堂本印象さんは明治24年、京都市上京区生まれの京都を中心に活躍した日本画家。
大正から昭和にかけて、寺社仏閣の障壁画を手掛けるなどの日本画の世界で活躍、昭和30年以降、抽象画を描き始めて、彫刻、陶芸、ガラス、金工、染織などいろいろな分野で才能を発揮しました。そして、昭和41年に印象作品の集大成として、堂本印象美術館を自らのデザインで作りました。創設から50年が経って劣化が進んできたので、修理をしまして、今年3月にリニューアルオープンしました。
10月からリニューアルを記念した展覧会第二弾「徳岡神泉 -深遠なる精神世界―」が開催。堂本印象美術館の作品展などについて詳しくは、ホームページをご覧ください。
ぜひ芸術の秋を堂本印象美術館でお過ごしください。

「堂本印象美術館のリニューアル記念特別展について」
「堂本印象美術館のリニューアル記念特別展について」

出演者

京都府広報課 山元もえさん
堂本印象美術館 学芸員 山田由希代さん