ラジオカーリポート

こんにちは!ちあっきーこと竹内千景です。
肌が焼けるような暑さですね(-_-;)
そんなまだまだ夏の暑さが続く京都ですが涼を求めて
ラジオカーはまず鴨川デルタに行きました。

tabi_20210828-9b9f25cd53716d6af8f514c7bd69df9ec5e7f266.jpg

tabi_20210828-1681461f4ca3dd24a87ebdb50b006ab2bd460caf.jpg

やはりこの暑さなので人の数も少なかったです。日陰にいても暑い!!
37度という気温なので、皆さんお家の中でも熱中症対策を徹底してお過ごし下さい。

おうち時間が多くなっている今、おうちを色鮮やかに彩ろうということで、
プリザーブドフラワーの専門店、「pundamilia」さんにお邪魔しました!

tabi_20210828-296d7cc65bb71d8665a3ba11116714b9c110b3df.jpg

店内はカラフルな壁に所狭しと色鮮やかな花達が。

tabi_20210828-2860b32bb71c5e8ec514b07c74e4c29d42b1ffdb.jpg

tabi_20210828-59acc528df29add69e865849fb6520661961896a.jpg

tabi_20210828-54e15d5c0ae51a3c07230f3255168bf4d5f23191.jpg

プリザーブドフラワー???ʕʘ‿ʘʔという方も多いと思いますが、
一言で言うと生花から色素を抜き取り長期保存できるよう特殊加工を施したお花のことです。
プリザーブドフラワーの魅力は、
生花よりもより鮮やかな状態で長期間保存できるところです。
ずっと綺麗な状態を楽しめるっていいですよね〜

たくさんのお花があったんですが、
その中でも私が気になったのは、cube glassという一輪のお花をクリアなガラスに入れた商品です。
なんとお客さんの中には、プロポーズ時にプレゼントしたり、
男性が女性に毎年記念日に一つずつプレゼントするという方もいるんだとか!
すごくロマンチックですよね(*≧∀≦*)/

tabi_20210828-37157de1f4834f006b550900193de541fbae997d.jpg

もちろん、思い出のお花やお気に入りのお花などを持ち込んでプリザーブドフラワーにすることもできます。

いろいろな思いがこもったお花を少しでも長く綺麗なまま残して楽しめるプリザーブドフラワー。
人気な理由も納得です。

本日は、「pundamilia」のスタッフ、かもださん・森さんにお話を伺いました。
お店の名前の「pundamilia」は、スワヒリ語でしまうまという意味があり、
オーナーさんの名前が木下しまこさんということもあり、
しまこ→しまうまから来ているそうです。

tabi_20210828-cfa54217828c09a8b33b6d329cb9059e1e3789dd.jpg

お二人とも落ち着いた柔らかい雰囲気で、
1人では入るのが少し恥ずかしいという方も安心して相談できそうですね(*´ω`*)

そんな思い出の花を綺麗なまま残すことができる
プリザーブドフラワー専門店「pundamila」さんは、
三条富小路交差点の北西にある、 sacra ビルの2階にあります。

電車の場合は、地下鉄「烏丸御池駅」から、南東に歩いて 5 分くらい、
阪急の「烏丸駅」や「京都河原町駅」、京阪「三条駅」からでも10 分足らずです。

営業時間は、朝 11時から夜 8 時までです。
電話でのお問い合わせは、075-256-1233まで。 大丸京都店にも姉妹店があります!

本日はありがとうございました。