「きつねうどん」「つけ麺」山元麺蔵

番組が独断と選んだうまいもんを紹介します。

今日は、うどんです!

京都マラソンのゴール・平安神宮の東側、岡崎通り沿いにある「山元麺蔵」。

店主の山元さんは、元Vリーガーのバレーボール選手で、
チームが活動休止になったことから引退してうどん屋をはじめられました。

おじいさんの家を改装したという小さな町家のお店ですが、
いつも行列が出来て、整理券制にしているという超人気店なので、
意外と入ったことがない人もいるんじゃないでしょうか?

その「山元麺蔵」が、昨年から、2軒隣にお持ち帰り用の店舗を出して、
通販も始めているんです!

持ち帰れるメニューは、「かけうどん」630円、
「きつねうどん」760円、
「肉味噌うどん」850円、
そしてチャーシューとメンマ入りの「つけ麺」970円と、
「牛とゴボウのつけ麺」990円。

お出汁だけでも持って帰れます!

本場・香川のうどんの基礎を勉強したそうで、
シンプルながらも本格的な味です。


「きつねうどん」

tabi_20200215-54e9aa27a2455d9481145ed4d659ae38e483fe33.jpg

「つけ麺」

tabi_20200215-6aff43378f301aa92da69ca63df8a81092a4a0d5.jpg

太麺と細麺が選べます。

「山元麺蔵」の店舗と、お持ち帰り用店舗は、
岡崎公園の東側、岡崎通り沿いにあります。

ホームページから、それぞれ3食セットのお取り寄せもできます。