ラジオカーリポート

ラグビーワールドカップ、 
今日は日本 − アイルランド戦ですが、
ラジオをお聴きの皆さまの中にも楽しみにされてる方が多い様ですね!

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」...ではないですが、この機会にアイルランドに触れてみよう!...という事で、本日のラジオカーは京都にあるアイルランドゆかりの場所へ!


こちらは四条駅近くにある『ケルトの笛屋さん』というケルト音楽専門の楽器店。

tabi_20190928-d0e5fe2005711ba93bd89d827eb4ef97c1ae8c00.jpeg
(食べログより)


お話を伺ったのは、店長の 松尾さん♫

tabi_20190928-71e0e6c924a22e4c14e0d0a53fa7d5249b91df2e.jpeg

松尾さんがお持ちの笛がO.A.でもご披露頂いた「ティンホイッスル」♫


ケルト音楽の「ケルト」は、ケルト人のこと。
ケルト人とは、古代のヨーロッパで暮らしていた民族の事で、自然を崇拝する多神教を信仰するなど、自然と共に生活していた人々なんだそう。


ケルトの人々はヨーロッパの広範囲で生活していましたが、代表的なエリアに今日のアイルランドやスコットランド、スペインのガリシア地方などがあります。


自然を大切にしてきた民族という事でか、ケルト楽器の音色は、広大な山の息吹を感じるような美しい音で、耳を傾けていると本当に癒やされます♡


松尾さんがによるとケルト楽器の魅力は、

音の美しさはもちろんですが、楽器自体が、物によっては比較的安価なこと。

そして、一人でも充分楽しめる楽器という事で、

音楽を始めたいけど、初期費用が高い...とか、一緒に演奏する人がいない...とお悩みの方でも気軽に始められるお手軽さも魅力のひとつなんだそうです!


ケルト音楽とは一言に言っても、
広範囲で育まれた文化なだけに、地域によって楽器も少しずつ変わってくるんだそう。
今回は、アイルランドらしい楽器を主にご紹介頂きましが、店内には他にも色んな楽器があります。

tabi_20190928-b466e6521381df62e741a60f2b65ba4181076e52.jpegtabi_20190928-ddf11021ab922384d29d68946986f228e3749e4d.jpeg

見たことある楽器から、なかなか普段目にする気軽のない楽器まで...店内には沢山の楽器がありますよ!
ぜひご自身の目で、耳で、手で、ケルト音楽に触れてみて下さいね。 


因みに、こちらの建物の2階にはアイルランドスタイルのパブ「Irish Pub Field」があって、
ラグビーワールドカップ 日本戦の日はTV放映もしています。
もちろん今日の日本 − アイルランド戦も!


今日の午後は「ケルトの笛屋さん」でケルト音楽と共に、日本 − アイルランド戦に向けての勝機を高めてみては如何でしょうか?


===============================

【 ケルトの笛屋さん 】
 住所:
  京都市中京区元法然寺町683烏丸錦ビル 3F
 アクセス:
  京都市中京区 烏丸通から錦小路通を左に入った北側、烏丸錦ビルの 3 階。
 営業時間:
  金・土・日 午後 2 時〜 7 時
 電話番号:
  080-3826-7224

==============================