村人たちはギルドンのために逃げ道を作ると言い、ガリョンを救い出して逃げてほしいと告げる。しかしギルドンはガリョンに向かって矢を放ち、民を守る闘いを開始するのだった...。

第29話「王への反撃」

第29話官軍を打ち負かし、香州牧を救ったギルドン。命からがら逃げだした燕山君は、再び兵力を集めて香州牧を攻撃しろとパク・ウォンジョンに命じる。一方、ジョンハクとパク氏は戦いに敗れた責任を問われ、奴婢の身分に落とされてしまう。そんな中、ギルドンはガリョンの意識が戻ったことに気づき、涙を流しながら彼女を抱き締める。ガリョンは燕山君を王座から引きずり下ろすというギルドンの決意を聞いて衝撃を受けるが...。

第30話「民の英雄」

第30話パク・ウォンジョンは兵士を引き連れて燕山君の前に現れ、玉璽を渡せと迫る。ノクスは取り乱した燕山君を優しくなだめ、死を覚悟して別れの挨拶をする。ギルドンはノクスを逃がして命を救おうとするが、彼女は自分の選んだ道を歩むのだった。燕山君は民衆の非難の声を浴びながら流刑地へと送られる。すべてを終えたギルドンとホン家の仲間たちは香州牧に戻り、燕山君が廃位されたと報告。ギルドンはガリョンから朗報を聞いて...。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.