KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
赤と黒
ストーリー
あらすじ
※2020年3月11日(水)スタート!
幼い頃、無理やり育ての親から引き離され、巨大財閥ヘシングループの後継者"ホン・テソン"として総帥、ホン会長の寵愛を受けて育てられたシム・ゴヌク(キム・ナムギル)。しかしDNA鑑定で本人ではないと判明すると野良犬のように容赦なく捨てられた。自分の人生を滅茶苦茶にしたヘシングループヘ復讐を果たすため、長く緻密な計画が秘かに始まった。
ヘシングループ会長の末娘ホン・モネ(チョン・ソミン)は、偶然に出会った妖しい魅力を秘めた謎の男に心を奪われてしまう。謎の男こそ、成長したゴヌクであった。ゴヌクとの出会いを運命だと信じるモネと、ゴヌクを危険視するモネの姉、長女ホン・テラ(オ ・ヨンス)。姉妹とゴヌクを巡る危険な恋の駆け引きが始まる...。
一方、シン会長夫人が主催する美術展示会の準備に没頭するアートコンサルタントのムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、グループの次男、御曹子ホン・テソン(キム・ジェウク)に狙いを定めていた。目的は、憧れのセレブ生活を手に入れること!しかしモネのついたウソによってゴヌクのことをテソンと思い込んでしまったジェインは、偶然を装いゴヌクに近づいていく。 "ホン・テソン"という名を奪われた男、"ホン・テソン"という名を与えられた男、そして"ホン・デノン"に近づく女。3人が出会ったとき、ついに運命の歯車が激しく動き出す。
第1話「天使の羽」

第1話アートコンサルタントとして働くムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、出張先の済州島で開かれる巨大財閥ヘシングループの次女ホン・モネ(チョン・ソミン)の誕生パーティーに、御曹司のホン・テソン(キム・ジェウク)が参加するとの噂を聞き興味を持つ。一方、済州島でクルージングを楽しむモネと姉のテラ(オ・ヨンス)たちの前に突如、スカイダイビングのスタントを行うシム・ゴヌク(キム・ナムギル)が舞い降りてきた。

第2話「報復の始まり」

第2話シム・ゴヌク(キム・ナムギル)は遂にモネの兄ホン・テソン(キム・ジェウク)と運命の出会いを果たす。実はゴヌクは幼いころ両親から引き離され、ヘシングループ・ホン会長の息子"ホン・テソン"として育てられたが、偽物だと分かると野良犬のように捨てられた過去があった。一方、ホン・モネ(チョン・ソミン)のついたウソによってゴヌクをテソンだと思いこんだムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、ゴヌクに意図的に近づいてゆく。

第3話「恋病み(こいやみ)」

第3話シム・ゴヌク(キム・ナムギル)は、わざとホン・モネ(チョン・ソミン)を遠ざけ焦らし始めると、モネは恋煩いで何日も寝込んでしまう。ムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、モネを元気づけるために、兄のテソンと3人で食事をしようと誘う。勘違いしているジェインが言う"テソン"がゴヌクのことだと分かったモネは、オシャレをしてレストランへ向う。二人が待つ中、モネがいるとは知らずにゴヌクは何食わぬ顔でやってくる。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.