2019年2月の記事一覧

「アーティスツ・フェア・キョウト」は若手芸術家たちが活躍できるような仕組みを作ろうと、昨年から始まったユニークなアートイベントです。
イベントでは、アーティストが自分の作品の出品者となって、来場された方々に自分の作品をプレゼンして販売するので、作品制作の背景やコンセプトとか想いっていうのをアーティストからその場で聞けるということです。

今年は選抜された若手アーティスト自身が来場者を迎えるスタイルはそのままに、メイン会場は昨年と同様、京都文化博物館の別館と、そして、新たに京都新聞ビル印刷工場跡が加わります。
総勢52名の出品者から、約200点の作品展示を行います。

またこの日は、今年初めて参加される現代美術家の笹岡由梨子さんにご出演いただきました。笹岡さんには参加の経緯や意気込みなどを伺いました。

「アーティスツ・フェア・キョウト2019」は、3月2日と3日の土曜日・日曜日、京都文化博物館の別館と京都新聞ビル 印刷工場跡をメイン会場に、5か所をサテライト会場にして開催されます。
京都文化博物館・別館の入場料は1,000円、学生さんは学生証をおもちいただけたら無料です。
どの会場も、会場全体がアート空間としてプロデュースされますので、大勢の方にお越しいただきたいと思います。

アーティスツ・フェア・キョウト
アーティスツ・フェア・キョウト

出演者

京都府広報課 山元もえさん
京都府文化芸術課 村上暁子さん
現代美術家 笹岡由梨子さん

2019年2月7日放送

ポップアップミュージアム

今回は京都文化力プロジェクトの「POP UP MUSEUM」についてお伝えしました。
ポップアップ・ミュージアムということは、「飛び出す」ミュージアムのイメージ。
オール京都で取り組んでいる京都文化力プロジェクト実行委員会では,
東京2020オリンピック・パラリンピックなどに向けて、国内外に京都の文化を発信する取組を推進しているんですが、
その一環として、今年度は、「野外インスタレーション展」で展示する作品を募集し、
その中のプランを実際にみなさんに「体感」していただこうというものです。

作品展は、2月16日から3月17日まで、
地下鉄・北山駅近くの旧京都府立総合資料館で行われます。
2月16日には、旧総合資料館近くの京都府立京都学・歴彩館で、
大賞などの授賞式と京都にゆかりのある建築家やアーティストが独自の視点で語る
「都市空間における祝祭と文化」というシンポジウムが行われます。

ポップアップミュージアム
ポップアップミュージアム

出演者

京都府広報課 山元もえさん
京都府文化スポーツ部文化芸術課 井本ゆかさん

2019年1月31日放送

Kyoto演劇フェスティバル

「Kyoto演劇フェスティバル」は京都府立文化芸術会館で毎年、行われていて、今年で第40回目を迎えます。通称:演フェスと言われていて、1979年に「京都府演劇祭」として産声を上げ、これまで500団体以上の参加と30万人以上の皆さんに足をお運びいただきました。また「子どもから大人までが楽しめるフェスティバル」として、全国でも非常に稀な催しで、現在では「京都の冬恒例の演劇祭」とまで言われています。

「第40回記念Kyoto演劇フェスティバル」は、2月3日の日曜日から2月24日の日曜日までの土日祝日、京都府立文化芸術会館で行われています。
詳しくは、文化芸術会館(075-222-1046)までお問合せください。プログラムはHPにも掲載しています。

Kyoto演劇フェスティバル
Kyoto演劇フェスティバル

出演者

京都府広報課 山元もえさん
Kyoto演劇フェスティバル実行委員 中田達幸さん、小谷常さん
人形 ピンちゃん

このページの上部へ

番組概要

各界で活躍しているリポーター「ふらりーさん」が、京都府各地を訪れ、それぞれの得意分野を生かしながら、府民の目線から、京都府内のイベントや施設・施策などを紹介していくコーナーです。

リンク

京都ライブ!

KBS京都テレビ「京都京都ライブ」は、毎月第4月曜日 19:30~20:00の放送です。

京職人手帖