2018年11月の記事一覧

ご自身がお住まいの京都へふるさと納税することができるんです。もし自分の住んでいる京都へふるさと納税をすれば、京都の公共サービスや自治体の取り組みを応援することになります。

「文化財を守り伝える京都府基金」を通してすべて文化財保護に活用されます。一万円以上の寄附から、祇園祭や葵祭での特別招待や、清水寺などへの特別拝観など、実際に体験をして出来るメニューが用意されています。

「京都スタジアム整備の寄附金」亀岡市で現在、2020年春のオープンに向け建設中の京都スタジアム整備のための寄付金を募集しています。寄附金額により色々なメニューがあり、記念カードやスタジアムへのネームプレートの掲出、京都サンガFC戦のVIP席での観戦などの特典があります。

最後は「母校応援ふるさと事業」。京都府立の学校を応援する事業への寄付です。府立高校や特別支援学校が行っている部活動や特色ある教育活動といった学校の魅力アップの取組に対して、学校ごとに使い道を設定して寄附を募集しています。


「文化財を守り伝える京都府基金」は、「ふるさとチョイス」で検索してください。
また、「京都スタジアム整備の寄附金」は、京都府のホームページからお申し込みいただけるほか、郵便局や銀行の窓口に備えられている納付書にて、お振り込みいただけます。
「母校応援ふるさと事業」はクレジットカードによる支払いと専用の納付書での振込に対応しております。各学校の取組の詳細や詳しい寄附方法については、京都府教育委員会のホームページをご覧ください。3つの制度ともに、受領証明書の提示で住民税と所得税の寄附金控除の適用を受けることができます。


「地元京都へのふるさと納税!!」
「地元京都へのふるさと納税!!」

出演者

京都府広報課 山元もえさん
スポーツ施設整備課 須藤光俊さん
総務企画課 田中千晶さん


全国高校生伝統文化フェスティバルは、全国から高校生が集まって、その演技を披露するお祭り。今年はテーマを「大切にしたい日本のこころ」と掲げ、7回目の開催となります。参加する高校生たちは太鼓や踊り、箏曲などの分野で、全国トップレベル!。フェスティバルには、府内の高校生も参加して、歓迎プログラム等の公演、司会進行、「おもてなし隊」として会場案内等運営面でも活躍します。
全国高校生伝統文化フェスティバルは12月16日(日)13時から16時30分まで
京都コンサートホールで開催。無料、事前の申し込みが必要。

11月16日まで観覧者を募集中。
はがき・電話・FAX・Eメールのいずれかでお申込みください。
お問い合わせは、「全国高校生伝統文化フェスティバル」運営事務局
電話06-6562-5100までお願いします。
イベントの詳細、申し込み方法については、「高校伝フェス」で検索。

「12月開催の全国高校生伝統文化フェスティバルについて」
「12月開催の全国高校生伝統文化フェスティバルについて」

出演者

京都府広報課 山元もえさん
文化芸術課 渡邊一蔵さん

このページの上部へ

番組概要

各界で活躍しているリポーター「ふらりーさん」が、京都府各地を訪れ、それぞれの得意分野を生かしながら、府民の目線から、京都府内のイベントや施設・施策などを紹介していくコーナーです。

KBS京都テレビ『おやかまっさん』番組内「みんなの京都ふらりー」のコーナーは、第1~4木曜日の放送となります。『おやかまっさん』の放送日は、毎週月曜~金曜日 11:00~11:55です。

リンク

京都ライブ!

KBS京都テレビ「京都京都ライブ」は、毎月第4月曜日 19:30~20:00の放送です。

京職人手帖

「みんなの京都ふらりー ~京職人手帖~」は、KBS京都テレビ「おやかまっさん」内で第2・4木曜日のオンエアです。 (「おやかまっさん」放送日時:毎週月曜~金曜 11:00~11:55)