「鯛そうめん」瀬戸内料理 雑草庵

今週のうまいもん!
番組が独断と偏見で選んだ「うまいもん」をご紹介。

今日はおそうめん。

広島市中区で、地元の食材とお酒を提供しているお店
「瀬戸内料理 雑草庵」の『鯛そうめん』!

瀬戸内海付近では、鯛は「めでタイ」、
そうめんが細くて長いところから「縁が長く続く」という縁起物として
お祝いの席で振舞われる郷土料理です。

瀬戸内海は、山から栄養が豊富に流れ込むことや
プランクトンが多く、鯛の餌となる小エビも豊富。

また、潮の流れが速いので、そこで育った鯛は身が引き締まり
旨みが凝縮されています。

瀬戸内海の鯛のみを使って、丁寧にじっくり出汁を取っているので
ぎゅっと旨みが凝縮されて、プルプルの天然コラーゲンがたっぷり。

セットで瀬戸内の天然鯛の身が付いています。

切り身は、鯛の風味を生かしたままで美味しく食べられるように、
味付けして焼いて、皮の部分は香ばしくなるように炙っています。

tabi_20200905-d642564bc5a5a0a6a52a203197e2fe27351c96d8.jpg

「日本ギフト大賞2020」では広島県賞を受賞しています。

tabi_20200905-9351498949bdf159d140a42ee73d39a15b4e983a.jpg

「瀬戸内料理 雑草庵」の『鯛そうめん』は、
そうめん50g×6束、天然鯛切り身約4切れ、鯛濃縮だし100g×2
4人前で税込み3,480円。

47Clubの「雑草庵」ページからお取り寄せできます。