心はんなり旅気分

21.2.27 浜大津~膳所 古きを訪ね新しきを知る

浜大津から膳所まで、古い町並みを歩きながらいろんなお店を訪ねてみました。
まずは浜大津を代表する「菱屋町商店街」から新しいお店を2軒ご紹介。

 <茶菓・山川>
叶匠壽庵で長年務めたご主人が3年半前に独立してオープン。
素材の小豆にこだわりぬき、ふるさと高島に自らの小豆畑をもっていて、そこで育てています。
週の前半は そこで畑作業をするため、営業は木~土と、隔週日曜だけ。
「餅あずき」は、極上の羽二重餅+塩ゆでの自家製あずき+くるみ(250円)
「生ドラ」 抹茶とあずきの2層クリームに 蕨もちを入れアクセントを。

tabi_20210227-6a8805aa313de09cb807b9efe68bad55a0cb2b88.jpg

tabi_20210227-eeb817b72c67f2be8d3f4068db5d2fc26e5b2d2a.jpg

tabi_20210227-22fa2bfdfc79cee36d4bc1bb1a0908f2a8cdfeb3.jpg

<包丁・三省堂> 1年半前にOP
堺・三木・関・燕三条・越前製の包丁は、プロ用から家庭用まで多彩に揃っています。
すてきな中庭を眺めながらの「包丁とぎ教室」も開催。
店長はハンドボールの元社会人トップリーグの選手で、とても爽やか。

tabi_20210227-9ae4c90a7fddf05279e63e8b225d279dd78a18d3.jpg

tabi_20210227-d4327ceb79b6354653467a2902774212936f39d3.jpg

<鮒ずし・元祖阪本屋>
創業から150年余り。登録有形文化財の建物も築約100年に。
鮒ずし・・・一子相伝の漬け方で 独特の風味でくさくない!(3千円~1万円)
あゆ甘露煮、鰻茶漬け、えびまめなどもぜひお試しください。

tabi_20210227-2792877965d36087e6f2e7cf2b658fdbc2725174.jpg

tabi_20210227-65537000bf82f547c137f5d211e42f9c47f73893.jpg

 <都湯(膳所)>
3年前に老舗銭湯が 経営を受け継いでリニューアルオープン。
昭和の香りいっぱいのシャワランの暖簾をくぐり、
体重計・カラン・固定シャワー・ケロリン・電気風呂、水風呂も完備。
フロント前にある冷蔵庫・アイスコーナーの中身の種類の多さにびっくり。

tabi_20210227-84d11ca7a3da61e9c6bffc0c315dd60ecd97df95.jpg

tabi_20210227-6185f0c872f43a11f2241f35addea0bb23208827.jpg

tabi_20210227-6dee19a4815c0b89284dad251f880cc9de9c72d3.jpg