2018年12月の記事一覧

京都文化博物館(中京区三条高倉)は京都の歴史と文化をわかりやすく紹介する総合的な文化施設として
平安建都1200年記念事業の一環で昭和63年に開館して、今年30周年を迎えました。

別館は代表的な近代洋風建築として重要文化財の指定をうけた建物です。
元々は旧日本銀行京都支店だった建物で、設立当時の趣きが調度品や照明器具なども含めて復元され、吹き抜けとなっているホールでは、様々な催しが行われています。

1階ミュージアムショップでは、開館30周年を記念したオリジナルグッズ、
ふせんやマスキングテープなどの可愛いグッズも販売しています。

来年2月から開催の特別展「北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―」では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、神社と信仰のあり方を紹介します。前期は来年2月23日から3月17日まで、工期は3月19日から4月14日まで(前期後期で展示内容が一部変更)

開催中、開催予定のすべての展覧会について、
詳しくは「京都文化博物館」ホームページをご覧になってください。

今年30周年を迎えた 京都文化博物館
今年30周年を迎えた 京都文化博物館

出演者

京都府広報課 山元もえさん
京都文化博物館 学芸員 西山剛さん

2018年12月6日放送

森の京都ジビエフェア

今週末から開催される「ジビエフェア」を紹介しました。
ジビエとは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉。
このジビエフェアで扱われるジビエは、シカとイノシシになりますが、
狩猟が解禁される11月から2月までの間は、流通量が多くなりますので、
おいしいジビエをいただくのは、まさに今がベストシーズンです!

シカ肉は他の食肉と比べて脂肪が少ないヘルシーな食材で、低カロリーなのに高たんぱく、鉄分も豊富です。
イノシシ肉は赤身はもちろんコラーゲンたっぷりの脂身もおいしくいただけます。
狩猟後の適切な処理と部位ごとにふさわしい調理がされていれば、とてもおいしくいただけます。

「森の京都ジビエフェア」は12月8日から2019年2月11日まで、
亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市と舞鶴市にある62店舗でジビエ料理が提供されます。
店舗の場所やメニューなど詳しくは、「森の京都ジビエフェア」で検索してください。

森の京都ジビエフェア
森の京都ジビエフェア

出演者

京都府広報課 山元もえさん
中丹広域振興局農林商工部 牛丸敦允さん

このページの上部へ

番組概要

各界で活躍しているリポーター「ふらりーさん」が、京都府各地を訪れ、それぞれの得意分野を生かしながら、府民の目線から、京都府内のイベントや施設・施策などを紹介していくコーナーです。

KBS京都テレビ『おやかまっさん』番組内「みんなの京都ふらりー」のコーナーは、第1~4木曜日の放送となります。『おやかまっさん』の放送日は、毎週月曜~金曜日 11:00~11:55です。

リンク

京都ライブ!

KBS京都テレビ「京都京都ライブ」は、毎月第4月曜日 19:30~20:00の放送です。

京職人手帖

「みんなの京都ふらりー ~京職人手帖~」は、KBS京都テレビ「おやかまっさん」内で第2・4木曜日のオンエアです。 (「おやかまっさん」放送日時:毎週月曜~金曜 11:00~11:55)