8月は北方領土返還運動全国強調月間ということで、8月に京都府で行った取り組みを紹介しました。
京都府には、「北方領土返還要求京都府会議」という、府議会、府、府内の全市町村、民間団体など全部で46団体から構成している組織があります。北方四島の返還という国民的課題の解決に向けて、さまざまな事業に取り組んでいます。
事業の中には、府内の学校の先生や中学生が北方領土のすぐ近くまで行って、正しい知識を深めてもらうことなどに取り組んでいます。
今年は8月3日~6日まで、府内4校の中学生と引率の先生方など総勢20名が参加。北方領土隣接地域と呼ばれる根室市、中標津町、標津町、羅臼町、別海町に行きました。
スタジオではその事業に参加したお2人に詳しくお話を聞きました。

「北方領土返還要求に関する京都府の取り組み」
「北方領土返還要求に関する京都府の取り組み」

出演者

京都府広報課 山元もえさん
洛北高等学校附属中学校教諭 平田優さん、
洛北高等学校附属中学校3年生 塚田真菜望さん