「生せんべい」総本家田中屋

今週のうまいもん!
番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」をご紹介。

今日は、せんべいです。
と言っても硬い煎餅ではなく、愛知県知多半島の特産銘菓「生せんべい」

生せんべいの起源は、桶狭間の戦いで
徳川家康が母親のいる知多半島に逃げる途中
農家の軒先で干されていたせんべいを
そのまま献上させたことだと言われています。

家康はたいそう気に入って、滞在中ずっと生のまま献上させたそうで
それ以来、生せんべいが製造されるようになりました。

今日は、昭和5年創業の「総本家田中屋」さんから取り寄せました。

お餅のようにもちもちとした歯触りで、
黒砂糖と蜂蜜のほのかな甘みが口に広がる、風味豊かな半生菓子。

原材料は、吟味された準内地米、黒糖、上白糖、蜂蜜。

自社で洗米、製粉したものを水で練って、蒸して団子状にし、
砂糖と蜂蜜を加えてさらに練ります。
それを薄く延ばして、切って乾燥させたものです。

主原料のみの「白」、黒糖を加えた「黒」があります。

白黒の2枚ずつ、170gのミニ税込270円から。
そして金曜、土曜、祝祭日の限定販売の「抹茶」があります。

甘さを白色の約半分にして
愛知県西尾産の抹茶100%をブレンドしています。

白黒抹茶の3種類セットは、9個入り税込み800円から。

お店のホームページからお取り寄せできます。
「総本家田中屋」で検索を。

tabi_20211002-67d6dd287654632f7236c1822e01851c84d93d86.jpg

そしてプレゼントをいただきました!
「総本家田中屋」さんから
「生せんべい 白・黒12個入り」を5人にプレゼントです。

欲しい!という人は「生せんべい」が欲しい!とハッキリ書いて
おところ、お名前、電話番号とできれば年齢を書いてご応募ください。

抹茶が食べたいという人はお店からお取り寄せしてください!

メールは、hagawa@kbs.kyoto
FAXは、075-431-2300
ハガキは、〒602-8588 KBS京都ラジオ「羽川英樹の土曜は旅気分」まで

来週の番組内で当選発表しますので、間に合うように送ってください!