真帆のこれこれ!

少し前に行ってきた「木下大サーカス」の感動をお伝えします( *´꒳`* )

いま木下大サーカスが3年ぶりに大阪に
きているということで、行ってきました(˶°口°˶)

tabi_20210814-2a8771347fe1267faffb9faeed795fc7a94d04e5.jpeg

感染対策として、検温・消毒はもちろん
大型の換気扇の設置、
1部と2部の公演の間には空気の入れ替えを行い、
定員も50%に制限しての公演。

スタッフは全員コロナワクチン接種済ということでした!

いやー私、人生で初めてサーカスに行ったのですが
あの直径50mという真っ赤な巨大テントに入れたことが
そもそも感動でした。

真ん中に円形状のステージがあり、
その周りを囲むように客席があるんですが、
ステージの左右、上部にいくつも柱があるんですよ。

tabi_20210814-ca7da2fb27f98476834f6e14beb526423e46b551.jpeg

照明が付いていたり、空中ブランコ用の待機場所があったり
上から吊り下げるロープなんかがあったり。

スタッフや演者はこの柱を使って、
いとも簡単に上に登ってました!!!

開演してからはもう瞬きが一切出来ないほどのパフォーマンス続き(˶°口°˶)

妖精のような衣装を身にまとった女性たちが
ロープを使って舞ったり、
アクロバットも凄かった......

ジャグリングでは何個持ってるの!?
っていうくらい多くの輪っかを操っていましたし、
スーパーイリュージョンショーもあったりと。。

本当に同じ人間かな?って思っちゃいましたよ(笑)

後半は目玉の動物たちのショー.゚٩(๑⃙⃘˙ᵕ˙๑⃙⃘)۶:.。

シマウマや像などいる中でも私が楽しみにしていのが、
ホワイトライオン☺️!!!!!

看板ですよね✨

私、調教師と共に1頭のライオンが来るのかと思ってたんですが、
来るわ来るわライオンたち。

合計4頭ものライオンがパフォーマンスに挑むということで!!!!!


猛獣達に囲まれた調教師が少し心配になりました(笑)

それで私気づいたんですよね。

4頭のライオン、パッと見は同じようなんですが
年齢差が結構ありました!!!

というのも恐らく1番若いライオン(私は勝手にエースと呼んでました笑)は、
ものすご~く軽やかにパフォーマンスするのに対し、
恐らくお年を召したライオンさんはもはや、ゆうこと聞きません(笑)

エースライオンがぴょんぴょん障害物ジャンプなんかをしてる横で、
あくびをする始末(笑)


調教師さんに甘えたりする姿は、まるで大きな猫を見ているようでした。

あんな巨大な、しかも猛獣の王を手懐ける調教師さんと
一生懸命パフォーマンスに取り組むライオンたちに感激でした!!!

そしてラストの空中ブランコも、
まるでオリンピック体操選手を観ているかのような華麗な演技で
全部通して2時間10分間あったんですが
あっという間でした!!

改めてサーカス団パフォーマーの
人間離れした技に感激しましたし、
言葉を一切使わずに人を感動させられることの凄さを
この目で体感することが出来ました✨

もし木下大サーカスが近くに来た際は、
また観にいきたいと思いましたし、
ぜひ観に行っていただきたい!と心から思ったのでした( ˊᵕˋ )

tabi_20210814-27110845a95670d5fea2bc969967f918fa5371ae.jpeg