真帆のこれこれ!

この一年間、
この日のために生きてきたと言っても過言ではないです!


先週の日曜日に開催されました京都マラソン。

tabi_20200222-09e8ab1d5db8b97c4b0f995af2dc383776050d40.jpeg


お陰様で...完走できました!!!

tabi_20200222-02769cbff8d733eab44cefc79bae4eac202852a8.jpeg


そして、気になるタイムは...


3時間56分24秒ということで!


tabi_20200222-b564a869a6cd36c8c3246eb77e3bd3c6955dd32a.jpeg


いわゆるサブ4、
4時間切りを達成することができたのです...涙。


正直、この結果に至るまでには42.195kmの中で
色々と紆余曲折があったんですけれども!

兎にも角にも京都マラソン2020、
今回で第9回目を迎えたんですが、

今年はこの時期らしからぬお天気模様で...

天気は雨(笑)

tabi_20200222-62d5f7bcfbeb0f3d4b71d8539a3fe3bbe4340b1e.jpeg

そして気温、
最低気温10度、
最高気温15度前後...

となんとも言えないお天気でした。


が、約1万6千人が都大路を駆け抜けたんですね。


さあそんな状況の中、
ワタクシは人生初のフルマラソンに挑戦してきたわけですが...
今回のマラソンにお題を付けるならば、ズバリ「限界突破」でした。


tabi_20200222-02b3f5d914e845431d848c8e38885859cafb91aa.jpeg

スタートは予定通り、9時に切られたわけですが......


tabi_20200222-83019fb9a849219c1246164b5e225bc163cfda74.jpeg

まず気持ち的に構えていたのが9km地点広沢池以降、
きぬかけの路も含めた15km地点まで続く登り坂。


ここは正直、ペースを落とす勇気を持ちました。

それまで5:30/kmペースで走っていたところ6:10/kmまで落としました。

そのおかげか、正直思っていたほどの体力消耗はありませんでした。


そこからしばらくは平坦のコースだったので
結構いいペースで進めていけたのですが...


今回感じたことは、沿道での応援が非常に多いということ、
そしてその言葉に何度も救われたということですね。


北山通は思っていた通り、コースとしては面白くなかったんですが、
沿道の応援は1番多かったように感じます。


大きな声でがんばれ!と声援をくれる方もいれば、
楽器などを使ってミュージックを届けてくれる方も居たりと
非常に心ほっこりする時が多かったです。

tabi_20200222-cb2cc46238a1d0eca3be651f23c35a1c294e3e9c.jpeg


特に、植物園内では旅気分リスナーさんが多くいらっしゃったのか、
まほびんがんばれ!!!!!と言ってもらえることが多く、
25km地点を超えてはいたんですが、
しんどさやつらさは微塵たりとも感じられませんでした。

タイムも2時間20分と好ペース、
このままいけば4時間切れるかも!?なんて
あまっちょろい考えも持っていました(笑)

さあさあ、そこからですよねー京都マラソンの恐ろしさ。
晴れてりゃいいんですよ、晴れていたらね。


今回地獄だったのが、鴨川の河川敷。

アスファルトで覆われているところもあれば、土のところもあるわけですよ。


みごとに雨でぐっちゃんぐちゃんになっていまして、
水たまりはあるわ、滑りそうになるわで、何度も足取られました。

ここで、思ってたより大幅に時間をロスしましたね...

しかも何が腹立つって、私の大事な大事なアシックスのカヤノちゃん。

真っ白なのがかっこいいのに!!


泥がついてしまいゲキナエ...でした...涙


さぁ、河川敷を克服した時点で33km弱、
タイムは3時間3分ほどでした。

そこからはロスした時間を取り戻すかのように飛ばします。

5:20/kmほどまでペースを上げ、
御所前丸太町通も飛ばして、京都市役所前も必死!!!!


そして、ちょうど35kmを越えたあたりからでした。
タイムにして3時間15分ほど


脚が痛い。というか、動かない。

それまでなんともなかった脚がついに悲鳴をあげてきたのです。

ただただ、脚が痛い...

動かない...

意識も朦朧とする中、とにかく歩くことだけは避けようと
脚を動かし続けました。

その時の1km当たりのペースは
5:45から6:00台へとあっさり落ちていきました。。

そして最後の砦です。

京都大学前の今出川通り。


白川通りまでの登り坂に挑みます。

tabi_20200222-d2b8f0c5db676e5237ab2957713f8f293e1ee435.jpeg

↑予習のチャリ走でも、やだなあってゆってた所です(笑)


38km地点でタイムは3時間35分。

もう正直、このあたりは4時間切り諦めていました。

この脚の動かなさ、疲弊、こんなの無理だと。


しかも、目標にしていた4時間半には間に合いそうだから、
もうマイペースでいこうと思いつつ折り返しで下り坂に入ります。

そこで、あれ?いけるかも...と感じた瞬間、時計を見ました。

距離にしてあと3km弱、タイムは3時間45分。


残り15分で3km弱を走り切らなければならない...!


1kmあたり5分を切る勢いでないと4時間を切ることができない!!


でももう脚もその他の部位も限界、
意識も朦朧としてもうギリギリの状況...


限界を超えるには、もう自己暗示しかない!!!

もし、初マラソンで4時間を切れたら、
タレントとして仕事が増える。


そして女優としても成功する!!!!


仕事くださーーーーーーーーーい!!!!

っていいながら残り3km弱、猛スピードで走りきったのです!


最後にゴール地点で、3時間台の表示を見ながらフィニッシュした時は
本当に本当に涙があふれました。

tabi_20200222-85dd1d46cbe4c5fa85f2417bbcfbd9648b37a8a5.jpeg

一年間重ねてきた努力が結ばれた、
リスナーさんや応援に来てくれた方々への心からの感謝、
そしてなにより最後に自分に負けなかった!!!!


これほど達成感に満ち溢れる瞬間はなかったですし、
ずっと応援してくださったリスナーさん、羽川さん、kbs京都のスタッフの皆さん、応援に来てくださったみなさん、ボランティアの方、
いろんな人への感謝の思いが止まらない...そんな感覚でした!

本当にありがとうございました!

tabi_20200222-7138518b7446e3234a0b351033cfb3d03a9f06b0.jpeg


そして、名実ともにマラソンタレントとしての道が一歩切り開かれた西上真帆を
どうぞこれからもよろしくお願いします!笑