心はんなり旅気分

21.2.13 春を待つ草津ぶらぶら

いまや滋賀で一番活気のある草津市。
京都から新快速で20分と言う街の見所をご紹介します。

<宿本陣> 
草津は かつては東海道・中山道接する宿場町として栄えたところ。
JR草津駅東口から歩いて10分ほどにある「草津宿本陣」は、
かつて大名や公家が宿泊する場所でした。
現存する建物では最大級といわれ、しっかりと当時の姿を残しています。

tabi_20210213-f221ec849c79b616a3700e005df4e2b8f53c13ca.jpg

<草津川跡地公園> 
宿本陣の横にあるのが 旧草津川跡地公園。
草津川はかつて民家の屋根より高い所を流れる日本有数の天井川でした。
いまは放水路ができて その跡地が東西7kmの公園になり、
レストラン・カフェ・芝生もあり、春の桜並木は最高です!


tabi_20210213-43ed780ed14476092f54432643b8c21d0b2b6471.jpg

<市立水生植物公園みずの森>
烏丸半島の琵琶湖博物館から歩いて7~8分のところにあります。
入り口では色鮮やかなアイスチューリップが出迎えてくれます。
また温室のロータス館では、
水槽で咲くスイレンの水中に写る「逆さスイレン」を撮ってみるのも面白いかも。

tabi_20210213-8ef3d3431c85ffe32a3966889cb352f0fe95c762.jpg

tabi_20210213-6af53185eafcc9770849fa740c24626d9a24f694.jpg

tabi_20210213-0825e38214433cc3e6ea44d694f7a1ea6cb71205.jpg

tabi_20210213-c3857602779440919366fb8ae371df0255a188b4.jpg

<ニコラオ> 
最後は道の駅「草津あおばな館」へ。
この売り場の奥に「ニコラオ」という おしゃれなカフェがあり、
ここのサンドイッチがインスタ映えすると大評判。
草津名産の愛彩菜を始め新鮮野菜が彩り豊かにたっぷり。
レタスは半玉くらいが入ってます。
春はデッキ席で風に吹かれながら のんびり召し上がって下さい。

tabi_20210213-4550871af8137f51e4a58de06aedfceb0dde8a96.jpg

tabi_20210213-bac4d073e0d9b20b18101cea3f00fa73793e31bc.jpg

tabi_20210213-1ec0f5f978fdfc52050f94d4f568233fa33900ae.jpg

tabi_20210213-7219cb40ae7038febf05215892a25fdc1a9e89c3.jpg