2019年3月の記事一覧

2019年3月28日放送

春の京都府立植物園

京都府立植物園では、この時期、園内の桜がまさに見ごろです。
植物園には約150品種の桜が植えられていまして、それぞれに開花時期が違います。
早咲きの品種は3月中旬から、遅咲きの品種は4月下旬頃まで咲いているので、あわせて1ヶ月以上にわたっていろんな桜の見ごろが続くということなんです。

珍しいとかユニークなサクラもあります。
例えば、「鬱金(ウコン)」という品種は名前の通り、花の色が淡い黄色です。
「御衣黄(ギョウイコウ)」は、貴族の衣装の萌黄色に近い、淡い緑色の花の色が特徴です。
他にも虎の尾のように伸びた枝に花が咲く「市原虎の尾」、ひとつの花に300枚以上の花びらがつく「兼六園菊桜」などの品種もあります。

4月19日から21日までは、「桜散歩」という職員による桜ガイドツアーが開催されます。
その他、夜9時まで夜桜を楽しんでいただける桜ライトアップは4月7日まで。
4月19日から22日までの「サトザクラ展」では、植物園が栽培する約150点のサクラの切り枝を一堂に集めて展示します。

温室では、4月14日まで「球根ベゴニア展」を開催していて、約300鉢を展示します。
「地上で最も美しい花」と言われるベゴニアのいろんな種類がご覧いただけます。

春のお花であふれる京都府立植物園にみなさんぜひ足をお運びください。

春の京都府立植物園
春の京都府立植物園

出演者

京都府広報課 山元もえさん
京都府立植物園 岡垣勝さん

「もうひとつの京都」合唱フェスティバルは3月9日、土曜日に開催されます。

当日の出場されるグループステージに立たれる方々は、組曲「もうひとつの京都」のいずれか1曲と自由曲を歌って1次審査を通過された方々です。
去年はロームシアター京都・メインホールで開催されましたが、今年は京都コンサートホールの大ホールでの開催となりました。

出場資格は8名以上のグループで、男女、年齢の制限はありません。
今年、これまでの混声四部、女声三部、同声二部に加えて、要望の高かった男声四部版の楽譜を新たに出版しましたので、より幅広い層から参加をいただきました。

今年、出場する13組のみなさんには、金賞、銀賞、銅賞として、賞金があるほか、お茶の京都賞、森の京都賞、海の京都賞の表彰があります。

第3回「もうひとつの京都」合唱フェスティバルは、3月9日(土)13時から開催です。
会場は、京都市営地下鉄「北山駅」すぐの京都コンサートホール・大ホールです。
料金は1000円で、小学生は500円、全席自由席です。

「もうひとつの京都」合唱フェスティバル
「もうひとつの京都」合唱フェスティバル

出演者

京都府広報課 山元もえさん
京都府広報課 水越稔子さん

このページの上部へ

番組概要

各界で活躍しているリポーター「ふらりーさん」が、京都府各地を訪れ、それぞれの得意分野を生かしながら、府民の目線から、京都府内のイベントや施設・施策などを紹介していくコーナーです。

リンク

京都ライブ!

KBS京都テレビ「京都京都ライブ」は、毎月第4月曜日 19:30~20:00の放送です。

京職人手帖