土曜にようおこし

いろいろなゲストにお話を伺う「土曜にようおこし」。
今日は、鉄っちゃん演歌歌手・徳永ゆうきさんが来てくださいました!

tabi_20200822-4fb7283cbfe8e7fc565a2bb841561c35dd3b40f2.jpg

1995年2月2日生まれ。大阪市此花区出身。
趣味は鉄道の撮影、特技は車掌のものまねと高速指パッチン。
柔道の黒帯資格をお持ちです。

2012年、NHK「のど自慢2012年 チャンピオン大会」で
グランドチャンピオンを受賞。

2013年11月、BEGIN・比嘉栄昇さんが手掛ける「さよならは涙に」で全国デビュー。

2014年9月、THE BOOM・宮沢和史さん作詞・作曲の2ndシングル「平成ドトンパ音頭」で
第56回日本レコード大賞新人賞受賞。

日本を勇気づける、演歌歌謡界期待の星です!

奄美大島出身の祖父と両親の影響で、幼少のころから演歌歌謡曲一直線で育ち、
初めて覚えた曲は「北国の春」だそう。

米津玄師さんの「Lemon」などの歌唱も話題になりましたが、
ポップスは2曲分覚えるくらいの労力なんだだそうです。
そして、どうしてもこぶしが抜けない!とおっしゃっていました。

 
そして徳永さんと羽川さんの共通点といえば、鉄っちゃん!
幼い頃、地元の大阪・淀川河川敷の鉄橋を走る電車を見ながら手を振っていると
車掌さんが手を振り返してくれ、そこから車掌さんに憧れたそうです。

現在、CSスカパーの鉄道チャンネル「徳永ゆうきのぐるっと歌テツ旅」に出演中。
この番組のナレーションをなんと羽川さんが担当しています!

 
7月8日にニューシングル『車輪の夢』を発売されました。
演歌ではあまり使わないファルセットに初めて挑戦されて、
徳永さんにとってチャレンジの1曲に。

 
そして俳優業も。
映画「家族はつらいよ」では少しの登場にもかかわらず強烈なインパクトを残し、
地方に行った時に「あ!見たよ!」と声をかけられるんだそうです。

今年12月から、東京・大阪・福岡で上演する舞台『両国花錦闘士』に出演されます。
大阪は、来年1月5日~13日まで新歌舞伎座で上演。
詳しくは新歌舞伎座の公式ホームページをご覧ください。