心はんなり旅気分

20.3.28 こんな時は自宅で読書三昧

「ライオンのおやつ」(小川糸 ポプラ社 1500円別)

*2020年本屋大賞の10作品にノミネート。4/7に大賞発表。

*若い女性が末期のガンになり、最期を瀬戸内海の小島にあるホスピスで過ごす話。
死を扱っているのに、読んだ後が実に爽やかで幸せな気分になり、
死ぬことが怖くなくなるという不思議な小説。

*このホスピスでは、毎週日曜昼3時に「おやつの時間」が設けられています。
入居者がもう一度食べたいおやつを、想い出とともにリクエスト用紙に書くと
その味を再現してもらえるんです。

*この作品のサブタイトルは「人生最後に食べたい おやつは何ですか?」

*僕もこんなところで 最期を過ごしたいと思わせる秀作。

tabi_20200328-025c3dba0dcc072a5471be643cfac3125c370c30.png


「人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本」 (稲田俊輔 扶桑社新書 880円別)

*有名飲食チェーン店の特徴・絶品メニュー・成長の秘密を明かしてくれます。

*一番 力を注いで書いているのが「サイゼリヤ」
 サイゼリヤの底力の秘密は?

*そのほか ほぼ全飲食チェーン店を網羅。
これで、安いだけが取り柄、デートで行きたくないというイメージを払拭。
実は薄々高評価していたが、その理由が判った・・・という一冊。

tabi_20200328-ee8435ad795a8d37df9dc60345e746f63dfc6a02.jpg