KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
カプトンイ 真実を追う者たち
ストーリー
あらすじ

※2018年4月4日(水)スタート!

複数の女性が犠牲になった連続殺人事件。「カプトンイ」と名づけられた犯人が捕まることはなく、未解決事件として時効を迎えた。20年後、カプトンイの事件と酷似した殺人事件が発生する―。カプトンイと疑われ、無念の死を遂げた父の汚名をすすぐため刑事となったハ・ムヨムは、真犯人を突き止めようと奔走するが、そんな彼をあざ笑うかのように、次々と事件が発生し・・・。

第1話「甦(よみがえ)る過去」

第1話1996年、京畿道イルタン連続婦女暴行殺人事件が起こる。犯人は"カプトンイ"と名づけられ、ヤン・チョルゴン刑事はハ・イルシクを容疑者として追い詰めるがイルシクは否認。結局、事件は迷宮入りし、ヤンは異動する。19年後、ヤンはカプトンイを逮捕すべくイルタン署に戻り、そこで刑事となったイルシクの息子ムヨムと再会する。そんな中、医療刑務所で"俺が本物のカプトンイだ"という落書きが発見され...。

第2話「再び始まる悪夢」

第2話クリスマスイヴの夜、医療刑務所から出所しカフェで働き始めたリュ・テオは、ケーキのチラシを配りながらターゲットを物色する。一方、ムヨムは精神科医のマリアを呼び出すが、そんなマリアにテオから連絡が入る。翌日、ついに第1の事件が発生。現場に駆けつけたムヨムは19年前とそっくりな手口に衝撃を受け、再びカプトンイ逮捕への思いをたぎらせるが、ムヨムをカプトンイの息子と信じるヤン課長はムヨムを強制的に捜査から排除する。

第3話「予告殺人」

第3話大みそかの夜、20年前に第2の事件が起きた現場で襲われ、気を失ったムヨム。テオはムヨムを名乗ってネット新聞社に電話をかけ、カプトンイの再来と第2の事件に対する警告をリークする。カプトンイのニュースは瞬く間に広まり、イルタン署は大騒ぎに。事実を確かめるためネット新聞社を訪れたムヨムはそこでマリアと遭遇。リークがカプトンイの仕業と信じるマリアは、第1の事件の終わりを見つけることが犯人逮捕につながると助言する。

第4話「口笛」

第4話死体発見現場にいたムヨムをヤンは事件の容疑者として連行。今回もすべての手口が過去と一致することから、ヤンはカプトンイの模倣事件と断定してムヨムを追及する。容疑を固めるため精神鑑定に回されたムヨムをマリアが担当。そこへ死体発見現場で流れていた口笛が聞こえてきて、マリアはおびえながらこれがカプトンイの口笛だと言う。その頃、逮捕の決定的証拠を得るため、ヤンはムヨムのDNA検査を行おうとするが...。

第5話「賭け」

第5話自分が犯人だという突然のムヨムの自白に警察は大混乱に。この日はちょうど第3の事件の予定日で、テオはターゲットを見つけ着々と準備を進めていた。マリアからムヨムが自白した理由を聞かされたヤンはムヨムを追及。結局、2人ともカプトンイ逮捕という同じ目標を持っていることに気づく。ところが、ムヨムの逮捕後に第2の事件が起こることを恐れる警察は、ヤンにムヨムの釈放を命令。辞職か釈放かの決断を迫られたヤンは...。

第6話「リュ・テオの過去」

第6話リュ・テオがカプトンイだと直感したムヨムは、逃げるどころか挑発的な態度を取るテオが気になってしかたがない。テオの過去を調べたムヨムは、テオとカプトンイの接点に自分が関わっていたことを知る。その頃、誤認逮捕で面目を失った警察は、捜査本部を設置し第4の事件の防止に全力を注ぐ。そして第4の事件発生が予定されている日の前日。警察がテオをマークする中、テオはマリアに明日1日、自分と一緒にいてくれれば自分の潔白を証明すると言い...。

第7話「ロシアンルーレット」

第7話テオの罠にハマり、激高してテオに拳銃を突きつけるムヨム。そこへヤンが駆けつけるが、ヤンの放った弾がムヨムの頭に命中する。テオは警察の追及にしらを切りとおし、逆に弁護士を通して銃の乱用を告訴すると脅しをかけてくる。容疑者を突き止めながらも逮捕できないヤンに上層部は第5の事件が発生したら捜査本部長を解任すると宣告。そんな中、第5の事件の予定日は刻々と近づき、ムヨムを訪ねたテオはとんでもない指示を出す。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.